ミュージックステーション《歴代MC/サブMC》 歴代アナウンサー
2015年9月23日 更新

ミュージックステーション《歴代MC/サブMC》 歴代アナウンサー

30年目突入を記念した10時間生特番を実施するなど誰もが知っている「ミュージックステーション」ですが。司会者と言えば「タモリ」さんですが、実は初代MCは「関口宏」さんだったそうです。歴代のMCやサブMCを振り返ってみます。

151,151 view

初代MC (司会者)

関口宏

関口宏

初代の司会者はなんと「関口宏」さん
1986.10.24〜1987.3.27
関口宏10件と中原理恵の司会で始まった86年10月当時、テレビ界は歌番組全盛でした。中森明菜やチェッカーズ、おニャン子クラブのメンバーなどがヒットチャートを賑わせ、『ザ・ベストテン』(TBS系)、『夜のヒットスタジオデラックス』(フジテレビ系)などがゴールデン帯で放送されていた時代です。
始まった86年は歌番組だらけでしたね。

MCはタモリさんへ

タモリ

タモリ

そして、MCは1987.4.3からタモリさんに交代
1986年12月5日、『Mステ』はようやく10.5%と初の2ケタを獲得しますが、年内の2ケタはこの日だけ。開始当初から番組には暗雲が立ち込め、87年4月の改編で、司会を関口宏10 件からタモリに交代させます
当初は番組の視聴率は悪かったようですね。

歴代サブMC

中原理恵

中原理恵

1986.10.24〜1987.12.25
初代のサブMCとして活躍。
出典 laughy.jp
松井康真

松井康真

1988.1.8〜1990.3.23
男性アナウンサー「松井康真」は『ニュースステーション』スポーツキャスター就任後は半年間当番組と兼務したそうです。
出典 wikipedia
生島ヒロシ

生島ヒロシ

1990.4.13〜1993.9.24
生島ヒロシとタモリの2ショットは面白かったですね。
出典 ameblo.jp
タモリと共に当時の司会だった生島ヒロシが興奮したのか本番中に左の鼻の穴から血が流れる。その後は鼻の穴に綿を詰めて進行。翌週の槇原敬之とのトークではCDの売れ行き状況を「鼻血が出そうな勢いですね」と自虐的なコメントをする。
鼻血事件なんてあったんですね。生番組の面白いとこ
有賀さつき

有賀さつき

1993.10.15〜1996.3.22
「有賀さつき」サブMCでしたが、その前はスタジオサブとして活躍
下平さやか

下平さやか

1996.4.5〜2000.3.31
「下平は、入社2年目で『ミュージックステーション』のサブ司会に抜擢され、将来を期待されました。テレ朝の看板番組『トゥナイト2』などでも活躍し、バラエティ番組では機転をうまく利かせられるし、生放送での対応能力も見事で、まさにテレ朝のエースでした。しかし、1999年にSMAPの中居正広との熱愛が発覚。これにジャニーズ事務所側が激怒し、『Mステ』のサブ司会も2000年3月限りで降板。『Mステ』は特にジャニーズとの付き合いが深い番組ですから、当然の結末です。これに限らず、下平はジャニーズタレントの出る番組ではほとんど使われなくなりました」
残念な降板のしかたでしたね。
武内絵美

武内絵美

2000.4.14〜2004.3.12
番組での失敗談はありますか?
「ミュージックステーション」オープニングでチャックが開いていたことがありました(笑)こんな失敗は可愛い方です。
10年間も仕事をしていると、笑えない失敗ばかり増えますね。
そうなんですね。映像がみたいですね。
堂真理子

堂真理子

2004.4.9〜2008.9.12
テレビ朝日の堂真理子アナウンサー(26)が来春、結婚することが20日、分かった。相手はソニー・ミュージックレコーズの社員(30)。すでに、アナウンサー仲間や親しい同局関係者には報告を始めている。結婚後も仕事を続けるという。
Mステ婚
竹内由恵

竹内由恵

2008.10.3〜2013.9.27
入社1年目の2008年10月より司会に抜てきされ、歴代最長となる5年間、タモリの隣で番組を支えた。アナウンサーになって初めて担当したレギュラー番組に「最初の頃は毎回お腹が痛くなっていました」と、当時の緊張状態を告白。思い出すのは、出演アーティストから「背伸びしようとするから緊張するんだよ」と言われたこと。「この言葉が今も、いろいろな仕事をする時の気持ちの拠りどころになっています」と話した。
アナウンサーも大変なお仕事ですね。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【週刊 20世紀Walker】Vol.20  第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.20 第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
ゲストが伝説のタモリ必笑レコード盤を爆音で聴いてトークする「クイズ夜会ライブ」3/22に開催!

ゲストが伝説のタモリ必笑レコード盤を爆音で聴いてトークする「クイズ夜会ライブ」3/22に開催!

ラッパーのダースレイダー、音楽ジャーナリストの柴那典、音楽評論家のスージー鈴木、地下クイズ王の渡辺徹、イントロマエストロ藤田太郎が集まり、面白い音源をかけあって大音量で聴きまくるトークショーが3/22(木)新宿ロフトプラスワンで開催!
ピコ太郎のモデル?無頼派芸人「トニー谷」

ピコ太郎のモデル?無頼派芸人「トニー谷」

1950年代前半に活躍したコメディアン「トニー谷」をご存知でしょうか?トニングリッシュと呼ばれる独自の言語を駆使した舞台パフォーマンスで人気を博した彼は、同時に、その強すぎる個性ゆえに多くの人から疎まれる、嫌われ者でもありました。そんな、ピコ太郎のビジュアルモデルにもなったとされるトニー谷について調べてみました。
こじへい | 3,688 view
タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

料理がうまくて、愛妻家…。そんな良き家庭人的なイメージで語られることの多いタモリ。しかし、過去に一度だけ、不倫疑惑を報じられたことがあります。今回はそんなタモリ唯一のスキャンダル“ひとみちゃん事件”について調べてみました。
こじへい | 7,497 view
【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

1992年からコーナーが始まり、今年(2017年)で25周年を迎えた、テレビ朝日系列の番組「タモリ俱楽部」の「空耳アワー」。不定期で、爆笑作品をピックアップしてゲストを交え放送する「空耳アワード」というものがありますが、アワードに惜しくもノミネートされなかった作品もたくさんあります。その中で、1993年に放映されたものをいくつかピックアップして、楽しみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト