「関根恵子」と「松坂慶子」が看板女優の大映青春映画『レモンセックスシリーズ』
2016年1月26日 更新

「関根恵子」と「松坂慶子」が看板女優の大映青春映画『レモンセックスシリーズ』

昭和40年代に突入すると、テレビに主役の座を奪われてしまった映画業界。日活はロマンポルノへ、東映はバイオレンス&異常愛欲(いわゆるエログロ)に活路を求める傍ら、既に風前の灯火と化し、切迫していた大映が打ち出した路線こそ、《レモンセックスシリーズ》でした。このレモンセックスシリーズの看板女優の「関根恵子」さんと「松坂慶子」さんの作品、および映画「いそぎんちゃく」など“軟体動物シリーズ”で有名な「渥美マリ」さんの作品を振り返ってみましょう。

62,961 view

大映青春映画『レモンセックスシリーズ』

昭和40年代に突入するや、テレビのモーレツな台頭により、映画は娯楽の王様の座を呆気なく奪われてしまう。

一気に斜陽の道に転がり落ちた惨状の最中、人気再燃の策を練る各製作社の出した答えの1つが《エロへの傾倒》である。

要は、裸・セックスで客を呼ぼうと云う、極めて安直なアイデアだが、それまでタブー視されてきたテーマにスポットを当てた取り組みは、日本の性カルチャーの表現及び認識において大きな転換期を迎える事になった。

日活はロマンポルノへ、東映はバイオレンス&異常愛欲(いわゆるエログロ)に活路を求める傍ら、既に風前の灯火と化し、切迫していた大映が打ち出した路線こそ、《レモンセックスシリーズ》である。

等身大の学生たちの抱く初々しいセックス観をドラマに取り入れ、新たな青春映画像を構築しようと試みたのだ。

旧大映末期(1970~71年)の看板女優『関根恵子』

関根恵子(現・高橋恵子)

関根恵子(現・高橋恵子)

高橋 惠子(たかはし けいこ、1955年1月22日 - )は、日本の女優。血液型AB型 身長162cm。本名:同じ、旧芸名・旧姓:関根 恵子(せきね けいこ)。北海道川上郡標茶町磯分内出身。小学6年生からは、東京都府中市で育つ。
(出典:Wikipedia「高橋惠子」)
https://ja.wikipedia.org/wiki/高橋惠子
旧大映末期(1970~71年)を、看板女優として支えた関根恵子。思春期の性の目覚めや、処女喪失、学生妊娠、心中といった青春の傷みを、15~16歳の若さで担い、日本の青春映画史における記念碑となった“レモンセックス”シリーズ

関根恵子の主演映画「ラブレター」(1981年)(26歳頃) にっかつロマンポルノ10周年記念エロス大作。

関根恵子の主演映画「ラブレター」(1981年)(26歳頃)予告編 - YouTube

『ラブレター』は、1981年公開の日本映画。東陽一監督、関根恵子(現・高橋惠子)、中村嘉葎雄主演。にっかつロマンポルノ10周年記念エロス大作。カラー / ワイド / 83分。

詩人・金子光晴と34歳年下の女性の、30年にも及んだ愛人生活に取材した江森陽弘のノンフィクション作品『金子光晴のラブレター』が原作。ロマンポルノの枠を超えた異色の豪華キャストと成人映画色を抑えた宣伝のおかげで、女性客が上映館に足を運ぶ異例のヒットとなり、にっかつロマンポルノ史上最高の興行収入を上げた。封切時の併映は、『モア・セクシー 獣のようにもう一度』(加藤彰監督、畑中葉子主演)。
タイトルのラブレターは、手紙ではない。
(出典:Wikipedia「ラブレター (1981年の映画)」)

関根恵子(現・高橋恵子)主演のレモンセックス路線「高校生シリーズ」

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生ブルース』(1970年)

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生...

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生ブルース』(1970年)

『高校生ブルース』(こうこうせいブルース)は、1970年8月22日公開の日本映画。原作は柴田成人の『傷だらけの十六歳』。

当時15歳の関根恵子が初主演し、体当たりの演技で挑んだ話題作。

16才の美子は、同じクラスの昇と自然な成り行きで関係を持った後、自分の胎内に生命のめばえが息づくのを感じた。性に関して無知だった美子は、葛藤のあげく狼狽する昇に「私のお腹を思いっきり踏みつけて欲しいの」と告げる・・・・。

出典:角川映画「高校生ブルース」
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/koukouseiblues/
当時15歳の関根恵子(現:高橋惠子)がフルヌードで体当たりの演技を見せ、鮮烈なデビューを飾った衝撃作。“レモンセックスシリーズ”の第一弾として位置づけられている。
関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生...

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生ブルース』(1970年)

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生...

関根恵子(現・高橋恵子)(15歳頃)の主演映画『高校生ブルース』(1970年)

妊娠する女子高校生という当時としては衝撃的な役を演じ、ヌードだけではなく、白いパンティに透けたアンダーヘアや、透け透けのネグリジェ姿を披露するなど、15歳とは思えない大胆な演技で、話題を集める。

関根恵子(15歳頃)の主演映画『新・高校生ブルース』(1970年)

関根恵子(15歳頃)の主演映画『新・高校生ブルース』(...

関根恵子(15歳頃)の主演映画『新・高校生ブルース』(1970年)

1ヵ月後に迫った学園祭までに童貞を捨てる!と同盟を組んだ健次・正樹・亘の3人組は、同級生からグラマー女教師まで手当たり次第に声をかける。一方健次はクラスのマドンナ・京子にアタックするが、京子の部屋で正樹からのラブレターを発見してしまう。果たして3人は想いを遂げられるのか!?

出典:角川映画「新・高校生ブルース」
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/sin_koukouseiblues/
柴田成人の原作「京子ちゃん心配しないで」を、関根恵子の主演で映画化。

童貞を捨てようとする3人の高校生のドタバタを描いた青春学園ドラマ。岡田正樹(水谷)、和島亘(菅野)、椎名健次(内田)の3人は、学園祭までに童貞を捨てようと決意。椎名は、学校一の美人の田村京子(関根)にアタックするが・・・。関根恵子の裸身が眩しい、「高校生ブルース」第二弾。

~第1作の続編ではなく、童貞喪失に躍起になる3人組が愛の大切さに気づくまでを描く、王道の青春ムービー~
左から水谷豊さん、内田喜郎さん、菅野直行さん。

左から水谷豊さん、内田喜郎さん、菅野直行さん。

『新 高校生ブルース』は、童貞を捨てようとする3人の高校生のドタバタを描いた青春学園ドラマ。
童貞をもてあましている高校生3人組の健次(内田喜郎)、正樹(水谷豊)、亘(菅野直行)は1か月後の学園祭までに童貞を捨てるべく“フラレタリア同盟”を結成し、手当たり次第に女性に声をかけていく。そんな中、健次は幼なじみの京子(関根恵子)にアタックするが…。

『高校生ブルース』のヒットを受けて、その原作者・柴田成人の『京子ちゃん心配しないで』を同作の帯盛迪彦監督が映画化。

主演ももちろん関根(現・高橋)恵子で、デビューから半年にして彼女は旧大映最後の正月映画を飾る青春スターへと登り詰めることになった。

本作では昔も今も変わらない思春期の性への憧れがテーマとなっているが、今とは大分異なる70年代初頭の世相が反映された描写の数々は、どこか恥ずかしくもあり、懐かしくもあり。いずれにせよ、関根恵子の初々しさが大いに魅力的な作品であることだけは間違いない。(的田也寸志)
関根恵子(15歳頃)の主演映画『新・高校生ブルース』(...

関根恵子(15歳頃)の主演映画『新・高校生ブルース』(1970年)

65 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

ミドルエッジ男子必見!1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして蘇りました。
隣人速報 | 9,580 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 533 view
【吉永小百合や加賀まり子】昭和の時代を彩った美しい名女優たち。

【吉永小百合や加賀まり子】昭和の時代を彩った美しい名女優たち。

吉永小百合や加賀まり子、昭和の銀幕を彩った名女優には驚くほどに美しい方が多くいました。gooランキングのベスト10を拝借し、なかでも人気だった美しい女優の画像を並べてみました。
青春の握り拳 | 47,204 view
【訃報】昭和を代表する悪役、山本昌平さん死去。電撃戦隊チェンジマン「ギルーク司令官」など

【訃報】昭和を代表する悪役、山本昌平さん死去。電撃戦隊チェンジマン「ギルーク司令官」など

昭和から平成にかけて主に悪役として活躍を続けてきた俳優・山本昌平さんが10月30日、肺炎のため都内の病院で亡くなっていたことが所属事務所の発表により明らかとなりました。82歳でした。
隣人速報 | 3,386 view
ブルース・リーの生誕79周年!ブルース・リーへの痛快なオマージュが話題のインド映画『燃えよスーリヤ!!』が公開!

ブルース・リーの生誕79周年!ブルース・リーへの痛快なオマージュが話題のインド映画『燃えよスーリヤ!!』が公開!

2018年に開催された第43回トロント国際映画祭の<ミッドナイト・マッドネス部門>にて観客賞を受賞したインド映画『燃えよスーリヤ!!』が、2019年12月27日よりTOHOシネマズシャンテほか全国の映画館で公開されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 646 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト