2017年1月24日 更新

性とドラッグ、暴力に溺れる未成年!映画『KIDS(キッズ)』

1995年、アメリカの青春映画。ストリート・ギャングまがいの生活を送るストリート・キッズたちの生態を描いた問題作。監督はラリー・クラーク。本作はクロエ・セヴィニーの出世作としても知られる。また、当時クロエと脚本を担当したハーモニー・コリンは恋人関係にあったとされる。

7,655 view

映画『KIDS(キッズ)』

1995年、アメリカの青春映画。
ストリート・ギャングまがいの生活を送るストリート・キッズたちの生態を描いた問題作。

監督はラリー・クラーク。ティーンエイジャーのリアルな姿を撮り続けてきた写真家でもあった。
KIDS(キッズ) [DVD]

KIDS(キッズ) [DVD]

脚本は、スケーターだった高校生の時にクラークと知り合い、19歳で初のシナリオである本作を執筆したハーモニー・コリン。
本作はクロエ・セヴィニーの出世作としても知られる。また、当時クロエとコリンは恋人関係にあったとされる。

予告動画

KIDS/キッズ 予告

映画『KIDS(キッズ)』 あらすじ

ある夏の暑い日の午後、NY。テリー(レオ・フィッツパトリック)はいつものようにバージンの女の子を首尾よくモノにし、例によって親友キャスパー(ジャスティン・ピアース)にそれを自慢気に話しながら街をブラついている。
仲間がたむろしているポールの家に向かうと、ビールを飲み、ドラッグをキメ、陽気にとりとめもなくセックスの話で盛り上がる。

一方、ルビー(ロザリオ・ドーソン)の家では、ジェニー(クロエ・セヴィニー)たち5人の女の子が、やはりセックスの話で盛り上がっている。ジェニーは、バージンを奪ったあと、知らんぷりを決め込むテリーを許せない。
思春期特有の”性”や”ドラッグ”が描かれた話題作だった!

思春期特有の”性”や”ドラッグ”が描かれた話題作だった!

ジェニー役のクロエ・セヴィニー

ジェニー役のクロエ・セヴィニー

 (1813137)

キャスパー(ジャスティン・ピアース)とテリー(レオ・フ...

キャスパー(ジャスティン・ピアース)とテリー(レオ・フィッツパトリック)のコンビ

 (1813115)

経験豊富なルビーは、自分の体験談をおもしろおかしく話す。その後、ジェニーとルビーはHIV検査の結果を聞きに行く。ルビーは無防備なセックスが多いのでちょっと心配だ。テリーとのセックスしか経験のないジェニーは、彼女のお供で検査を受けただけだ。
しかし、HIVポジティブの宣告を受けたのはジェニーの方だった。突然のことに、彼女はどうしたらいいか分からず、呆然と街をさまよい歩く。ジェニーは、とにかくテリーに会ってこの事実を伝えようと彼を捜し求める。途中で、タクシーの運転手が慰めてくれた。

一方、そんなこととは知らず、テリーはキャスパーと一緒に公園で売人からドラッグを買い、ケンカで黒人の男を半殺しの目に遇わせる。そして、前からお目当てのバージンの女の子ダーシー(ヤキーラ・ペグエロ)を誘い、仲間たちと夜のプールに忍び込んで遊ぶ。
 (1813147)

友達の両親が留守なのを幸い、上がり込んで小さな子供たちも含めて乱交パーティ。

皆が疲れて眠った頃、ようやくテリーの居場所を捜し当てたジェニーがやって来るが、彼はダーシーと事に及んでいる最中だった。それを見て何も言えなくなったジェニーは疲れて眠り込むが、起き上がったキャスパーが彼女を犯した。

朝が来て、テリーのモノローグ「僕はセックスのことしか頭にない」。寝ぼけまなこのキャスパーの「マジかよ?」と言う呟きで映画は終わる。
大人の世界へ興味津々な子供たち

大人の世界へ興味津々な子供たち

監督は写真家のラリー・クラーク

1943年1月1日生まれ。オクラホマ州タルサ生まれ。
写真家であり、映画監督、作家、映画プロデューサー。

薬物乱用や未成年のセックス、暴力、パンクやスケートボードというサブカルチャーに関心を示し、自らもドラッグを使用していた。

写真集『タルサ』と『ティーンネージラスト』の期間中、銃の不法所持と傷害罪で逮捕され5年間収容された。
『タルサ』は、マーティン・スコセッシ監督の『タクシードライバー』、本作で製作総指揮を務めたガス・ヴァン・サント監督の『ドラッグストア・カウボーイ』に影響を与えたと言われている。
近年のラリー・クラーク

近年のラリー・クラーク

写真集『タルサ』

写真集『タルサ』

本作が出世作だったクロエ・セヴィニー

1974年11月18日生まれ。アメリカマサチューセッツ州で生まれ、コネチカット州で育つ。
女優、ファッションデザイナー、元ファッションモデル。

『KIDS(キッズ)』で映画デビュー。本作以降、人気ブランド〈ミュウミュウ〉のイメージガールも務めるなど注目されることになった。

インディペンデント映画を中心に活動。
恋人だったハーモニー・コリンの監督作品である『ガンモ』では、衣装デザインに関わった。

1999年公開の『ボーイズ・ドント・クライ』ではアカデミー助演女優賞の候補となり、全米映画批評家協会賞助演女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞を受賞している。
2010年頃のクロエ・セヴィニー

2010年頃のクロエ・セヴィニー

作品データ

監督 ラリー・クラーク
脚本 ハーモニー・コリン
俳優 レオ・フィッツパトリック、ジャスティン・ピアース、クロエ・セヴィニー等
公開 1995年
時間 92分
不良少年の日常をドキュメンタリータッチで描いた映画『KIDS(キッズ)』。
90年代の青春映画の金字塔『トレインスポッティング』を思わせる雰囲気があったように思う。

こんなやさぐれた映画がたまには観たい。
27 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

言葉がなぜ発達した?女を口説くためさ。教師・ロビンウィリアムズが情熱的に人生を説いた映画『いまを生きる』

言葉がなぜ発達した?女を口説くためさ。教師・ロビンウィリアムズが情熱的に人生を説いた映画『いまを生きる』

1990年に日本で公開された映画『いまを生きる』。名優ロビン・ウィリアムズが教師役として出演し、進学校の生徒たちに人生の素晴らしさや尊さを伝えていく。思春期の生徒がそれぞれ葛藤し、行動していく様子をあたたかく見守るロビン・ウィリアムズの笑顔が印象的な映画である。
ひで語録 | 712 view
ニールヤングの叙情的なギターとジョニーデップが印象的な映画『デッドマン』

ニールヤングの叙情的なギターとジョニーデップが印象的な映画『デッドマン』

「ミステリートレイン」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が、オフビートタッチで描いた西部劇、映画『デッドマン』。音楽はニール・ヤングが担当。主演はジョニー・デップ。森を舞台にしたロードムービー。
ひで語録 | 500 view
シリーズ第3弾『ダイ・ハード3』世界一ツイテない男ジョン・マクレーンの今度の舞台はニューヨーク。

シリーズ第3弾『ダイ・ハード3』世界一ツイテない男ジョン・マクレーンの今度の舞台はニューヨーク。

今度の敵はあのハンスの兄弟。恨みつらみでマクレーンへの復讐に燃えているのかと思いきや。。。大がかりな爆破や派手なアクションシーンは今回も盛りだくさん。相棒も加わった新しいダイ・ハードをお楽しみください。
ナベゲン | 1,326 view
ケヴィン・コスナーが出資したSF映画「 ウォーターワールド」。莫大な製作費が掛かるも、「最低作品賞」を受賞!

ケヴィン・コスナーが出資したSF映画「 ウォーターワールド」。莫大な製作費が掛かるも、「最低作品賞」を受賞!

1995年公開のハリウッド超大作であるSF映画「 ウォーターワールド」。これが見事にコケました!最低映画として米ゴールデンラズベリー賞を総なめする等、興行的にも失敗したある意味貴重な作品です。
ひで語録 | 3,753 view
ジャッキー・チェン主演の最新作『スキップ・トレース』 映像&ポスター解禁!9月に公開予定!!

ジャッキー・チェン主演の最新作『スキップ・トレース』 映像&ポスター解禁!9月に公開予定!!

ジャッキー・チェンの最新作『スキップ・トレース』が9月に公開予定されており、その映画の特報&ティザーポスターが解禁。本作でジャッキーが迫力のアクションシーンを見せつける。
red | 763 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト