サザン及び桑田佳祐の音楽を変えた!小林武史の手腕とは?
2017年5月22日 更新

サザン及び桑田佳祐の音楽を変えた!小林武史の手腕とは?

80年代後半の桑田のソロワークスから始まった、桑田佳祐と小林武史のコラボ。アレンジャー・キーボーディスト・プロデューサーとしての手腕を如何なく発揮し、瞬く間に桑田の最も信頼するブレーンの一人となった小林は、名曲『真夏の果実』『希望の轍』などの製作においても、多大な影響力を及ぼしていきます。そんな桑田と小林の蜜月がどのように生まれ、また、どのように終わりを迎えたかについて振り返っていきます。

6,342 view

サザン及び桑田佳祐とコラボしていた、音楽プロデューサー・小林武史

1990年にリリースされた、サザンオールスターズ10枚目のオリジナルアルバム『稲村ジェーン』。『真夏の果実』『希望の轍』など、J-POP史に残る名曲を収録した名盤ですが、このアルバム、少し名義が変わっています。
 その名も「SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS」。いったい、なぜ「and ALL STARS」と付け加えられているのかというと、80年代後半に桑田のソロ活動をサポートしていたミュージシャンが、曲づくりに大きく関わっていたためです。会社組織でいえば、自社開発に加えて、アウトソーシングに係る比重が大きくなった、といったイメージでしょうか。

その新たな「オールスターズ」の中でも、特に重要な桑田佳祐のブレーンとして、サザンの音作りに多大な影響を及ぼした人物。それが、Mr.ChildrenのプロデューサーでMy Little Loverの元メンバーとして知られる小林武史です。
小林武史

小林武史

スイッチ 1999winter 特集:小林武史

88年リリースの『Keisuke Kuwata』が、初めての共作となる

小林と桑田、初めての共作となったのは、『稲村ジェーン』より約2年前にリリースされた、桑田初のソロアルバム『Keisuke Kuwata』。同アルバムにおいて、当時既に、アレンジャー・スタジオミュージシャンとして売れっ子だった小林は、コンピュータープログラマーの藤井丈司と共に、プロデューサーとして登用されています。

小林起用の背景には、1985年にリリースされたサザンのアルバム『KAMAKURA』の存在が大きく関係していたはずです。当時一世を風靡したテクノポップブームの波に乗り、YMOのアシスタントだった藤井丈司の全面協力のもと製作された本作は、打ち込みによる曲づくりが主体。サンプラーやデジタル・シンセサイザーを駆使したサウンドは、かなり実験的で刺激的ではあったものの、反面、これまでのサザン楽曲で見られた“バンドっぽさ”は希薄でした。だからこそ、ぬくもりのあるキーボードの音色で、「ポップス」感を曲に反映できるであろう小林を、桑田は必要としていたのでしょう。
桑田初のソロアルバム『Keisuke Kuwata』

桑田初のソロアルバム『Keisuke Kuwata』

1988年7月9日リリース。
「哀しみのプリズナー」「今でも君を愛してる」他、全12曲を収録。小林武史プロデュースによる。

「手の内を探り合いながらやっていた」と語った桑田佳祐

『Keisuke Kuwata』製作時の小林と桑田は、知り合ってまだ1年足らず。そんな事情もあり、「お互い必死で手の内を探り合いながらやっていたようなところがある」と、桑田は自著『やっぱり、ただの歌詞じゃねえか、こんなもん』の中で述懐しています。
 「手の内を探る」といっても、そこはプロの現場。遠慮などは一切なかったようで、事実、桑田は「アレンジの方向性として、A、B、C、どのパターンがいいですか?」と聞いてきた小林に対して「その良い部分だけを集めたDパターンで」などと、かなり曖昧かつ無責任な要望を押し付けていたようです。

そんな無理難題にもしっかりと対応し、洗練されたアレンジを提供し続ける小林に、桑田が全幅の信頼を置くようになったのは想像に難くありません。実際、アルバム製作後に桑田は「このアルバムのシェフは小林君、自分は素材として気持ちよく仕事ができた」と、小林へ最大限の賛辞を送っています。
『Keisuke Kuwata』の歌詞カード内部の写真

『Keisuke Kuwata』の歌詞カード内部の写真

写真には、若き日の桑田・小林・藤井が写っている。

『真夏の果実』『希望の轍』のイントロも小林のアイデアによるもの

そんな有能な小林を桑田は、サザンの活動にも引き入れていきます。初仕事は1988年6月にリリースされた『みんなのうた』。続くアルバム『Southern All Stars』(1990年)でもアレンジを担当。
そして、桑田×小林の才気が最高潮に煥発した作品が『稲村ジェーン』でした。
 特に、小林の「イントロ」における創造性は傑出しており、『真夏の果実』のハープとガット・ギターによる奥行ある音色も、『希望の轍』の軽快かつメロディアスなピアノ独奏も、小林のアイデアによるもの。さすがは、ミスチルメンバーから「イントロ大王」と呼ばれるだけのことはあるというものです。
サザン10作目のアルバム『稲村ジェーン』

サザン10作目のアルバム『稲村ジェーン』

1990年9月1日リリース

小林の才能に、桑田も脱帽?

こうしたキャッチ―な音を次々と紡ぎだす小林の作曲家としてのセンスに、桑田は嫉妬さえ感じたに違いありません。同時に、他のサザンメンバーと比するまでもない音楽的素養のため、絶対的フロントマンとして同グループに君臨していた桑田にとって、自分の才能を脅かす小林の存在は、ビートルズにおける「ジョンvsポール」の構図になぞらえるかの如く、刺激的でもあったはず。

 かくして桑田が小林へ寄せる信頼は、いよいよ絶対的なものになっていきます。91年のソロライブで「彼が嫌だと言っても、これからのサザン関係に巻き込んでいきます!」と発言したことからも、これからも末永く、桑田と小林の蜜月は続いていくかに思われました。
桑田のソロライブ『アコースティック・レボリューション』...

桑田のソロライブ『アコースティック・レボリューション』(1991年)

このライブにおいて、「サザンに小林を巻き込んでいく」と口にするも…。

シングル『クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)』以降、小林の登用はなし

11枚目のアルバム『世に万葉の花が咲くなり』(1992年)、シングル『クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)』(1993年)のリリースを最後に、桑田はサザン及び自身のソロ活動に小林を呼ばなくなります。
桑田曰く、「(小林が)危ないヤツと分かった」からなのだとか。これは決して、小林の人間性を否定していたわけではありません。有能な外部社員・小林を重用し過ぎるあまりに、立ち上げ時からの仲間である他のサザンメンバーをないがしろにすることを恐れた、株式会社サザンオールスターズ社長・桑田の経営判断だったのです。

しかし、2006年、小林が主催する『ap bank fes』へ桑田が出演するなど、決して、2人の交流が無くなったわけではありません。小林は「また一緒に仕事がしたい」と言っているようですし、いつの日か、“奇跡のコラボ”が復活することを期待したいものです。
サザン34作目のシングル、クリスマス・ラブ (涙のあと...

サザン34作目のシングル、クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)

1993年11月20日リリース
(こじへい)
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【漫画で芸能事件簿】ビートたけしが「稲村ジェーン」を批判!桑田も反論!その後たけしはサーファー映画を製作【解説付き】

【漫画で芸能事件簿】ビートたけしが「稲村ジェーン」を批判!桑田も反論!その後たけしはサーファー映画を製作【解説付き】

1990年公開の桑田佳祐による初監督作品『稲村ジェーン』。しかし、同作をビートたけしが批判。ひと騒動となったが、その後沈黙。一年後、北野武として同じサーファー映画を撮っている・・・。イラストレーター・並木モッズの4コマ漫画で振り返る!
並木モッズ | 4,818 view
サザンオールスターズの名付け親・宮治淳一が、製作に深く関わり、桑田佳祐も出演した映画 『茅ヶ崎物語』が完成!

サザンオールスターズの名付け親・宮治淳一が、製作に深く関わり、桑田佳祐も出演した映画 『茅ヶ崎物語』が完成!

『パーク アンド ラブホテル』の熊坂出監督の最新長編映画『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』が完成。6月25日(日)に行われる茅ヶ崎映画祭特別招待作品としてワールドプレミア上映されることが決定した。桑田佳祐と同級生だったという宮治淳一も製作に関わっている。
【真夏の果実】サザンオールスターズ屈指の名曲をあらためて振り返る

【真夏の果実】サザンオールスターズ屈指の名曲をあらためて振り返る

1990年にリリースされたサザンオールスターズ屈指の名曲「真夏の果実」。いまでも色褪せないこの名曲をあらためて振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 3,700 view
【漫画で芸能事件簿】桑田佳祐と長渕剛がライブ中に仲違い!ドラマ『とんぼ』でサザンの曲をクソみたいな歌と痛烈批判!

【漫画で芸能事件簿】桑田佳祐と長渕剛がライブ中に仲違い!ドラマ『とんぼ』でサザンの曲をクソみたいな歌と痛烈批判!

桑田佳祐と長渕剛の仲違いが世間を騒がせた時期があった。サザンのライブに招かれた長渕がちょっとした事から激怒し、仲違いしてしまった。人気ドラマ『とんぼ』でのワンシーンを絡めながらイラストレーター・並木モッズの4コマ漫画で振り返る!
並木モッズ | 9,857 view
「栞のテーマ」「イエローマン」など、あんまりヒットしなかったサザンの曲特集

「栞のテーマ」「イエローマン」など、あんまりヒットしなかったサザンの曲特集

『TSUNAMI』『涙のキッス』『いとしのエリー』など、数多くのヒット曲を生み出しているサザンオールスターズ。しかし、長きに渡るキャリアを振り返ると、当然、売れなかった佳曲も存在しました。そこで今回、サザンのシングルの中で、まったく売れなかった作品をいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。
こじへい | 2,854 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト