【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』
2016年11月25日 更新

【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』

150km/hの速球を軽々とスタンドに放り込む強打者達のバットが、彼の細腕から放たれた130km/h代の直球によって次々と空を切っていく。その「遅球」を駆使し、11年連続2桁勝利を達成。オリックスの連覇にも貢献した星野伸之投手の球歴を振り返る。

14,132 view

星野投手の球歴

星野投手は旭川工業高校から1983年、阪急ブレーブスに入団する。183cmの長身サウスポーがドラフト5位という低評価だったのは、その「線の細さ」と「直球の遅さ」であった事と無縁ではない。この細身で球も速くない星野投手がその後、11年連続二桁勝利を記録するなど、パ・リーグを代表する投手として活躍することなど、入団当時は誰も(恐らく本人も)想像しえなかったことでしょう。
 (1558175)

高卒の2年目で早くも星野投手は一軍初登板を果たし、リリーフでプロ初勝利を挙げます。
1987年には、パ・リーグ5球団完封を含むリーグ1位の6完封を記録して11勝を記録。
この年から1997年まで11年連続2桁勝利を挙げ、パリーグを代表する投手となっていくのです。

星野投手の特徴

星野投手の主な球種は、最速でも130km/h位の速球に90km/h台のスローカーブ。
110km/h前後のフォークボールの3種類。プロ野球の先発投手としては、非常に少ない球種で勝負する投手でした。当時のパリーグには伊良部秀輝投手など150km/h台のストレートを投げるパワーピッチャー全盛の時代。そんな時に40km/h以上のスローカーブとの緩急差によって、バッターには星野投手の130km/hの速球が数字以上に速く見えたと言われています。
ロッテ時代の伊良部投手

ロッテ時代の伊良部投手

球史に残る「この1球」

球史に残る「珍プレー」が起こったのは、1990年9月20日の対日本ハム戦(東京ドーム)での事。
星野投手が投げたカーブがすっぽ抜けた。すると、捕手の中嶋聡が右手で直接捕球。しかも星野投手よりも明らかに速い返球をしたのだった。この事態を目撃した観客達からは失笑が起こりました。
すっぽ抜けだったとはいえ、星野投手のスローカーブがいかに「遅球」であったのかを示すエピソードです。

星野投手の投げたスローカーブを・・・

出典 youtu.be

オリックスのリーグ優勝に貢献(95年)

さて個人としては、パリーグを代表する投手として確固たる地位を築いていった星野投手。
チーム成績はどうだったかというと…当時は西武ライオンズが黄金時代。
その為、星野投手は優勝を経験する事もありませんでした。
(星野投手が入団一年目の年にチームはリーグ優勝していたものの、星野投手はこの年1軍での登板経験無し)
「ブルーサンダー打線」と呼ばれる強力打線を擁したオリックスは開幕前に「優勝候補」に挙げられる事もありました。ですが、いざペナントレースが始まると西武に置いていかれる…というシーズンが何年も続いていました。そして1995年、あの運命のシーズンが始まるのです。
 (1558172)

95年1月17日に発生した「阪神淡路大震災」により、オリックスの本拠地がある神戸の町は甚大な被害を受けました、多くのオリックスファンも被災しました。そんな人々を励まそうと「がんばろう神戸」という言葉をユニフォームに縫いこんだオリックスの選手達は躍動。リーグ優勝を果たすのです。
この年、星野投手は11勝を挙げ(8敗)大きく優勝に貢献するのです。
 (1558171)

95年、オリックスと日本シリーズで対決したのは、野村監督の掲げるID野球がチームに浸透したヤクルト。当時からヒットを量産していたイチロー選手をヤクルト投手陣&古田捕手が完全に押さえ込んだ事も影響し、1勝4敗でオリックスは敗れるのです。

95年の日本シリーズでの星野投手のピッチング

説明
出典 youtu.be

オリックス日本一に貢献(96年)

日本一を逃して迎えた96年シーズン、オリックスは日本ハムとの熾烈な優勝争いを展開します。
その中で、星野投手は13勝5敗(勝率.722)という成績を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得。
オリックスはパリーグ連覇を果たすのです。
 (1558173)

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

「暗黒時代」阪神のエースとしてローテーションを守っていた野田浩司投手は、電撃的なトレードによってオリックスに移籍する。このトレードが彼とオリックスの運命を大きく変えていく。その一方、野田投手を放出した阪神は…。
和尚 | 12,742 view
「チュウ」と呼ばれた男・村田真一の現役時代を改めて振り返ろう!

「チュウ」と呼ばれた男・村田真一の現役時代を改めて振り返ろう!

2008年「あの人」が巨人の打撃コーチに就任することが発表されると「あの人打撃コーチやるほど現役時代打ってたっけ?」と巨人ファンから驚きの声が上がりました。 そんな「あの人」村田真一さんの現役時代を改めて振り返る。
和尚 | 13,003 view
【平井正史】かって被災者の想いを乗せてマウンドに上がったストッパーは、不死鳥の如く蘇った!

【平井正史】かって被災者の想いを乗せてマウンドに上がったストッパーは、不死鳥の如く蘇った!

「がんばろう神戸」ユニフォームに縫い付けられたこの言葉と共に、オリックスの選手達は戦い続けた。 球史に残る1995年そして1996年のペナントレース。そして平井投手の球歴を振り返る。
和尚 | 4,340 view
神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

1997年に超大型助っ人として阪神に入団した「グリーンウェル」って覚えてますか?この記事では彼の成し遂げた数々の伝説について書いてみたいと思います。
【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター

【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター

長身から投げ下ろす速球と親指と人差し指ではさむ独特のフォークボールを武器に1995年のヤクルトスワローズの日本一に貢献したテリー・ブロス投手の球歴と彼が最も活躍した1995年シーズンを振り返ります
和尚 | 2,078 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト