2017年11月18日 更新

「一生一緒にいてくれや♪」の三木道三が改名!さらにキャラ変更?

「一生一緒にいてくれや♪」でブレイクした三木道三。その後、活動休止をしていたが2014年に改名し歌手活動を再開。どうやらキャラも変更した模様。

9,249 view

「一生一緒にいてくれや♪」のLifetime Respectでブレイクした三木道三

Lifetime Respect(ライフタイム・リスペクト)

Lifetime Respect(ライフタイム・リスペクト)

三木道三の11枚目のシングル。2001年5月23日発売。
作詞・作曲:三木道三
レゲエミュージシャンとして長いキャリアを持っていた三木道三だがそれまで知名度は低く、本作で一気にその名を知らしめる事となった。
発売週のオリコンチャートでも自己最高位となる23位を記録。この時点でまだ人気に火が付き始めた頃だったが、その後1ヶ月で急激なジャンプアップを見せ、発売第3週で同チャート初のトップ10入り、発売5週目で自身初であり、レゲエ楽曲としても初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。累計売上は約90万枚
三木道三(みき どうざん)

三木道三(みき どうざん)

本名:三木 真一(みき しんいち)
1970年2月12日生まれ。奈良県生駒市出身。
京都産業大学外国語学部英米語学科卒業。

大学で外国語を習っていたのは、このとき既にレゲエを学びに海外へ出ることを強く決意していたのではないか。
道三は戦国武将『斎藤道三』から

道三は戦国武将『斎藤道三』から

『道三(どうざん)』の由来は、戦国大名の斉藤道三から取ったもの。
斎藤道三の物語を読んで以来リスペクトしている。
僧侶から油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった下克上大名である斎藤道三にあやかり、自分もレゲエで成り上がってやるという意思のあらわれではないか。
三木道三(みきどうざん)と力道山(りきどうざん)の響きが近いがそちらは関係ないらしい。

Lifetime Respect発売までの『三木道三』の活動

1993年頃から、地元のクラブを中心にDJとしての活動を開始。ジャマイカに渡って修行を積み、1995年、JAPjam Internationalから7インチシングル「JAPAN一番」でレコードデビュー。

以後、リリースした数枚のシングルやACKEE & SALTFISHとのコラボレーション曲などが立て続けにヒットし、一躍日本のレゲエ界のトップDJとなる。

1996年には、自らの名前を英訳したThree Tree Streetという名のプライベートレーベルを設立。数枚のシングルをリリースし、いずれもヒットを記録。

1997年には、ミックステープ『MIKI-FM1997ヘルス』をリリース。日本のヒップホップのMCたちも大勢参加したこの作品は、ジャンルを越えたヒットとなり、レゲエのみならずクラブシーン全体から注目を浴びることとなる。 さらにMixin'1というプライベートレーベルを設立、「MIKI-FM」の新作となる『MIKI-FM 1998メガヘルス』をCDでリリース。前作を超える大ヒットとなる。

その後、1999年から休養期間に入り、その間に新レーベル・大和レコーディングスを設立。徳間ジャパンコミュニケーションズと提携し、2000年に「斬る!ジャパニーズ」で復活&メジャーデビューを果たす。

2001年には、5月にリリースした「Lifetime Respect」が空前の大ヒット。日本のレゲエ史上初のオリコン1位を獲得し、累計売上は約90万枚、出荷枚数はミリオンセラーを突破し、社会にレゲエシーンを知らしめることに成功する。

活動休止、そして病気・死亡説も流れる

Lifetime Respectのヒットをひっさげ、2002年にはレーベルをあげて、全国47都道府県ツアーを敢行。

しかし、ツアー終了後、無期限の休養期間に入り、歌手活動を休止。
一発屋として名を残すこととなった。

翌2003年にMOOMINの「栽培したい〜世界中で〜」の作詞をして以降まったく音沙汰がなかったが、dozanやInspyaなどの名義でジャパニーズレゲエアーチストの楽曲制作に携わり続けていた。

2008年8月27日にINFINITY16とのコラボレーション曲「侍ノ詩」をリリースした。

2012年、EVISBEATSのアルバム「ひとつになるとき」の、「ギャーテーギャーテー」及び「ちょうどYEAH!」の作詞を担当。

他アーティストへの歌詞提供やコラボ楽曲のリリースなどはあったが、三木道三としての音楽活動は行っていなかった。
活動を目にすることが無くなり、一部ではガンやエイズなどの病気で療養しているとか、死亡してしまったとの憶測が流れていた。

嘘情報まで流される・・・。

これ好き

三木道三スーパーベストアルバム(DVD付き)
01.Life Time Respect original mix
02.Life Time Respect 2008
03.Life Time Respect English ver.
04.Life Time Respect a cappella ver.
05.Life Time Respect Tokyo ver.
06.Life Time Respect Disco ver.
07.Life Time Respect T.K remix
08.Life Time Respect EURO MIX
09.Life Time Respect Korean ver.
10.Life Time Respect Spanish ver.
11.Life Time Respect HΛL'S MIX
12.Life Time Respect instrumental 初回限定ボーナスト ラック
13.Life Time Respect Orchestra Versio n
14.Life Time Respect Jazz Version

DVD
01.Life Time Respect
02.Life Time Respect 2001 Live version
03.Life Time Respect 2002 Live version
04.Life Time Respect 2003 Live version
05.Life Time Respect TV-CM
06.Making of「Life Time Respect」
なんだこのアルバム!と話題になるが、実際にこんなアルバムは出されていない。

2014年、約12年ぶりに歌手活動を再開

2014年、5月1日にRed Spiderのイベント「OSAKA UP」でシークレットゲストとして登場して会場を驚かした。
三木は自身のTwitterで「大阪Upにちょっと飛び入りさせてもらいました。ちゃんとステージで歌ったのは12年ぶり!」と報告している。
MUNEHIRO(鈴木紗理奈)も三木道三の歌手活動再開を歓迎

MUNEHIRO(鈴木紗理奈)も三木道三の歌手活動再開を歓迎

「MUNEHIRO」名義で音楽活動を行っている鈴木紗理奈はこのイベントにゲスト参加しており、「三木道三の復活という歴史的な瞬間をこの目で見れた事がとても嬉しかった!!」と感激。「わたしも、この何年も三木くんの復活を待ち望んでいた1人です これからの動きに期待しています!」と復帰を喜んだ。
ん?でもこのマフィアみたいな人は誰?
三木道三です!

三木道三です!

イメージをガラッと変えた三木道三。
名前も三木道三から「DOZAN11(ドーザンイレブン)」に変更。
本名の三木は削って道三は残すんだ・・・。
しかし、このキャラ変更はどうした?
一体、活動休止期間に何があったのでしょうか?

DOZAN11 - 『Nippon!!』 - YouTube

2014年7月11日に復帰第1弾「Nippon!!」、16日に第2弾「Jump Up Japan」を配信で連続リリース。
DOZAN11は「インディーズデビューもメジャーデビューも、復帰第1曲目も、“日本の応援歌”でのスタートとなりました。日本を元気にできるような音楽を提供していけたらうれしいです。この曲を聴いて歌って盛り上がってください」とコメント。

2014年、11月12日にDOZAN11名義でアルバム「Japan be Irie!!」をリリース。
鈴木雅之か!

鈴木雅之か!

DOZAN11 - かしこみかしこみ

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト