80年代末のバトル漫画『スプリガン』 独特のコマ割りにハマります!
2015年9月16日 更新

80年代末のバトル漫画『スプリガン』 独特のコマ割りにハマります!

80年代末から連載されていた漫画『スプリガン』の紹介記事です。原作はたかしげ宙、作画は皆川亮二で週刊少年サンデーから連載されていました。バトル漫画ですが単調な線ではなく風景も含め独特の描かれ方をしており、クセにハマると読み込んでしまう漫画です。

14,087 view

どんな漫画?

あらすじ
はるか超古代、現代を遥かに上回る科学力を持つ文明が存在した。ある遺跡から発掘された金属板に、その超古代文明の人々からの警告が記されていた。「我々の残した遺産を、悪しき者より守れ」と。そのメッセージに従い、特殊組織「アーカム」は、彼らの遺産(オーパーツ)をあらゆる権力から守り、封印するチームを結成した。アーカムのトップエージェントは、「スプリガン」と呼ばれる。この物語は、アーカムのスプリガンの一人「御神苗優」の戦いを描くアクション漫画である。
ストーリーは基本的に一話完結型が多いですが長編で何話か使うことが多いのも特徴です。また、遥か昔の古代文明だけでなく、宗教由来の遺産にまつわる話もあります。多岐に渡るジャンルを漫画から見ることができます。

登場人物の魅力

トップエージェント「スプリガン」を中心に物語が進行していきます。
そこで中心人物をちょこっと紹介していきます!!
御神苗 優(主人公)

御神苗 優(主人公)

本作の主人公です。抜群の運動神経を誇る上、アメリカ軍の訓練により限界まで引き上げられています。日本の高校生ですが任務のせいで出席日数が足りず常に留年の危機にさらされています。ただ、本人は学校生活を大切にしたいようで作中であと何日休めるか計算したり運動会に必死で出るなどしています。何とか留年せずに卒業し、読み切り版では大学にも進学しているのが判明します。
ジャン・ジャックモンド

ジャン・ジャックモンド

主人公と組んで任務をすることが多くなる相棒のような存在です。人間の反射神経を超えた速度での移動が可能で身体能力は通常の人間のはるか上です。その正体は古代の遺産の一つである獣人「ライカンスロープ」です。フランス出身でスラム街で義弟と共に娼婦のマリアに育ててもらっていましたがフランス軍のいさかいに巻き込まれ家族を失ってしまいます。その後スプリガンとしてスカウトされ相棒へと至ります。
ティア・フラット

ティア・フラット

「魔女」の異名をとる女性スプリガン。森に眠る大魔術師マーリンから伝授された魔術を操ります。紙に描いた魔法陣から魔獣を召喚したり、空間を捻じ曲げて相手を閉じ込めたりすることができます。戦闘能力は強大で応用範囲も広く、銃器で射撃した程度では彼女に傷一つつけることすらできません。外見は美しい妙齢の女性の姿をしていますが、はるか古くからアーカムに深く関わっていることが示唆されています。
朧

中国武術と気功術の達人です。おぼろげな存在という意味で周囲から朧と言われており、本名は明かされていません。主人公の格闘術の師匠であり、稽古では一度も負けたことがありません。最終目標が仙人になることであり自身の修行を優先させることも多いため遺跡の保護よりも自身にとって修行なるかが優先順位で上に来ます。

あまり知られていないスプリガンの由来

スプリガンをお読みになられた方でもあまり知られていないのがスプリガンの由来ですが、これはイングランドに伝わる埋もれた財宝を守る精霊を意味します。いわゆるドワーフなどと同じようなものですが、盗人から財宝を守るためあらゆる手を尽くす存在です。つまりタイトル通り主人公たちも「スプリガン」として財宝を守っているのです。

他の漫画とここが違う!!

ストーリーとしてのスプリガンも非常に面白いですが、それをより引き立てているのが、絵です。アニメに近い絵と構成のためアクションがアニメのような臨場感で読むことができます。また残像などの出し方も独特でキャラを
半透明で描くことでよりリアルな残像を表現するなど皆川先生ならではの絵と構成になっています。

ストーリーの特徴

今まで現実世界で出土したオーパーツを題材にした話が多いです。しかしキリスト教の聖書にある聖櫃(アーク)やノアの方舟、聖杯の奪い合いなど宗教関係の物も多くあり、時にはストーリー全体の流れを左右するような話も存在します。ちなみに、ノアの方舟を題材にした話は映画化に至っていたりします。

変わった構成の漫画です!

 (1259051)

タチキリ(印刷して本にするとき、紙が断裁される目安のような線)をほとんど使用しない四角いコマ割りを多用しています。またコマ割りも大きく広げずに上下で一定のコマの大きさで構成されています。なので激しいアクションが多いですが見やすくなっています。またフェード効果等の映画的表現が多いため全体に臨場感と躍動感が出ているのが特徴です。。

まとめ

 (1259054)

何話かまとまっている完全版もあるほど、長きにわたって愛されている名作です。
大判とはいえ、11巻という長すぎず短すぎない巻数のため読みやすい量になっていると思います。初版時点で大判だからですが書き込みが多すぎるゆえの対応となっています。少年漫画のためグロい表現も少ないのも気軽に手に取ってもらいやすい要因になっているかと思います。画像でもあるように完全版も出ています。主人公のその後なども描かれているので是非手に取ってみてください!
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,855 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 3,807 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,471 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 12,866 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト