黄昏の文学 人情と無垢の直木賞作家、浅田次郎の名作品
2018年5月16日 更新

黄昏の文学 人情と無垢の直木賞作家、浅田次郎の名作品

昭和半ばから平成にかけて、文化と文学の黄昏とも呼べる時代があった。同じ時代を指して黄金期であったという声もある。あの時代には誰がいたのか。何が書かれていたのか。今回は今なお人気を誇る直木賞作家、浅田次郎の作品を取りあげる。

146 view

きんぴか

 最初に登場したのは1992年のこと。以下、改題などをしつつ三部作が1冊になったりメディアミックスされたりしている。
きんぴか

きんぴか

ピスケン、軍曹、ヒデさん。一見ワルだが、根は硬派の3人が世の不正を糺す、悪漢小説。かつてノベルズ版として刊行された3冊のシリーズを合本し、さらにチューン・アップを施したノーカット完全収録版。
バブル後の日本社会をドロップ・アウトした三人組を主人公とする連作。スラップスティックな笑い、任侠の世界や自衛隊をモチーフとしたストーリーの組み立てなど、著者の自家薬籠中の物語展開から、人情が爆発するクライマックスに導くエネルギーはお見事。
出典 福田和也「作家の値うち」
 浅田次郎と言えば〝人情話で泣かせる人〟というのがよく聞く評価なのだが、一方で〝アウトローを描く人〟という一面もある。

 元自衛隊という浅田の経歴を考慮すると、この題材は妥当と言えるのか否か、なかなか考えさせられるモチーフである。

プリズンホテル

 《夏》《秋》《冬》《春》からなる四部作。
プリズンホテル 1 夏

プリズンホテル 1 夏

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家…不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。
『きんぴか』も同様だが、浅田次郎は、この頃の文章の方が高い水準をもっていた。茶化し、笑わせながら、涙にもっていくという語りの技術はきわめてスリリングである。
出典 福田和也「作家の値うち」
 「作家の値うち」に紹介されている浅田次郎作品のなかで最も高い点数をとっているのが「プリズンホテル」である。

 文章の良さとはなんだろうか?
 芸術性があり、既存の文章の美学を破壊していれば良いというものでもないだろう。

 言語、文章は伝わってなんぼである、とする界隈も存在している。
 ただ、あまりにも全てがわかりやすく伝わってしまう、解説書のような文章を小説に求めているかと言われると、そういうわけでもない気がする。

地下鉄に乗って

 1995年、第16回吉川英治文学新人賞受賞作品。
地下鉄に乗って

地下鉄に乗って

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため……。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。
著者の出世作。タイム・スリップという意匠を使って、過去の蟠りを晴らすカタルシスは見事である。
出典 福田和也「作家の値うち」
 タイムスリップというとSF漫画やアニメの十八番のように思えるが、実は小説の世界でもちらほらと見かける。

 その場合、《なぜ、どのようにタイムスリップしたのか》《誰のせいでタイムスリップしたのか》よりも《タイムスリップしたことによって何を見たか/体験したか》のほうが重視される印象がある。

 作品のなかに謎があったとしても、解決せずに作品を成立させられることができるのは、小説の醍醐味のひとつであろう。
 もっともその場合、謎とその解決以上の魅力が用意されてないといけないのだが、もちろん浅田次郎はそのあたりを得意とする作家のひとりであろう。
地下鉄に乗って

地下鉄に乗って

鉄道員

 「ぽっぽや」とルビがふってある。
 第16回日本冒険小説協会大賞特別賞、第117回直木三十五賞受賞作品。
鉄道員

鉄道員

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語…表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。第117回直木賞受賞作。
直木賞の受賞作である表題作をはじめとする計六篇の短編集。いずれもウェルメイドの名に値する道具立て、語り口ではある。
出典 福田和也「作家の値うち」
※「作家の値うち」には〈計六篇〉とあるが、現在の集英社文庫版「鉄道員」には8篇収録されている。
 大人気ロングセラー作品なので何パターンかの文庫本が出ている。よって収録作品数が6本だったり8本だったりブレがある。

 さて福田和也「作家の値打ち」は結構な辛口本である。
 ずばずば言っているので引用は避けたが、まとめると「よくできた作品群だが、同じ仕掛けが多用されている。どうかと思う」というようなことが書かれている。

 むずかしい問題であると思う。

 世間は浅田次郎という作家に何を求めているのか?
 浅田次郎は世間に対してどうアプローチしようとしているのか?
 そしてこれらの関係は成功しているのか、失敗しているのか。
 そういう繊細な問題を孕んでいる。

 それを踏まえた上で福田和也はあえて辛口的な評をしていると思うのだが、浅田次郎がより技巧的に、より過激になっていったらそれはもう浅田次郎ではなくなってしまうのではないか。

 それが良いことなのか悪いことなのかもまたむずかしい問題であると思っている。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

高名な作家さんはたくさんいらっしゃいますが、まるでジェットコースターのような人生を歩んでこられた天才作家、中島らもさん。みなさんはこの方をご存知でしたか?
あおいひめ | 4,820 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,692 view
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 1,521 view
栗本薫、幻の未発表原稿が配信!「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」には《ぼくらシリーズ》の第2作目が!

栗本薫、幻の未発表原稿が配信!「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」には《ぼくらシリーズ》の第2作目が!

「グイン・サーガ」に代表される天才的作家、栗本薫の未発表作品の原稿が見つかりました。見つかった原稿は《ぼくらシリーズ》の続編。
『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト