【里見浩太朗】現在も活躍中の大物・時代劇俳優!プロフィール・出演作品まとめ
2020年9月1日 更新

【里見浩太朗】現在も活躍中の大物・時代劇俳優!プロフィール・出演作品まとめ

芸歴は半世紀を超える大物の時代劇俳優。近年ではテレビドラマにも出演されるようになり、その独特の個性を発揮して活躍されています。そんな里見浩太朗さんに注目し、今回はプロフィールや出演作品をまとめました。ぜひ記事をご覧になって、ご一緒に活躍ぶりを振り返っていきましょう。

621 view

現在も活躍中の時代劇俳優・里見浩太朗さん

里見浩太朗さんのプロフィール

里見浩太朗さんのプロフィール

本名  :佐野邦俊
別名  :鏡小五郎
     富士川一夫
     風間太郎
     里見浩太郎
生年月日:1936年11月28日
出生地 :東京都渋谷区
血液側 :A型
職業  :俳優・歌手
活動期間:1957年~

里見浩太朗さんの経歴

生い立ち

https://www.irasutoya.com/2017/03/blog-post_448.html (2219947)

帝国陸軍の憲兵だった父親、静岡県出身の母親、その二人の間に生まれた里見浩太朗さん。
父親は、里見浩太朗さんが一歳のときに中国で戦死されており、実質的には、母親と兄の三人といった家族構成で母子家庭という環境下で育ちました
父親の恩給だけでは生活が成り立たず、母親は鈴岡県にある実家を頼り、縫い物の内職をして家計を支えていたそうです。
中学生だった頃はテニス部で汗を流し、高校生になると音楽部に所属していた里見浩太朗さん。高校卒業後、『NHKのど自慢』に出場する機会があって合格しています。この経験から、里見浩太朗さんは築地の魚市場を営む叔父の会社で働きながら、本格的に芸能界を目指すようになります。

芸能界デビュー

https://www.irasutoya.com/2018/12/blog-post_566.html (2219964)

1956年、東映のニューフェイスに合格して入社。その翌年には映画『天狗街道』に出演して俳優デビューを飾ります。1958年に公開された映画『金獅子紋ゆくところ』では初主演を務め、主題歌『金獅子紋道中歌』にて歌手デビューも果たしました。
その後、時代劇には欠かせない存在として活躍するようなります。時代劇以外では、社会的なテーマを扱った作品や任侠映画・歌謡映画にも出演されており、俳優として確固たる地位を確立されました。
日本映画の勢いが衰えていくと、活動の場をテレビドラマに移行。1970年、芸名を『里見浩太郎』から現在の『里見浩太朗』に改名し、時代劇を中心に活躍されます。
https://www.irasutoya.com/2017/05/blog-post_807.html (2219972)

里見浩太朗さんといえば、時代劇『水戸黄門』を思い浮かべるユーザーも多いでしょう。
現時点では、助さん・格さんや水戸國光といった主要人物の三役全てを演じた唯一の俳優としても功績を残しています。
1970年代から1980年代においては、東京テレビ系列で放送されていた『大江戸捜査網』、テレビ朝日系列放送の『長七郎天下ご免!』、日本テレビ系列放送の『長七郎大江戸日記』といった作品でも主演しており、時代劇俳優として大いに存在感を発揮されました。
さらには”主婦のアイドル”といったイメージも確立しており、歌手として、コンサートやディナーショーといった催しも精力的にこなしています。

近年の活躍ぶり

1990年代からはNHKの大河ドラマにも出演するようになり、2000年代に入ると、現代劇といった分野のドラマ作品にも進出しています。テレビ東京系列放送の『信濃のコロンボ』シリーズをはじめ、フジテレビ系列放送の『リーガル・ハイ』といった作品の出演は記憶に新しいところといえるでしょう。
時代劇俳優としても新境地にチャレンジされており、2013年に放送されたテレビ朝日系列の『必殺仕事人2013』では、芸歴55年余りにして初めて悪役を務めました。現在の活躍ぶりについては、里見浩太朗さんのオフィシャルHPに詳細が掲載されています。
里見浩太朗さんは80歳を超えているはずですが、精力的に時代劇ドラマの出演や舞台公演をこなしており、年齢的な衰えといった様子を微塵も感じさせません。このまま生涯現役を貫いて、これからもまだまだ私たちを楽しませてくれそうですよね。

里見浩太朗さんにまつわるエピソード

拳銃所持の容疑で逮捕

1963年、里見浩太朗さんは山城新伍さんと共にハワイ旅行をした時のエピソード。
現地でSW22口径コルトを購入して、そのまま日本に持ち込んでしまったのだそうです。この拳銃は、後に山口組系の暴力団組員に売却されて、当時、警察が進めていた暴力団壊滅作戦によって、里見浩太朗さん・山城新伍さんによって国内に持ち込まれたことが明らかになりました。
二人揃って逮捕され、起訴。懲役10ヵ月・執行猶予3年の判決が下っています。

ご結婚・家族構成について

53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】昭和を代表する悪役・内田勝正さん死去。水戸黄門、大岡越前、大江戸捜査網など

【訃報】昭和を代表する悪役・内田勝正さん死去。水戸黄門、大岡越前、大江戸捜査網など

昭和から平成にかけ、数々のドラマで悪役として活躍した俳優・内田勝正さんが、肝臓がんのため1月31日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。
隣人速報 | 1,834 view
バーのお洒落なBGMと化した「暴れん坊将軍」!その優雅な暴れっぷりが話題に!!

バーのお洒落なBGMと化した「暴れん坊将軍」!その優雅な暴れっぷりが話題に!!

日本を代表する時代劇のひとつである「暴れん坊将軍」。その迫力あるオープニングは、誰もが聞き覚えがあると思います。そんな暴れん坊将軍のBGMを「バーでバレずに弾く方法」が現在SNSを中心に話題となっています。一体どういう事なんでしょうか?
隣人速報 | 1,225 view
時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《水戸黄門編》

時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《水戸黄門編》

「時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《時代劇一般編》」では時代劇に共通したものをご紹介しましたが、今回は『水戸黄門』に特化したお決まりシーン・フレーズを列挙してみようと思う。さて、どのようなものがあるでしょうか?
水戸黄門の悪役歴代出演回数ベストテン!!

水戸黄門の悪役歴代出演回数ベストテン!!

かつて70年代のテレビ視聴率40%以上を誇った水戸黄門に出演した悪役たち、その人たちの横顔を歴代出演回数が多い順に紹介します。
誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりの中で私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は誰もが知ってる「イントロ」特集です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト