ニールヤングの叙情的なギターとジョニーデップが印象的な映画『デッドマン』
2017年1月25日 更新

ニールヤングの叙情的なギターとジョニーデップが印象的な映画『デッドマン』

「ミステリートレイン」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が、オフビートタッチで描いた西部劇、映画『デッドマン』。音楽はニール・ヤングが担当。主演はジョニー・デップ。森を舞台にしたロードムービー。

1,023 view

ジム・ジャームッシュ監督、ジョニー・デップ主演の映画『デッドマン』

「ミステリートレイン」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が、相変わらずの独特なオフビートタッチで描いた西部劇。
主人公がいつの間にか死に向かうというタイトル通り(デッドマン)の不思議な一作。森を舞台にしたロードムービー。

映画のためにジャームッシュが設立したと言われている「12ゲージ・プロ」が製作。
音楽は米国を代表するロック・アーティスト、ニール・ヤングが担当している。
映画『デッドマン』

映画『デッドマン』

主人公・ウィリアム・ブレイクを演じるのは俳優としてステップアップしていく過程にいた頃のジョニー・デップ。

本作ではインディアンが登場するが、彼自身が親族の出自(彼の母方の曾祖母は純血のチェロキー族であり、父も同じくチェロキー族の血を引く)からインディアンの問題に関心を持ち、1997年にはマーロン・ブランドを招聘し映画「ブレイブ」を監督していることもあってか、本作ではインディアンとの掛け合いの芝居が妙にマッチしており、好演している。
日本版のパンフレット

日本版のパンフレット

また、本作は18世紀イギリスの詩人であるウィリアム・ブレイクの詩と思想に対するオマージュ作品であり、登場人物たちの名前や多くの台詞がブレイクの作品に由来している。
主人公の名がウィリアム・ブレイクということからも想像が容易である。
詩人ウィリアム・ブレイク

詩人ウィリアム・ブレイク

1757年11月28日 - 1827年8月12日。
詩人、画家、版画家、編集者の顔を持っていた。

【ジャンル】
幻視詩
【文学活動】
ロマン主義
【代表作】
・『無垢と経験の歌』
・『天国と地獄の結婚』など

映画『デッドマン』 作品データ

【監督】 ジム・ジャームッシュ
【脚本】 ジム・ジャームッシュ
【製作】 ディミートラ・J・マクブライド
【撮影】 ロビー・ミューラー
【音楽】 ニール・ヤング
【配給】 ミラマックス
【出演】 ジョニー・デップ、ゲイリー・ファーマー、ランス・ヘンリクセン
【時間】121分
【公開】1995年

映画『デッドマン』に関する動画

DEAD MAN - Trailer ( 1995 )

英語による動画。

Neil Young - Dead Man Theme (long version)

ニール・ヤングによる叙情的な音楽。
フィルムを見ながらニール・ヤングが即興でギターを弾いた音が映画のサントラに使用されているそう。

あらすじ

ビル・ブレイクという名前の青年が、会計士の仕事を求め、マシーンという名前の街にやってくるが、仕事を得ることはできなかった。その夜、セルという若い娘に出会い、痴情騒ぎに巻き込まれ、男が発砲。
セルが自らの身を投げ出しブレイクをかばったため一命を取り留める。
”死人とは旅をせぬほうがよい アンリ・ミショー”

”死人とは旅をせぬほうがよい アンリ・ミショー”

物語冒頭の字幕。
汽車に乗り、遠路はるばる就職の面接にやってきたウィリア...

汽車に乗り、遠路はるばる就職の面接にやってきたウィリアム・ブレイク(もしくはビル・ブレイク。役者はジョニー・デップ )。

せっかくの面接の機会だったが、門前払いされ、相手にされなかった。
序盤は冴えない男として描かれたウィリアム・ブレイク。

序盤は冴えない男として描かれたウィリアム・ブレイク。

セル(ミリ・アヴィタル)の部屋に御呼ばれするウィリアム...

セル(ミリ・アヴィタル)の部屋に御呼ばれするウィリアム・ブレイク。

ウィリアムは偶然手にした拳銃を発砲、まぐれ当たりでチャーリーを殺して逃亡する。気を失った彼は先住民の流れ者ノーボディ(ゲイリー・ファーマー)に助けられる。セルを撃ち抜いた弾は彼の胸にも達しており、心臓のそばに止まったまま摘出できない。
銃の扱いもままならないながらも、なんとか命からがら逃げだす。

銃の扱いもままならないながらも、なんとか命からがら逃げだす。

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 348 view
「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 7,478 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 4,084 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 816 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト