個性派俳優が演じた『愛と追憶の日々』って?今だからもう一度観たい
2020年5月27日 更新

個性派俳優が演じた『愛と追憶の日々』って?今だからもう一度観たい

アカデミー賞11部門ノミネート、5部門受賞した1984年の映画『愛と追憶の日々』(Terms of Endearment)は、30年以上たった今でも色褪せず、母と娘の愛情を30年に渡って描いた作品です。個性豊かたなキャストとともに振り返ります。

285 view
ジャック・ニコルソンは『愛と追憶の日々』で、アカデミー賞助演男優賞に輝きました。

監督のジェームズ・L・ブルックスとは、1997年公開の『恋愛小説家』で再びタッグを組み、大ヒット。

『カッコーの巣の上で』から2度目の主演男優賞を獲得しました。
 (2195398)

ジャック・ニコルソンの魅力は、コミカルからシリアスな役、そして、個性的な役まで幅広く演じられるところでしょう。

まとめ:もう一度観たい映画

邦題『愛の〜』がつく映画は何本もあり、原作の題名とかけ離れた意味の邦題も数多く、この作品もその一つではないでしょうか。

原題のTerms of Endearmentとは、愛情を込めて相手を呼ぶときの表現、英語では”ハニー”や”ベイビー”などのことばを指します。

「愛」はわかるとしても、なぜ「追憶」とつけたのか不思議ですが。。。時代の流れだったのでしょうか。

個人的には、20代の頃に初めて鑑賞したときには理解できなかった母親オーロラの気持ちが、今ならわかるのではないだろうかと感じ、もう一度観てみたい作品です。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

映画『キリング・フィールド』は、1970年代半ば、内戦に揺らぐカンボジアを舞台に、記者が内戦の悲劇を取材し、現地人助手との国境を超えた友情を描いた作品です。シドニー・シャンバーグの体験に基づく実話を映画化。
星ゾラ | 23,952 view
ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

引退説が浮上していた名優ジャック・ニコルソンが、ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」のハリウッド・リメイク版に主演することが明らかになった。ニコルソンの映画復帰か、期待が高まる。
red | 1,164 view
エディ・マーフィーの代表作「ビバリーヒルズ・コップ」は、過激で熱い刑事でした!

エディ・マーフィーの代表作「ビバリーヒルズ・コップ」は、過激で熱い刑事でした!

エディ・マーフィーの代表作「ビバリーヒルズ・コップ」は、1984年のアクションコメディ映画です。彼自身の当たり役と言われる本作。見直してみるとやはり面白いです。
ひで語録 | 7,339 view
映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】日本での公開は1980年4月、第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品の【クレイマー、クレイマー】ついて語ろう!
「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

皆さんは「スパイナル・タップ」という映画をご存知でしょうか?1984年に公開された「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーの初監督作品であり、“幻のロック映画”とされている作品です。このたび、その「スパイナル・タップ」が日本初公開の運びとなりました。
隣人速報 | 971 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト