【堀ちえみ】苦難を乗り越える健気な主人公がハマリ役だった!大映ドラマ3作品
2022年9月13日 更新

【堀ちえみ】苦難を乗り越える健気な主人公がハマリ役だった!大映ドラマ3作品

1980年代に一世を風靡した大映ドラマ。悲劇のヒロインを主人公とした作品が多く、大映ドラマの鉄板ストーリーでした。主人公を演じた女優の中で、特にハマリ役だったのが堀ちえみ。苦難を乗り越えようとするいじらしい演技がぴったりでした。今回は、彼女が主演した全3作品をご紹介します。

659 view

堀ちえみが主演した大映ドラマ

堀ちえみが主人公を演じた大映ドラマは、次の3作品です。

スチュワーデス物語(1983年10月18日 - 1984年3月27日)
スタア誕生(1985年4月10日 - 1985年11月6日)
花嫁衣裳は誰が着る(1986年4月23日 - 1986年10月15日)


いずれも苦難を乗り越えるヒロインを演じ、彼女のいじらしく健気な演技が共感を呼びました。

大映ドラマの主演はこの3作品のみで、ドラマ終了から半年後の1987年3月、彼女は突然芸能界引退を表明します(1989年に復帰)。

スチュワーデス物語

『スチュワーデス物語』は、1983年10月から22回にわたって(総集編のぞく)、TBS系列で放送された大映ドラマです。堀ちえみの女優としての代表作で、「ドジでのろまな亀」「教官!」は当時の流行語になりました。

ドラマのあらすじ

彼女が演じたのは、主人公の松本千秋日本航空のスチュワーデスを目指す訓練生で、同期では最年少で妹分のような存在でした。何をやっても失敗する落ちこぼれで、自称「ドジでのろまな亀」。一方、訓練をどんどんこなしていく仲間のことは「利口ではやい兎」と呼んで自分の目標にします。ひたむきで意外に度胸があり、どんなに失敗しても決してあきらめることはなく、思いを寄せる担当教官村沢浩(演:風間杜夫)や訓練生の仲間に助けられながら、厳しい訓練を乗り越えていきます。

教官の村沢とは両思いの関係になりますが、村沢にはすでに婚約者がいました。それが、新藤真理子(演:片平なぎさ)。二人は元々恋人同士で、彼女はピアニストを目指していましたが、村沢のせいで両手の指を骨折。義手の装着を余儀なくされ、ピアニストの夢を断念します。その後は、村沢への憎しみから、彼に対して嫌がらせをするようになり、両手袋を歯で外して義手を見せるシーンは、ドラマの定番になりました。そして、彼女の嫌がらせは、村沢が本当に愛する松本千秋にまで及びます。
スチュワーデス物語

スチュワーデス物語

教官との再会

ドラマ放映から30年経った2013年のテレビ番組で、共演した風間杜夫との対談がありました。「ドジでのろまな亀」の誕生秘話に触れ、元々は「グズでドジでのろまな亀みたいな人間ですけど」という長いセリフだったのが、いつの間にかコンパクトになったようです。風間杜夫も、街を歩いているといまだに「教官!」と呼ばれることがあるとか。

以下の堀ちえみのブログは、2017年に別の番組で再会した時の様子です。

スタア誕生

『スタア誕生』は、1985年4月から28回にわたって、フジテレビ系列で放送された大映ドラマです。堀ちえみ主演では最長の連続ドラマで、感情移入した視聴者からの大反響が話題になりました。因みに、当初のドラマ名は『スター誕生』でしたが、日本テレビからクレームがあったため、本題に変えられました。

ドラマのあらすじ

彼女が演じたのは、主人公の河田順子。幼い頃から胸の痛みを患う少女で、長野県の高校の演劇部に所属し、将来は女優になることを目指します。ところがある日、彼女の前に実の父である加賀幸平(演:梅宮辰夫)が出現。今の親は、育ての親であることを知ります。順子は上京し、加賀順子として実父、継母と暮らし始めました。

上京後も女優の夢は捨てず、三上淳一(演:若林豪)の開く三上アクターズスタジオの研究生となります。三上に演劇の才能を見出され、明るい未来が見えてきた矢先、頻発する胸の痛みは、実は不治の心臓病だったことが判明。それでも、三上の熱心な指導と、恋心を抱く主治医の広沢伸之(演:国広富之)のサポートにより、ひたむきにレッスンに励みます。一方、実父は、17年前の殺人容疑がかけられ、逃亡生活を送ることに。継母も事故で下半身が不自由になり、順子は、さらなる苦難の人生を歩み始めます。
スタア誕生

スタア誕生

異例の放送回数追加

当初は、26話までのストーリーでしたが、クライマックスに近づくにつれ、感情移入した視聴者から「死なせないで、スターにしてあげて!」という声が殺到。なんと、放送回数を2回増やす異例の措置で、トータル28回放送となりました。

以下の堀ちえみのブログは、2020年に賀来千香子と再会した時の様子です。

花嫁衣裳は誰が着る

『花嫁衣裳は誰が着る』は、1986年4月から24回にわたって、フジテレビ系列で放送された大映ドラマです。堀ちえみにとって引退前の最後の主演ドラマで、3作品の中では最も苦難の多い主人公を演じました。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

心をワシ掴みされるオープニングナレーションからはじまる大映ドラマのテーマ曲をまとめました。『スクール☆ウォーズ』や『不良少女とよばれて』等、「この物語は…」からはじまるナレーション&テーマ曲が流れ出した時の高揚感はハンパない!
ヤマダゴロー | 88,466 view
【80年代アイドル】「ドジでノロマな亀」の堀ちえみ、波乱万丈人生を振り返る!

【80年代アイドル】「ドジでノロマな亀」の堀ちえみ、波乱万丈人生を振り返る!

80年代前半に「教官!」「ドジでノロマな亀」などの流行語とともにお茶の間のアイドルの座を掴んだ堀ちえみ。電撃引退や再三の結婚離婚など波乱万丈な人生を振り返りつつその魅力に迫ってみます。
t.yoshidati | 11,820 view
【決め台詞も豊富】スチュワーデス物語【ヒロシ…】

【決め台詞も豊富】スチュワーデス物語【ヒロシ…】

大映ドラマは名作揃い! 「スチュワーデス物語」も面白かったですよね。 決め台詞も豊富でよく真似したものです。
かけつけ3杯 | 64,217 view
堀ちえみのアイドル時代の活躍と電撃引退の理由とは?【花の82年組】

堀ちえみのアイドル時代の活躍と電撃引退の理由とは?【花の82年組】

アイドルの当たり年と呼ばれた1982年にデビューした堀ちえみさん。フリフリの衣装に可愛い顔立ちで、ザ・アイドルといった風貌でしたよね。歌はもちろん、大映ドラマにも主演し歌手に女優に大活躍しました。そんな堀ちえみさんでしたが、人気もある中突然の電撃引退を果たしています。引退の理由とはなんだったのでしょうか?そこで今回は堀ちえみさんのアイドル時代の活躍や、電撃引退の理由について調査してみます。
そうすけ | 823 view
スクール☆ウォーズ、スチュワーデス物語、不良少女とよばれて…「X年後の関係者たち」で懐かしの 「大映ドラマ」が特集される!

スクール☆ウォーズ、スチュワーデス物語、不良少女とよばれて…「X年後の関係者たち」で懐かしの 「大映ドラマ」が特集される!

BS-TBSで放送中のトークバラエティ番組「X年後の関係者たち」1月31日23:00~放送分(再放送)にて、80年代に人気ドラマを多数制作した「大映テレビ」が特集されます。
隣人速報 | 704 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト