<取材>アシックス創業者・鬼塚喜八郎の生誕100周年を記念した限定シューズお披露目!歴代の名シューズのアーカイブも!
2018年5月30日 更新

<取材>アシックス創業者・鬼塚喜八郎の生誕100周年を記念した限定シューズお披露目!歴代の名シューズのアーカイブも!

株式会社アシックスは創業者である鬼塚喜八郎の生誕100周年を記念したシューズとアパレルの限定発売を開始。伊勢丹新宿店本館7階=催事場で行われた「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年by ASICS ~鬼塚喜八郎が描いた未来~」のオープニングセレモニーへと潜入してきました。

4,179 view

<取材>アシックス創業者・鬼塚喜八郎の生誕100周年を記念した限定シューズお披露目!歴代の名シューズのアーカイブも!

株式会社アシックスは創業者である鬼塚喜八郎(2007年逝去)の生誕100周年を記念したシューズとアパレルの限定発売を開始しました。

アシックス、アシックスタイガー、オニツカタイガーの各ブランド直営店(一部店舗を除く)、各ブランドオンラインストアで発売されています。

また、伊勢丹新宿店本館7階=催事場、伊勢丹オンラインストアでも取り扱われ、さらに海外でも展開されます。

今回ミドルエッジ編集部は、「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年by ASICS ~鬼塚喜八郎が描いた未来~」と題された記念イベントのオープニングセレモニーへと潜入してきました!
会場の様子

会場の様子

オープニングセレモニー会場は「ひまわり」をモチーフにした色鮮やかな空間が広がっていました。
冒頭、挨拶に立ったアシックスジャパンの代表取締役社長・小林淳二さんは、「スポーツのすばらしさを体感して欲しい」と力強く語りました。さらに鬼塚喜八郎さんが生前に描いたひまわりが太陽に向かって伸びていく様子には、人々が明るい未来に踏み出す手助けをしたいという鬼塚喜八郎さんの想いが表現されているとの事。

今もそうした企業理念が、脈々と受け継がれているのを感じた挨拶となりました。
アシックスジャパン社長・小林淳二さん

アシックスジャパン社長・小林淳二さん

続いて、株式会社伊勢丹の執行役員で、百貨店事業本部伊勢丹新宿本部長の近藤洋さんが登壇。今回のアシックスとのプロジェクトは2年前の4月に話が持ち上がり、お互いの強みを生かしながら将来へ向けた内容にしようと試行錯誤を続けたそう。
今回、2年越しでの実現となった事を熱っぽく語り、ハートビートをキーワードに心をワクワクさせたいとも語りました。

その後のフォトセッションでは両者固く握手をして、笑顔での対応となりました。
 (2015890)

創業者・鬼塚喜八郎とは

鬼塚喜八郎さんは1918年5月29日生まれ。スポーツを通じて若者たちの健やかな成長を支えたいという想いから、1949年にアシックスの前身である鬼塚株式会社を設立し、スポーツシューズづくりを開始しました。

生前に鬼塚喜八郎さんが特に好きだったひまわりが、今回の記念イベントではモチーフとして扱われていますが、人柄も経営スタイルもヒマワリのように光に向かって進んでいたと伝えられています。
鬼塚喜八郎さんの未完成絵画「ひまわり」

鬼塚喜八郎さんの未完成絵画「ひまわり」

生前に描いたヒマワリの絵画のレプリカ。

アシックス、アシックスタイガー、オニツカタイガーの3ブランドから記念シューズが発売!

鬼塚喜八郎さんの生誕100周年を記念したシューズ4品番とアパレル2品番が、ご本人の誕生日である5月29日から、前述の店舗等で販売が開始されています。
メーカー希望小売価格は、12,500円+税から20,000円+税となっています。生まれ年の1918年にちなみ、シューズ4品番については1,918足の数量限定で販売されました。
GEL-QUANTUM 360 KO100

GEL-QUANTUM 360 KO100

TIGER CORSAIR KO100

TIGER CORSAIR KO100

GEL-MAI KO100

GEL-MAI KO100

アシックスの歴代シューズのアーカイブ展示も!

同会場では、アシックスの長い歴史の中で、各年代でターニングポイントとなった名シューズが展示されていました。

1964年の東京オリンピック日本選手団用に作られたデレゲーションシューズや1966年の国内で初の成功となった「ピン取り換え式」の陸上スパイクなどが展示されていました。
また、ミドルエッジ読者も実際に触れたかも知れないシューズとしては、1981年の新型ソールが素晴らしいバスケットボールシューズ「ファブレジャパンL」や1997年の舞うように楽しく走れるランニングシューズ「GEL-MAI」など、当時非常に画期的だったラインナップが並んでいました。
アーカイブ展示の様子

アーカイブ展示の様子

1964年の東京オリンピック日本選手団用に作られたデレ...

1964年の東京オリンピック日本選手団用に作られたデレゲーションシューズ(右)

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

4年に一度のオリンピック、歴代の夏季冬季大会の開催年と開催都市をまとめて確認します。

4年に一度のオリンピック、歴代の夏季冬季大会の開催年と開催都市をまとめて確認します。

数々の記憶に残る選手や感動のプレーは憶えているのに「あれ、いつのオリンピックだったっけ?」なんて経験、ありませんか。そんなときのために夏季及び冬季オリンピックの開催年と都市、そして主な日本人メダリストをまとめてみました。大会ごとの印象的な画像と共に振り返っていきます。
青春の握り拳 | 10,419 view
古沼貞雄、小嶺忠敏、本田裕一郎、大山照人…高校サッカーの名将は死なない『フットボール批評issue38』が発売決定!!

古沼貞雄、小嶺忠敏、本田裕一郎、大山照人…高校サッカーの名将は死なない『フットボール批評issue38』が発売決定!!

カンゼンより、サッカー専門誌『フットボール批評issue38』が12月6日に発売されます。価格は1760円(税込)。
隣人速報 | 248 view
【訃報】「神の手」ディエゴ・マラドーナ氏が死去。薬物問題のゴタゴタなど、日本との関係とは?

【訃報】「神の手」ディエゴ・マラドーナ氏が死去。薬物問題のゴタゴタなど、日本との関係とは?

サッカー界を代表する伝説的スーパースターであり、「神の子」などの愛称で知られたディエゴ・マラドーナさんが25日、アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外の自宅で亡くなったことが明らかとなりました。60歳でした。
隣人速報 | 1,283 view
170cm以上は当たり前!高身長な懐かし女性芸能人の方々!!

170cm以上は当たり前!高身長な懐かし女性芸能人の方々!!

いつの時代も話のネタになる「芸能人の身長」。この記事では公称170cm以上としている女性芸能人のうち、主に90年代以前から活動している方を何人かご紹介したいと思います。
となりきんじょ | 25,080 view
マイケル・ジャクソンだけじゃない!懐かしの「マイケル」一覧!!

マイケル・ジャクソンだけじゃない!懐かしの「マイケル」一覧!!

「マイケル」というと、皆さんは誰を思い浮かべるでしょうか?マイケル・ジャクソンを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、他にもマイケルという名を持つ著名人はたくさんいますよね。この記事では、懐かしの「マイケル」を何人かご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト