不気味でおかしな中国の妖怪?キョンシーを覚えてますか?
2017年1月31日 更新

不気味でおかしな中国の妖怪?キョンシーを覚えてますか?

80年代に大ブームを巻き起こしたキョンシー、懐かしいですね。両手を前に伸ばしてぴょんぴょん飛びながら動く姿が、ものすごいインパクトでした。

20,247 view
80年代に大ブームになった、キョンシーを覚えていますか。大人も子どもも、1度はキョンシージャンプやったはず。

霊幻道士

『霊幻道士』(れいげんどうし、原題:殭屍先生、英題:Mr.Vampire)は、1985年公開の香港映画。19世期中期-20世紀初頭中国を舞台としたチャイニーズアクションホラーコメディ。日本での公開は1986年4月26日で観客動員数20万人。
サモ・ハン・キンポーが監督、主演を兼任して手がけ、1980年に公開された香港映画『妖術秘伝・鬼打鬼』を元にして生まれたアクションホラー映画。
中国古来の伝承に登場する妖怪「キョンシー」を物語の主軸に据え、特殊効果とカンフーアクションを織り交ぜたコミカルなホラー映画として「キョンシーホラー」と呼ばれるジャンルを作り上げ、後に続くキョンシーシリーズの基礎を確立した。
映画・霊幻道士

映画・霊幻道士

キョンシーの名前を世界中に広めたのは、この映画「霊幻道士」。香港映画らしいコミカルな演出に、スピーディーなアクション、名状しがたいキョンシーの存在。とても面白い映画でした。

キョンシーへの対処法

息を止める

息を止める

キョンシーは目が見えず、呼吸で移動ということで、キョンシーにみつからないようにするには息を止めるとよいとか。こんなシーンがあると、ついついいっしょになって息を止めて見ちゃいましたね。

そもそもキョンシーとは

http://wind-mill.co.jp/iwashiblog/wp-content/uploads/2015/01/709595_0.jpg (720065)

"キョンシー(繁体字:殭屍、ピン音:jiāng shī、粤ピン音:goeng1si1)とは、中国の死体妖怪の一種。硬直した死体であるのに、長い年月を経ても腐乱することもなく、動き回るもののことをいう。広東語でキョンシー、北京語音でチャンシー。日本語の音読みで「きょうし」。"

引用:wikipedia
元々中国の伝説上の存在だったようです。霊幻道士の冒頭シーンで、道士の家で保管?しているキョンシーのお世話をするシーンがありましたが、硬直しているのに腐敗せずに動き回る死体がキョンシーだったのですね。

中国湖南省西部よりの出稼ぎ人の遺体を道士が故郷へ搬送する手段として、呪術で歩かせたのが始まりという伝承があり、この方法を「趕屍(かんし)」と称する。清の徐珂『清稗類鈔』方伎類の「送尸術」では、貴州省の材木商人が林業従事者の死体を運ぶ際、先導する者と、加持符咒した水を満たした椀を持った者に付き従わせて家まで送るという。
霊幻道士ではまた、道士がお札を貼ったキョンシーを鈴を鳴らせて並べて歩かせているシーンもありました。
香港、台湾、日本などで大ヒットを記録し、その後『幽幻道士(キョンシーズ)』などの無数の亜流作品が各国で製作されることになる。
キョンシー人気を受けて生まれたのが、「幽幻道士」。こちらも人気になり、シリーズ化しました。
タイプの違うキョンシー映画があるなというぐらいで、正直、当事はタイトルの違いとか全然よく分かっていなくて、全てを「キョンシー」でひとくくりにしてました。

幽幻道士

あの、テンテンちゃんが出ていたのは、台湾映画の、幽幻道士の方。黒くて怖くて汚いキョンシーと白塗りに赤いほっぺのキレイなキョンシーの印象の違いもありましたが、幽幻道士シリーズは、子どもや赤ちゃんが出てくる、ファミリーで楽しめる映画になっていました。
http://img.discas.net/img/jacket/core/201106/24/4529264115818_1MX.jpg (720073)

香港映画『霊幻道士』を元にして生まれた亜流キョンシー作品の一つで、19世期中期-20世紀初頭の清王朝後期中国を舞台としたアクションホラーコメディー。ヒロインであるテンテンの可愛らしさ、テーマソングが日本の童謡『鳩』と同じメロディーである親しみやすさ、続編形式である点などの独自の魅力を打ち出し、日本では1987年1月12日、TBS「月曜ロードショー」でテレビ放映(『幽幻道士 キョンシーズ』)され高視聴率を記録、大ヒットした。

引用:wikipedia
テンテンちゃん

テンテンちゃん

このシリーズのヒロインと言えば、はとぽっぽのテーマソングと共に登場するテンテンちゃんです!可愛かったですねー。
テンテンちゃんと「特殊霊魂」

テンテンちゃんと「特殊霊魂」

バカ殿風のメイクの「特殊霊魂」。親方キョンシーを倒すための最終兵器でした。
ベビーキョンシー

ベビーキョンシー

とーちゃんが大好きなベビーキョンシーです。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,591 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
霊幻道士リスペクトの映画『ヴァンパイア・クリーンアップ・デパートメント』の予告編が公開!

霊幻道士リスペクトの映画『ヴァンパイア・クリーンアップ・デパートメント』の予告編が公開!

80年代後半、人気のシリーズだった香港産ホラーコメディ「霊幻道士」。そのキョンシーが登場する映画の最新作『ヴァンパイア・クリーンアップ・デパートメント』の予告編が公開されている。
あの「チャイルド・プレイ」のリメイクが製作決定!大ヒットコメディ「ポリスアカデミー」も新作が出るかも?

あの「チャイルド・プレイ」のリメイクが製作決定!大ヒットコメディ「ポリスアカデミー」も新作が出るかも?

1988年に公開され、日本でも世間を恐怖の渦に巻き込んだ伝説のホラー映画「チャイルド・プレイ」がリメイクされることが決定しました。また「ポリスアカデミー」の新作が公開されるかもしれないと話題になっています。
隣人速報 | 617 view
SFホラーの金字塔「遊星からの物体X」がデジタルリマスターになって蘇る!10月に劇場公開決定!!

SFホラーの金字塔「遊星からの物体X」がデジタルリマスターになって蘇る!10月に劇場公開決定!!

1982年に公開された、ジョン・カーペンター監督によるSFホラーの金字塔「遊星からの物体X」がデジタルリマスター版となり、36年ぶりに劇場公開されることが決定しました。日程は10月19日から、東京・丸の内ピカデリーなどで全国公開されます。
隣人速報 | 1,409 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト