昭和の子供のあこがれ 70~80年代の多段変速自転車の魅力 昭和レトロな自転車です
2016年7月28日 更新

昭和の子供のあこがれ 70~80年代の多段変速自転車の魅力 昭和レトロな自転車です

1970~80年代、子供達の憧れだったスポーツ自転車。 他のどの自転車にも無いような特徴的なデザインが今でも思い出されます。

160,762 view

子供達の憧れ! スポーツサイクルの世界

子供達が憧れて乗る自転車は、ジュニアスポーツ自転車という商品として確立していました。
昭和40年代半ば~昭和50年代半ば、日本の1970年代に小・中学生時代を過ごした子供(主に男子)にとって避けて通れない存在でした。

ジュニアスポーツ車は特異な進化を遂げて行きます。特に、自転車としては過剰とも言える装備に進化の特徴を見る事が出来ました。
よくこの時代を『フラッシャー付き自転車』と一括りにしている方がいますが、時代ごとに装備が全く異なり、とても一括りには出来ません。

ジュニアスポーツサイクルの名車たち

ナショナル エレクトロボーイ(1970~1974頃)

ナショナル エレクトロボーイ(1970~1974頃)

http://www.nanamiya-aidma.jp/photos/blackmask/katarogu-22.jpg (651787)

エレクトロボーイのバージョン違い。
白がおしゃれです。
丸石サイクル ヤングホリデーPCスーパー6

丸石サイクル ヤングホリデーPCスーパー6

富士サイクル 富士エスパトロン

富士サイクル 富士エスパトロン

ブリヂストン アストロG

ブリヂストン アストロG

http://natsu.main.jp/wp-content/uploads/2014/07/%EF%BD%8D.jpg (651791)

時代の影響を受けたデザイン

フラッシャー付き自転車の時代

昭和40年代中頃、リアキャリアの下にテールランプとは別の
『電子フラッシャー』が装備され、大流行します。
各社ともフラッシャーはどんどん大型化し、ジュニアスポーツ車は
単1電池を何本も納めたBOXが特徴の『フラッシャー付き自転車』の
時代になりました。
連続するランプが流れるように点滅する(ウィンカー)が特に人気で、
仕掛けにはモーターによるスイッチング機構、ダイオードが使われていました(ヘッドライト自体はダイナモによる給電)。
http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/07/chbyc_02.jpg (651794)

シフトを変えるようにギアチェンジ、
当時はコレに憧れていたのでは?
昭和54年、最もスーパーカーらしいスペシャルな自転車が登場します。丸石サイクル『ヤングホリデー・PCスーパー5FFP』です。
まるで自動車のようにHパターン(フェラーリのシフトゲート型)に動かすMT車風シフトノブの変速レバーで、ディレーラーを電動リモート操作するのです?!
名付けて、丸石スーパーカーシフト! しかし、電池が無いと動かないのはフラッシャー以上に困りものだったはず。まさにスーパーカー。
http://stat.ameba.jp/user_images/20110920/00/kona-reku/70/4f/j/o0480064011494512978.jpg (651796)

スーパーカーブーム{S52(1977)年前後}の影響を受けて、ジュニアスポーツ車のヘッドライトはリトラクタブルヘッドランプ、俗に言う『スーパーカーライト』へと再び進化していきました。
スーパーカーライトとは、スーパーカーに採用されていたリトラクタブルヘッドライトの事で、『隠しライト』とも言われていました。車の世界では『リトラ』と略します。
このリトラ構造のヘッドランプを持つ自転車を『スーパーカーチャリ』とか『スーパーカーライト』、『スーパーカー自転車』等と呼んでいた地域もあったようです。
http://www.nanamiya-aidma.jp/photos/new%20z/new%20z-00.jpg (651798)

スピードメーター、ウインカー、フラッシャー、
フレーム中央に取り付けられていたシフトノブ。

スーパーカーブームを意識したデザインですね。
メカニカルなデザインは当時の子供達の憧れ。

いつの間にかスーパーカーブームも終わり、
スポーツ自転車のブームも終焉に向かいました。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 3,055 view
相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

70~80年代に人気を集めたキャラクター人形『モンチッチ』。サンキューマートとのコラボ商品を発売した。合皮台形ポーチや缶バッジ等、レトロな雰囲気が可愛く演出された商品となっている。
女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 253 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,050 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト