【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター
2016年11月25日 更新

【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター

長身から投げ下ろす速球と親指と人差し指ではさむ独特のフォークボールを武器に1995年のヤクルトスワローズの日本一に貢献したテリー・ブロス投手の球歴と彼が最も活躍した1995年シーズンを振り返ります

2,135 view

テストで入団

ユマキャンプの際に行われた入団テストを経てヤクルトに入団したテリー・ブロス選手。メジャーリーグの経験があるとはいえ、ブロス選手のメジャー通算成績は10試合に出場。計12イニングを投げて、0勝0敗0セーブ、防御率3.00という成績で、新天地にかける意気込みは相当なもので、4000万円という助っ人選手としてはかなり安い年俸でも「そんなにもらえるのか」と喜んだと言います。
ブロス投手

ブロス投手

1995年シーズン開幕前の状況をおさらい

ブロス投手が入団した1995年シーズン、開幕前のセリーグの状況を少しおさらいしましょう。1992年・93年とセリーグを連覇。日本シリーズでは二年連続で西武ライオンズと第7戦までもつれる死闘を演じ(93年は日本一)。まさに「黄金時代」の到来を予感させたヤクルトでしたが、1994年シーズンはけが人が続出したこともあり、4位に沈みます。この1994年シーズンを制したのは中日ドラゴンズとの「10.8決戦」を制したジャイアンツでした。
10.8決戦を制して抱き合う桑田選手・村田選手

10.8決戦を制して抱き合う桑田選手・村田選手

日本シリーズで西武ライオンズを倒し日本一になったジャイアンツは、連覇を果たすために1994年シーズンオフに「30億円補強」と呼ばれる超巨大補強をします。広島から川口和久選手。そしてヤクルトから広沢克己選手をFAで獲得。更にヤクルトを自由契約となったジャック・ハウエル選手を獲得。更に新外国人選手として、ミネソタ・ツインズなどで活躍した現役バリバリのメジャーリーガー・シェーン・マック選手を獲得します。(この補強には1994年から1995年のMLBストライキの影響もあったとも言われている)…と、開幕前の下馬評は完全にジャイアンツが優勝の大本命という状況でした。
広沢克己選手(巨人時代)

広沢克己選手(巨人時代)

出典 okmusic.jp
対してヤクルトは、前述の様に93年、94年のリーグ優勝の原動力となった広沢克己、ハウエルの両選手がチームを去ります。阪神タイガースの「安打製造機」として活躍していたオマリー選手。ロッテからミューレン選手。そして、テストでブロス投手を獲得。シーズン開幕直前に西村龍次選手を放出し、近鉄から吉井理人選手を獲得していたものの、巨人の30億円補強と比べれば実に「地味」な補強。優勝の後4位に沈んでいたことも相まって開幕前のヤクルトの評価は高くはありませんでした。

1995年シーズン開幕

ヤクルトの開幕戦の相手は巨人。巨人のエース斎藤雅樹の前に開幕戦は完封負け。翌日の第2戦も8回まで桑田真澄に完璧に抑えられていたものの、9回先頭の飯田哲也選手への頭部死球が「危険球」となり桑田が退場すると、流れがガラリと変わった。前日に出番もなく、この日も完封ペースで全く用意していなかった巨人のリリーフ陣を打ち込んで逆転勝利を納めたヤクルトは開幕ダッシュに成功。4月15日の広島戦からは8連勝で、一気に単独首位に躍り出るのです。

1995.8.19 巨人vsヤクルト20回戦

ヤクルトの快進撃を演出したのが、ブロスとオマリーの外国人コンビでした。長身から投げ下ろす速球とフォークボールを武器にブロス選手は凡打の山を築き、4月だけで4勝をマーク(0敗)します。月間防御率は0.95と正に無双ぶりを見せつけます。オマリーは9本塁打、22打点で、ともに4月の月間MVPを受賞します。この2人の活躍で、ヤクルトの4月成績は14勝5敗と大きく勝ち越し、その後も首位を快走したのです。

1995 ヤクルトリーグ優勝の瞬間

特筆すべきなのは、ブロス投手は特に巨人戦を得意とし、この年上げた勝利数、14勝のうち巨人戦は5勝で負けなしで防御率0.23。許した失点は、後藤孝志選手のホームランによる1点のみでした。9月9日に行われた巨人戦ではノーヒット・ノーランを記録(大森剛選手への死球で完全試合は逃す)。更に9月30日、本拠地・神宮球場での対巨人戦でブロス選手は完封勝利し、胴上げ投手となったのです。

1995ヤクルト優勝ダイジェスト

【1995年シーズンのブロス選手の成績】
32試合に登板 14勝5敗 防御率2.33(最優秀防御率)月間MVP:2回 (1995年4月、1995年9月)ノーヒットノーラン達成(9月9日、対読売ジャイアンツ22回戦)最優秀バッテリー賞(捕手・古田敦也)

日本シリーズでも大活躍

この年、ヤクルトと対戦したのは、若き天才打者・イチロー選手を擁し、「がんばろう神戸」を合言葉に阪神大震災の復興のシンボルとなったオリックスブルーウェーブでした。グリーンスタジアム神戸で行われた第1戦に登板したブロス選手はオリックス打線を8回2失点と封じ込め、チームは1点リードの8回に代打・大野選手の1号2ランで相手を引き離して先勝します。

1995年日本シリーズ3戦。池山隆寛のサヨナラホームラン

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヤクルト投手陣と日本プロ野球を救った男・古田敦也の凄さ

ヤクルト投手陣と日本プロ野球を救った男・古田敦也の凄さ

ヤクルト一筋で数々の記録を打ち立て、2004年に起こった「プロ野球再編問題」の際に選手会会長としてグラウンド外でも奮闘。2005年~2007年まで選手兼任監督を務めた名捕手、古田敦也選手の成績を改めて振り返ります。
和尚 | 28,952 view
【リーグ優勝の瞬間】ヤクルトスワローズ編

【リーグ優勝の瞬間】ヤクルトスワローズ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回はヤクルトスワローズのリーグ優勝決定の瞬間(1978、1992、1993)を集めてみました。
和尚 | 1,120 view
「チュウ」と呼ばれた男・村田真一の現役時代を改めて振り返ろう!

「チュウ」と呼ばれた男・村田真一の現役時代を改めて振り返ろう!

2008年「あの人」が巨人の打撃コーチに就任することが発表されると「あの人打撃コーチやるほど現役時代打ってたっけ?」と巨人ファンから驚きの声が上がりました。 そんな「あの人」村田真一さんの現役時代を改めて振り返る。
和尚 | 13,175 view
【郭源治】闘志あふれる投球が胸を打つ!ドラゴンズ史上に残る「最強助っ投」

【郭源治】闘志あふれる投球が胸を打つ!ドラゴンズ史上に残る「最強助っ投」

在籍16年、最優秀防御率賞1回(1994年)最優秀救援投手賞2回(1987、88年)。MVP1回(1998年)など功績を挙げればきりがない。中日ドラゴンズ史上に残る外国人助っ人、郭源治(かくげんじ)投手の球歴を改めて振り返ります。
和尚 | 5,800 view
【スター選手の引退試合・ヤクルト編】(若松勉・尾花高夫・池山隆寛)

【スター選手の引退試合・ヤクルト編】(若松勉・尾花高夫・池山隆寛)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここではヤクルトスワローズを支えた若松勉、尾花高夫、池山隆寛選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください
和尚 | 2,687 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト