リレハンメル五輪で話題のトーニャ・ハーディングの転落人生!毒母からの虐待やハメ撮り流出
2021年12月6日 更新

リレハンメル五輪で話題のトーニャ・ハーディングの転落人生!毒母からの虐待やハメ撮り流出

リレハンメル五輪の女子シングルで銀メダリストになったナンシー・ケリガンは、五輪前にトーニャ・ハーディングの前夫に雇われた人物から襲撃を受けて膝にケガを負ってしまいました。その首謀者である同じくリレハンメル五輪アメリカ代表のトーニャ・ハーディング。前代未聞の事件はなぜ起きてしまったのか?毒母に虐待を受けていた幼少期など、トーニャ・ハーディングの生い立ちやその後の転落人生についてご紹介していきます!

1,253 view

ナンシー・ケリガン襲撃事件とは?

会員登録 | U-NEXT (2319868)

1992年のアルベールビル五輪で4位となった、フュギュアスケート女子シングルアメリカ代表のトーニャ・ハーディングは、前年1991年の全米選手権でトリプルアクセルを成功させて優勝しています。
当時女子でトリプルアクセルを成功させたのは、日本の伊藤みどりに次ぐ二人目で、同年の世界選手権では2位に入りました。
でも4位に終わってしまったアルベールビル五輪では、前年まで成功していたトリプルアクセルがオリジナルプログラム、フリー共に失敗しています。
このアルベールビル五輪では、日本の伊藤みどりもフリーでトリプルアクセルで転倒、でも後半に見事成功させて銀メダルを獲得しました。
女子でトリプルアクセルを成功させる難しさがひしひしと伝わってきますよね。
 (2320158)

トーニャ・ハーディング

トーニャ・ハーディング

ナンシー・ケリガン

ナンシー・ケリガン

翌1992年ー1993年のシリーズは絶不調となってしまったトーニャ・ハーディングは、全米選手権で4位となり、1993年の世界選手権には出場すらかないませんでした。
そして迎えたオリンピックイヤーの1994年1月6日に、事件は起こります。
ナンシー・ケリガンはリレハンメル五輪の選考会となる、全米選手権の会場から練習を終えて帰る途中に、何者かに膝を殴打されてケガしてしまい、全米選手権を欠場に追い込まれてしまいました。
そして襲撃事件の犯人として逮捕されたのが、トーニャ・ハーディングの元夫だったのです。
元夫のジェフ・ギルーリーは、司法取引を受け入れトーニャ・ハーディングに不利な証言をしました。
全米スケート協会とアメリカオリンピック委員会は、トーニャ・ハーディングを追放しようとしましたが、法的措置を仄めかしながらなんとかリレハンメル五輪に出場しています。
結局リレハンメル五輪ではナンシー・ケリガンは銀メダルを獲得し、トーニャ・ハーディングは演技途中で泣き出し、靴紐の不具合を審判に訴え演技のやり直しの権利を得ました。
最後に登場したトーニャ・ハーディングはトリプルアクセルは1回転半になったものの、トリプルルッツを成功させるなどして、演技後は笑顔も見せています。
でも結果は8位に終わってしまいました。
リレハンメル五輪後の1994年3月16日に、トーニャ・ハーディングはナンシー・ケリガン襲撃事件の罪を認める事で、懲役刑を回避し執行猶予付きの判決が下っています。
ナンシー・ケリガン

ナンシー・ケリガン

伝説の「トーニャ・ハーディング事件」 1994年リレハンメル五輪FS

トーニャ・ハーディングの生い立ち

I, Tonya (2017) R1 Custom DVD Cover - DVDcover.Com (2319881)

トーニャ・ハーディングの生い立ちは、アイ・トーニャ~史上最大のスキャンダル~という2017年制作の映画の中で描かれています。
1970年11月に生まれたトーニャ・ハーディングがフィギュアスケートを習い始めたのは4歳の頃。スケート教室に通ってわずか半年で大会で優勝し、12歳でトリプルルッツを飛ぶなど優れた才能を持っていた。一方、私生活では粗暴な母ラヴォナに暴言を浴びせられる毎日で、心の拠り所であった優しい父はラヴォナとの諍いを切っ掛けに家を出て行ってしまう。

15歳になったトーニャはジェフ・ギルーリーと出会うと、間もなくして恋人になる。ジェフとの関係は決して円満とは言えなかったが、ラヴォナと暮らしてきたトーニャにとっては然したる問題ではなかった。

1986年。スケートアメリカに出場したトーニャはノーミスで演技を終えたが、ミスをした選手に負ける形での2位という結果に納得がいかず、トリプルアクセルに挑戦することを決める。ラヴォナは金をかけても結果を残せないトーニャに苛立ち、口論の末に投げたナイフがトーニャの腕に浅く刺さってしまう。トーニャは家を出てジェフと同棲を始め幸せな日々を送るが、ある大会での結果に納得できずジャッジに暴言を吐き、コーチも解雇してしまう。やがてジェフと結婚したトーニャだが、ラヴォナには祝福されなかった。
母親のラヴォナは娘の才能を伸ばそうと思ってスケートを始めさせた訳ではありませんでしたが、トーニャ・ハーディングが才能を発揮すると、金の生る木として利用しようとします。
トイレを我慢させて漏らすまで練習を続けさせたり、ブラシで叩いたり、友達と話す事を禁じたり…胸の痛くなるような、虐待を受けていました。
こんな母親に育てられさえしなければ、人生が転落することもなかったのではないかと思うと残念でなりません。

鬼母の衝撃しつけ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』本編映像

トーニャ・ハーディングのその後

その後のトーニャ・ハーディングは日本とも縁があります。
1994年には全日本女子プロレスが獲得を宣言したり、バラエティ番組にも出演していました。
またテレビ朝日系列の「ニュースステーション」でもインタビューを受けていますが、活躍とまではいかず、話題の人止まりになっています。
トーニャ・ハーディングの元夫がプライベート動画を流出させたり、同棲している恋人に暴力をふるって逮捕されるなど、スキャンダルばかりが目立ってしまいました。
プライベート動画はここには載せられませんので、URLを貼っておきます。↓
https://jp.xhamster.com/celebrities/tonya-harding
トーニャ・ハーディング

トーニャ・ハーディング

ケリガンはハーディングから謝罪を受けていない
2017年のインタビューでケリガンは「襲われてから4年後にイベントで(ハーディングと)一緒になったけど、私たちが話すことはなかったわ。やりづらくて微妙な感じだった」と語っており、「ハーディングから謝罪はあったのか?」との問いには「直接にはなかった…」と明かしている。
一部のハーディングとケリガンがある番組内で再会し、ハーディングの謝罪をケリガンが受け入れた事で和解したと一部で報じられていますが、ケリガン自身は謝罪を受けていないと2017年のインタビューで語っています。
被害者のケリガン自身が謝罪を受けていないと言っているので、事件はまだ完全には終わっていないという事でしょう。
その後2003年にはプロボクシングに転向しますが、3勝3敗の戦績で翌2004年には、持病の喘息のため短い競技生活を終えたのでした。
一番最近の情報では、2018年に再婚した夫と子供の3人で大工仕事などをして暮らしています。
母親に虐待され、ケリガンを襲撃し、プライベート動画を流出させるような元夫に苦しめられてきたトーニャ・ハーディングにとって、平凡でも今の生活が一番平穏で幸せなのかもしれません。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

石井慧  運動オンチ少年がオーバーワークという暴挙で起こした奇跡。

石井慧 運動オンチ少年がオーバーワークという暴挙で起こした奇跡。

石井慧の幼少児から国士舘大学に入るまで。地球上で60億分の1の存在になる、人類で1番強い男になるための序章。
RAOH | 472 view
懐かしのスター選手を振り返ろう!日本での競泳の歴史

懐かしのスター選手を振り返ろう!日本での競泳の歴史

オリンピックの競技の中でもメダルが期待されることの多い種目、競泳。日本での競泳の歴史と歴代のスターを振り返ってみました。
saiko | 337 view
下剋上!氷上の芸術だった女子フュギュアスケートをスポーツに変えた伊藤みどり

下剋上!氷上の芸術だった女子フュギュアスケートをスポーツに変えた伊藤みどり

2022年冬季北京オリンピックのフュギュアスケート女子シングルでは、ロシアの3人娘が4回転を難なく跳び女子も4回転時代に入ったことを印象付けました。現在は高難度ジャンプを飛ぶ女子選手も増えましたが、1980年代後半までの女子シングルは技術よりも芸術性や美しさが重視されていました。今回はそんな1980年代後半~1990年前半に起こったフュギュアスケート界の革命とも呼ぶべき変化をご紹介します。
そうすけ | 431 view
まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

日本のスポーツ界において輝かしい成績をおさめたレジェンド達の中で、今も現役にこだわり、引退を明言していないアスリートを紹介します。
ひで語録 | 1,757 view
ナンシー・ケリガン殴打事件直後に放送された幻の映画『氷上の疑惑』!あの伊藤みどりも登場!

ナンシー・ケリガン殴打事件直後に放送された幻の映画『氷上の疑惑』!あの伊藤みどりも登場!

1994年、リレハンメル・オリンピックの選考会となる全米選手権の会場で「ナンシー・ケリガン襲撃事件」が発生した。オリンピック代表を巡る一大スキャンダルが幻のTV映画となっていたのはご存知ですか?1994年に放映された幻ともいえる作品を紹介します。
滝口アキラ | 3,857 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト