【ケニー】2016年、42歳で亡くなったケニー・イースタディさん。重度の障害に負けず明るく前向きに生きた彼を多くの人が知るきっかけとなった映画。
2018年10月26日 更新

【ケニー】2016年、42歳で亡くなったケニー・イースタディさん。重度の障害に負けず明るく前向きに生きた彼を多くの人が知るきっかけとなった映画。

映画「ケニー」で一躍有名となったケニー・イースタディさんが、2016年2月12日、42歳の若さでその生涯を終えました。下半身を欠いた重度障害者でありながらも、元気にスケボーを乗り回す姿が印象的だったケニーさん。最愛の女性と結婚、そして一番の夢だった子供も授かりました。ケニーさんを多くの人が知るきっかけとなった映画「ケニー」について。

110,127 view

カナダ、アメリカ、日本の合作による1987年の映画「ケニー(KENNY the KID brother)」

下半身を失ったままで生きる重度障害児として1980年代に話題となった実在の人物ケニー・イースタディの物語で、ご本人が出演しました。

この映画「ケニー」は、日本ユニセフ協会推薦作品で、私自身は中学生のときにこの映画を鑑賞しました。

「障害を抱えた人間が必死に生きる」というよりも、「障害にも負けず普通に生きようとする」ケニー少年の姿が、爽やかに胸を打った映画だったと憶えています。
映画「ケニー」

映画「ケニー」

下半身の無い少年「ケニー・イースタディ」の、少年期を綴った映画。

スケボーを自在に操り、義足を嫌う少年ケニー。

「もし僕がなにか障害をもってるって言うんなら、それは(僕じゃなくって)この役立たずの足の方だよ」

優しくて明るくケニー少年の姿が、とても印象に残る映画でした。

Kenny Easterday, first scene in The Kid Brother

映画「ケニー」のあらすじ

12歳のケニー少年の家を、テレビ局が訪問

12歳のケニー少年の家を、テレビ局が訪問

アメリカのペンシルベニア州に住む12歳のケニー少年は、下半身を欠いた重度障害児ながら、不自由を感じさせずに明るく生きている。

ある日、彼の家へテレビ局が取材に訪れる。感動的な家族愛の演出を好むテレビ局に対し、ケニーの家族たちは当惑気味。
祖父母のもとへ預けられていたケニーの姉シャンロンケイが登場

祖父母のもとへ預けられていたケニーの姉シャンロンケイが登場

そこへ、ケニーの姉のシャロンケイがやって来る。
ケニーの幼少時、両親はケニーの世話が精一杯で、手の回りきらないシャロンケイを祖父母のもとへ預けていた。

タレントを夢見るシャロンケイはテレビに出られて大喜びで、ケニーも姉と暮らせることを喜ぶ。だが取材班が去るや、シャロンケイは家族の制止を振り切って家を出る。
姉を追いかけてヒッチハイクの旅に出るケニー

姉を追いかけてヒッチハイクの旅に出るケニー

ケニーは姉に真意を問うべく単身、姉のいるピッツバーグを目指してヒッチハイクの旅に出る。

田舎町から大都会へ、生まれて初めての一人旅。初めて見るケニーの姿に驚く人々の中、ケニーの旅は続く。
ケニーとシャンロンケイの間に師弟愛が生まれる

ケニーとシャンロンケイの間に師弟愛が生まれる

そしてピッツバーグ。シャロンケイは突然の弟の来訪に驚きつつ真意を吐露する。

ケニーの誕生当時、彼の世話に明け暮れる家族がシャロンケイにかまわなくなったので、彼女は家族を憎むようになり、弟を愛していながらも軋轢に耐え切れずに家を出ていた。

その言葉にケニーは衝撃を受けながらも、真意を知ったことで真の姉弟愛が生まれ、家族愛が深まるに至る。
1987年度のモントリオール世界映画祭で最優秀作品賞を受賞、ベルリン国際映画祭のユネスコ賞を受賞、ほかにも多くの賞を受賞しました。

ハンディを負いながらも健気に生きる感動ドラマとして成立する題材ながら、実際には明るい少年とごく普通に生きる家族を捉えたことで普遍性のあるファミリードラマに仕上がっていると評価されています。

カナダの映画監督クロード・ガニオンがアメリカの写真雑誌『ライフ』でのケニーの特集を読んで映画化を思い立つ

アメリカ、メキシコ、フランス、日本など計8か国から300人が参加して製作された。下半身のないままで生きるケニーの撮影には特撮は一切用いずにケニー本人が出演しており、彼の兄も兄役で実名のまま出演している。

ガニオンにとってはプロの俳優でない人物の出演による作品は本作が4作目となった。プロの俳優でない人物の出演についてガニオンは、ハリウッドスターのような役をこなすことはできないことを認めつつも、個別の作品で達成しうる演技の品質という意味では素人もプロにも違いはないと語っている。

ケニーが自ら出演した理由は、ありのままの自分を視聴者に見せることで、ハンディキャップを持つ人々を少しでも元気づけ、障害者を社会の一員として認めさせたいという気持ちからのものだが、ケニーがガニオンと親友となったことも理由の一つだった。

撮影にあたっては作為的な場面を排除し、ケニーのありのままを撮ることが心がけられており、イヌに襲われるケニー、ケニーを拒否する実姉、ケニーと家族や町の人々との交流など、日常のエピソードが忠実に再現されている。

Amazonで中古のVHSが多少あるようです

Amazon.co.jp: ケニー【日本語吹替版】 [VHS]: ケニー・イースタディ, クロード・ガニオン: ビデオ

Amazon.co.jp: ケニー【日本語吹替版】 [VHS]: ケニー・イースタディ, クロード・ガニオン: ビデオ

ケニー・イースタディさんについて

ペンシルベニア州ビーバー郡に生まれる

ペンシルベニア州ビーバー郡に生まれる

アメリカのペンシルベニア州ビーバー郡の田舎町アリキッパに産まれました。

出生時に脊椎が途中までしかない未発達状態で、さらに脚も細く腰のあたりで折れ曲がっていたたために、脊髄の神経が途切れていて下半身はまったく動かず、感覚すらありませんでした。
下半身がないハンディキャップを自力で克服

下半身がないハンディキャップを自力で克服

動かない脚を引きずるより、脚を切断すれば体の負担が軽減される可能性が医師から示唆され、両親が半年におよぶ苦悩の末、息子が自力で人生を切り開くことを信じて切断手術に同意しました。

大きなハンディキャップを背負うこととなったケニーさんですが、下半身を欠きながらも、誰からも教わることなく2本の腕だけで上半身を支え、腕を脚代りに使って歩くことを憶えて奇跡的な成長を続けました。

通学時や外食時は、周囲の人々を脅かさないようにとの配慮から下半身を模した義足も用意され、この義足をつけて車椅子に乗ることもあったそうですが、本人は自由が束縛されるこの義足を非常に嫌がり、もっぱら義足なしで両手で動き回ることを好んだようです。
出典 t1.kn3.net
スケボーを自在に操る姿が象徴的に

スケボーを自在に操る姿が象徴的に

ケニーと親しい自宅近所の男性が「スケートボードがあれば楽に動き回れるかもしれない」と思いつき、スケボーをプレゼントしました。

ケニーは初めてスケボーに乗ったとき、まるで以前から乗っていたかのように自在に乗り回すようになり、その腕前は町の皆が舌を巻くほどでした。
映画「ケニー」で一躍有名に

映画「ケニー」で一躍有名に

その後、20代となったケニーさんは一度結婚したものの結婚生活がうまくいかずに離婚したこと、車椅子なしでの生活を貫いていること、多くの失敗にも負けずに前向きに生きていることなどを綴った書を寄せました。
その後、最愛の人との間に子供を授かりました

その後、最愛の人との間に子供を授かりました

フィアンセのニッキさんとの間に最愛の娘「デジレ」を授かりました。
その後は、ニッキさんの2人の連れ子といっしょに新しい家庭をつくっていたそうです。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,890 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

映画「私をスキーに連れてって」から今年で30周年を迎えるのを記念し、東京都内にて「ホイチョイ・プロダクション」の当時の関係者らが参加するトークイベントが開催されます。J-WAVEも特別上映会を開催します。
隣人速報 | 5,094 view
ファミコン「ルパン三世 パンドラの遺産」は名作映画「カリオストロの城」のその後をゲームで楽しめた!

ファミコン「ルパン三世 パンドラの遺産」は名作映画「カリオストロの城」のその後をゲームで楽しめた!

ファミコンソフト「ルパン三世 パンドラの遺産」は、1987年にナムコから発売されたアクションゲームです。映画『ルパン三世 カリオストロの城』のその後を描いたストーリー内容で、ルパン、次元、五右ヱ門などお馴染みのキャラクターがこのゲームに登場しました。
ニコニコ | 10,406 view
市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

映画『BU・SU』は、1987年に公開した市川準が監督デビューした作品です。ひねくれてしまった性格ブスの女の子が成長していく物語です。当時18歳だった富田靖子が主演を務めました。
星ゾラ | 5,829 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト