光村図書の国語の教科書は凄かったんだ!【挿絵編】
2016年1月14日 更新

光村図書の国語の教科書は凄かったんだ!【挿絵編】

あの有名な画家が50年前に小学校の国語の教科書の挿絵を描いていた!みんなが大好きだったアニメの原作の挿絵画家も教科書の挿絵を描いていた!光村の国語の教科書は凄いんですよ!

5,693 view
小学生のころ、「光村図書出版」にはお世話になりましたよね!教科書会社はたくさんありますが、国語の教科書に限っては光村が最大シェアを誇っています。

拙文「光村図書の国語の教科書は凄かったんだ!【文芸編】」で、意外な方が執筆されていたことをご紹介しましたが、こちらでは挿絵を描かれた方を中心にまとめてみます。こちらもびっくりしますよ♪

■漫画の神様が国語教科書に!

中学校英語の教科書にはウォルト・ディズニーが載っていますが、国語には漫画の神様・手塚治虫さんの書き下ろしが掲載されています。
「アニメーションとわたし」

「アニメーションとわたし」

手塚治虫・作

昭和55年~60年度版「国語五上」
手塚治虫

手塚治虫

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。(wikipediaより)
昭和55年から掲載されていますが、この少し前くらいまではアニメは「漫画映画」「テレビ漫画」と呼ばれ「俗悪」とまで言われていたこともありましたから、この頃には漫画は市民権を得ていたと言っていいでしょう。
「アニメーションとわたし」は五年生向けですが、二年生の教科書にも手塚先生は執筆されています。
「まん画」

「まん画」

手塚治虫・作

昭和61~平成3年度版「国語四上」
(書き下ろし)

■「ガンバの冒険」の挿絵を描かれた絵本画家の絵!

「しっぽのやくめ」の挿絵を描かれた「やぶうちまさゆき」さん。平仮名でかかれていますが「薮内正幸」さんのことです。
「しっぽのやくめ」

「しっぽのやくめ」

かわたけん・文
やぶうちまさゆき・絵
薮内正幸

薮内正幸

薮内 正幸(やぶうち まさゆき、1940年5月23日 - 2000年6月18日)は日本の動物画家で絵本作家。藪内正幸と表記された著書もある。 動物学者の今泉吉典の元で図鑑の挿絵の基礎を習得。その挿絵は精緻でありながら親しみ深く暖かい。鳥や動物の羽毛や毛の一本一本まで丹念に描き「僕は毛描き」と言うほどだった。絵の技術そのものは独学。描いた絵は1万点を超える。友人たちからは「ヤブさん」と呼ばれた。(wikipediaより)
「福音館書店で絵本画家として活躍されていた薮内さん。絵本「どうぶつのおやこ」「どうぶつのおかあさん」「くちばし」は子供の頃ごらんになった方も多いのでは?
薮内正幸の作品

薮内正幸の作品

。「子どもがはじめてであう絵本」として、背景を省略し余白を生かして動物たちの姿を明確にイメージ化した「ほんものを感じさせることができる絵」であり、そのころ主流であったおもちゃのような動物絵本とは一線を画するものであった。(wikipediaより)
ミドルエッジの読者の皆さんなら「ガンバの冒険」原作小説の挿絵を描かれた方、といえば「あぁ~…」と思われるでしょう!
「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」

『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(ぼうけんしゃたち ガンバとじゅうごひきのなかま)は、斎藤惇夫の児童文学作品。挿絵は薮内正幸。
1972年、アリス館牧新社より刊行された。現在は岩波書店から発売されている。

ドブネズミのガンバは、幼馴染みのマンプクに誘われて海を見る旅に出る。2匹は港で船乗りネズミの集まりに参加するが、そこへ全身に傷を負ったネズミが現れる。忠太と名乗ったそのネズミは「夢見が島でイタチのノロイ一族に襲われた仲間を助けてほしい」と訴える。
ノロイとは、船乗りネズミの間では関わることをタブーとされる恐るべきイタチであった。及び腰になる船乗りネズミたちの姿を見たガンバは、自分だけでも忠太の願いを聞き入れることを決意し、忠太と共に夢見が島行きの船に乗り込む。しかし、ガンバに心を動かされたネズミたちもまた、夢見が島へ向かう決意をしていたのだった。(wikipediaより)
「ガンバ」はその後テレビアニメをはじめとして何度も映像化されていますよね。
斎藤惇夫さんの文章もさることながら、薮内さんのリアルな挿絵が読者の子どもたちの心をつかんだことは間違いないでしょう。

wikipediaによると、テレビアニメ化されたのは当時プロデューサーだった楠部三吉郎さんの甥ごさんが「これすごく面白いからテレビでやってよ」と勧めたことがきっかけということです。

冒険者たち-ガンバと7匹のなかま- - YouTube

オープニングテーマ「ガンバのうた」
作詞 - 東京ムービー企画部
作曲 - 山下毅雄
歌 - 河原裕昌

■絵本、小説挿絵、雑誌の表紙などオールマイティのイラストレーターも!

1962年から「小説現代」の表紙を描いている村上豊さんも教科書の挿絵を描いています。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アニメ『リボンの騎士』の最終回ってどうだった?

アニメ『リボンの騎士』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?アニメ版『リボンの騎士』はこんな感じでした。赤いマントひらひら、馬をとばす王子、それがぼく!
こういち | 1,182 view
がっぷ力丸、アリサ、ドン・ドラキュラ、ふられ竜の介…1979年の週刊少年チャンピオンで連載が開始された作品一覧!!

がっぷ力丸、アリサ、ドン・ドラキュラ、ふられ竜の介…1979年の週刊少年チャンピオンで連載が開始された作品一覧!!

四大少年漫画雑誌の一角として君臨し、70年代に黄金期を迎えた「週刊少年チャンピオン」。この記事では、1979年の同誌において連載が開始された作品を特集したいと思います。
アニメ『どろろ』の最終回ってどうだった?

アニメ『どろろ』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『どろろ』はこんな感じでした。おまえらみんなホゲタラだ!
こういち | 443 view
【ラブ・ポジション ハレー伝説】手塚治虫作品なのに低評価?その理由や内容をご紹介!

【ラブ・ポジション ハレー伝説】手塚治虫作品なのに低評価?その理由や内容をご紹介!

1985年に発売されたOVA『ラブ・ポジション ハレー伝説』。火の鳥や鉄腕アトム・ブラックジャックなど、数々の名作を生み出した手塚治虫さんによる作品ですが、アニメファンの評価は低いものとなっています。今回の記事では、そんな『ラブ・ポジション ハレー伝説』をフォーカスして、本編動画・ストーリー性や評価されない理由をご紹介します。
tsukumo2403 | 540 view
手塚治虫作品のスターシステム!いつも登場が楽しみだったキャラクターは?

手塚治虫作品のスターシステム!いつも登場が楽しみだったキャラクターは?

手塚治虫先生の漫画のスターシステム。このキャラが出てくると、『コリャ、、、面白くなって来そう♪』なキャラは誰?」です。主役でも脇役でもチョイ役でも、コレコレコレ!なキャラが集まりました!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト