日本を代表するロックバンドB’z「稲葉浩志」の人間性と歌唱能力
2021年5月28日 更新

日本を代表するロックバンドB’z「稲葉浩志」の人間性と歌唱能力

90年代のB’zは最高でした、とくにアルバム「Loose」のころ。稲葉浩志の声やパフォーマンスに酔いしれた人も多かったことでしょう。B’zの激しいパフォーマンスと裏腹に、稲葉は実は物静かな人だそう。知っているようで知らない稲葉浩志をご覧ください。

106,574 view

B'zのボーカル&作詞を担当する稲葉浩志

稲葉浩志

稲葉浩志

稲葉浩志(1964年9月23日)は、日本のボーカリスト、作詞家であり、音楽ユニット・B'zのメンバー。
ソロ活動の際には作曲とギター、音楽プロデュース等も担当する。岡山県津山市出身。 所属レコード会社はビーイング、レーベルはVERMILLION RECORDS所属。所属事務所はVERMILLION。

ライブで魅せる圧倒的な運動量と声量は圧巻

B’z LIVE シャウト集 ライブパフォーマンス - YouTube

B’z LIVE シャウト集2 ライブパフォーマンス - YouTube

広い音域とそれを支える強靭な肺活量

強靭な体から発せられるシャウトとライブ後半でも持続するスタミナ

成人男性の2倍とされる肺活量

公式リリース音源の音域では最低音がF#2(lowF#)、シャウトやスクリーミングを含めた最高音はB5(hihiB)にまで到達。
ライブで歌いながらステージを走り回ったり跳びはねたりしても、ほとんど乱れない強靭な肺活量を有する。肺活量は8,000cc超と成人男性の平均数値(3,000‐4,000cc)を大きく上回り、ライブ終盤においても30秒を超えるロングトーンを披露できる。

ストイックな体調管理

声の維持に細心のケアを行う

全てはボーカル能力の維持向上のため

全てはボーカル能力の維持向上のため

ライブツアー前や最中は、喉への負担を極力避けて神経質なまでに声の維持に努めている。
空気の乾燥を防ぐために極力冷房は使用せず、冷房使用時には窓を開ける。
楽屋では廊下からの冷気を避けるために、スタッフに扉の縁を目張りで密封処理させる。スタジオでは季節を問わず加湿器を使用する。
体温を低下させないために温かい湯船に浸かるのを日課とする。冷たい飲食物を避け、温かいハーブティーを愛飲する。
自身の体調管理を徹底する理由について「乾燥してちょっとでも(声が)出なくなると、あの時(喉のケアを)やっときゃよかったと思うのが嫌なので、つい念を入れがちになるんですよね。普通は3回でいいのかもしれないけど5回やっちゃったりとか」と語る。
きっかけは、2004年初頭に声帯に水ぶくれのようなものが出来たために声が出なくなり、手術をしたことから。それ以来、医師から喉の乾燥を防ぐため湿度を50%に保つよう指示され、毎月定期検査を受けている。これらの徹底的なケアを、稲葉は「ツアー病」と呼んでいる。
これらを徹底的に行うのはライブツアー前や、ライブツアー最中のみである。

稲葉浩志 / 遠くまで - YouTube

人物像

松本孝弘との出会い

 (2059955)

当時大学生で歌手を志していた稲葉は音楽雑誌『ロッキンf』に目を通していたところ、音楽制作会社ビーイングが主催していたボーカルスクール「ビーイング音楽振興会(現・Being Music School)」のスクール生募集の広告が目に留まった。その欄に当時ファンであったLOUDNESSなどのアーティストの名前が明記してあったため、「ここだな!」と思い通い始めたのが最初である。
ボーカルスクールは小さいマンションにスクールのオフィスと、ドアだけ防音にした音を出せる部屋があり、そこでレッスンをしていた。レッスンはカラオケを使ったもので、自分の歌いたい歌、もしくは、講師の先生が勧めてくる曲を歌っていた。
ボーカルスクールは歌のレッスンのみで、そこから事務所が「そこそこ使えそうな人間だな」と思うと、歌手活動への抜擢や、コーラスのバイトを任されたりする。そのため稲葉自身、自分のバンドは自分でやるしかないので、友達とバンド活動をしていた。
スクールに入所してしばらくすると、稲葉をデビューさせるためのプロジェクトが発足し、通称「稲葉バンド」というバンドも結成された。そのバンドには、後にB'zのサポートベーシストとなる明石昌夫も在籍していた。しかし、ライブ活動をするわけでもなく、メンバーもコロコロと変わり、結局自然消滅した。
その後、稲葉の歌が収録されていたデモテープが松本孝弘の耳に留まる。そして松本が稲葉を誘いB'zを結成、1988年9月にデビューとなる。

独自の作詞観

作詞のスタイル

作詞のスタイル

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 394 view
T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

CS放送ファミリー劇場で放送中の「ファミリー劇場 de ラグジュアリーLIVE」にて、T-BOLANのバンド史上初となるシングルベスト的なスペシャルプログラムパフォーマンスの放送が決定しました。
隣人速報 | 856 view
伝説のバンド「キャロル」のメンバーで知られる!『ジョニー大倉』転落事故・家族・死因!!

伝説のバンド「キャロル」のメンバーで知られる!『ジョニー大倉』転落事故・家族・死因!!

1972年に矢沢永吉さんらとキャロルを結成しギターと作詞を担当し、「ファンキー・モンキー・ベイビー」などの大ヒット曲を生み出したジョニー大倉さん。転落事故や家族・死因等をまとめてみました。
ギャング | 33,036 view
【訃報】日本を代表するドラマー・村上“ポンタ”秀一さん死去。

【訃報】日本を代表するドラマー・村上“ポンタ”秀一さん死去。

日本を代表するドラマーとして著名な村上“ポンタ”秀一さんが、脳出血の一種・視床出血で入院中の3月9日に亡くなっていたことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 972 view
【朗報】BOØWY、横道坊主、De+LAXの元メンバーがまさかの新バンドを結成!!

【朗報】BOØWY、横道坊主、De+LAXの元メンバーがまさかの新バンドを結成!!

日本を代表するロック・ミュージシャンである、高橋まこと(ex.BOØWY)、林田正樹(ex.横道坊主)、榊原秀樹(ex.De+LAX)の3名がこのたび、新バンドを結成することが明らかとなりました。
隣人速報 | 7,469 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト