【愛と追憶の日々】第56回(1984年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デュヴァル】
2021年4月12日 更新

【愛と追憶の日々】第56回(1984年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デュヴァル】

1984年と言えば、スペースシャトルディスカバリーが初の打ち上げに成功した年。 アップルコンピュータがMacintoshを発表した年でもあり、技術革新を思わせる年であった。そんな1984年のアカデミー賞を振り返ってみよう。

119 view

第56回アカデミー賞

第56回アカデミー賞は1984年4月9日に行われたアカデミー賞発表・授賞式である。
会場となったドロシー・チャンドラー・パビリオン

会場となったドロシー・チャンドラー・パビリオン

ドロシー・チャンドラー・パビリオン(Dorothy Chandler Pavilion)は、ロサンゼルスの総合芸術施設「ロサンゼルス・ミュージックセンター」内にある歌劇場。
第56回目のアカデミー賞授賞式は、 例年通りドロシー・チャンドラー・パビリオンで行われた。
結果は、ジェームズ・L・ブルックスが母娘の絆を描いた『愛と追憶の日々』が、作品賞、監督賞、主演女優賞を含む5部門を受賞した。

作品賞『愛と追憶の日々』(Terms of Endearment)

原作はラリー・マクマートリーによる同名小説。
未亡人のオーロラと娘エマは仲の良い親子だったが、エマの結婚相手にオーロラは納得がいかず、二人は反目しあう。エマが家を出て一人になったオーロラは、隣に引っ越してきた元宇宙飛行士のギャレットにしだいに惹かれていく。そんなある日、エマに深刻な事態が発生するというストーリー。

第41回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞も受賞している。
1996年には、その後の後日談を描いた続編『夕べの星』が発表された。
愛と追憶の日々

愛と追憶の日々

作品賞のその他の候補作は以下の通り。

再会の時
ドレッサー
ライトスタッフ
テンダー・マーシー

監督賞:ジェームズ・L・ブルックス『愛と追憶の日々』

『愛と追憶の日々』でジェームズ・L・ブルックスは作品賞と監督賞と脚色賞を受賞。

ブルックスはプロデューサー、脚本家としての顔もあり、テレビではCBSやABCで『メアリー・タイラー・ムーア・ショー』や『ザ・シンプソンズ』、『トレイシー・ウルマン・ショー』などの人気シリーズを手がけている。これまでにアメリカのテレビ業界に送られる賞であるエミー賞を19回受賞した。
ジェームズ・L・ブルックス(James L. Brooks)

ジェームズ・L・ブルックス(James L. Brooks)

他の監督賞ノミネートと作品は以下の通り。

ピーター・イエーツ(ドレッサー)
イングマール・ベルイマン(ファニーとアレクサンデル)
マイク・ニコルズ(シルクウッド)
ブルース・ベレスフォード(テンダー・マーシー)

主演男優賞:ロバート・デュヴァル『テンダー・マーシー』

『テンダー・マーシー』は、落ちぶれたカントリーシンガーの再生を描いた作品。日本では劇場未公開。

ロバート・デュヴァルはカントリー歌手のマック・スレッジ役を演じての受賞。劇中では歌唱も披露している。
デュヴァルはアカデミー賞に7回ノミネートされていて、アカデミー助演男優賞最年長ノミネート記録保持者である。
ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)

ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)

主演男優賞のノミネートは以下の通り。

マイケル・ケイン(リタと大学教授)
トム・コンティ(Reuben, Reuben)
トム・コートネイ(ドレッサー)
アルバート・フィニー(ドレッサー)

主演女優賞:シャーリー・マクレーン『愛と追憶の日々』

主役である未亡人のオーロラ・グリーンウェイを演じて受賞した。
本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)も獲得。

シャーリー・マクレーンは自身の神秘体験の著作を多数発表しており、ニューエイジの第一人者としても知られる。
1959年の『恋の売込み作戦』や1960年の『アパートの鍵貸します』など4つの映画で、ヴェネツィア国際映画祭やベルリン国際映画祭の女優賞を受賞した。
シャーリー・マクレーン(Shirley MacLaine)

シャーリー・マクレーン(Shirley MacLaine)

他に主演女優賞にノミネートされた方は以下の通り。

ジェーン・アレクサンダー(テスタメント)
メリル・ストリープ(シルクウッド)
ジュリー・ウォルターズ(リタと大学教授)
デブラ・ウィンガー(愛と追憶の日々)
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【タイタニック】第70回(1998年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

【タイタニック】第70回(1998年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

1998年と言えば、 長野オリンピックが開催された年。Googleが設立されたり、Windows98が発売したりと、インターネットの普及が加速していく年でもあった。そんな1998年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 186 view
【カッコーの巣の上で】第48回(1976年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

【カッコーの巣の上で】第48回(1976年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・ニコルソン】

1976年と言えば、ロッキード事件が発覚した年。 政界に激震が走った一方で、モントリオールオリンピックが行われた年でもあった。そんな1976年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 443 view
【アメリカン・ビューティー】第72回(2000年度)アカデミー賞を振り返る!【ケヴィン・スペイシー】

【アメリカン・ビューティー】第72回(2000年度)アカデミー賞を振り返る!【ケヴィン・スペイシー】

2000年と言えば、PlayStation 2が発売された年。 シドニーオリンピックや九州・沖縄サミットが開催された、20世紀最後の年であった。そんな2000年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 274 view
【恋におちたシェイクスピア】第71回(1999年度)アカデミー賞を振り返る!【ロベルト・ベニーニ】

【恋におちたシェイクスピア】第71回(1999年度)アカデミー賞を振り返る!【ロベルト・ベニーニ】

1999年と言えば、DVDレコーダーが発売された年。 ノストラダムスの大予言や2000年問題などの不安も抱きつつ、ミレニアムを迎える前の最後の年として盛り上がった年であった。そんな1999年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 61 view
【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

1996年と言えば原爆ドームが世界遺産に登録された年。 イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ皇太子妃夫妻が離婚して話題になった年でもあった。そんな1996年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 121 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト