ただの火災ではなかった?!連続火災の事件と兄弟の絆を描く映画『バックドラフト』
2017年1月31日 更新

ただの火災ではなかった?!連続火災の事件と兄弟の絆を描く映画『バックドラフト』

舞台はシカゴで亡き消防士の父の跡を継いで二人の兄弟が消防士になり、事件を解決して行きます。

6,876 view

バックドラフト

映画『バックドラフト 』

映画『バックドラフト 』

1991年公開のアメリカ映画。
ロン・ハワード監督作品で、火災現場の視覚効果はILM。消防士をメインに据えた内容。
殉職した父の後を継いで消防士になろうとシカゴに戻って来た弟。だが彼が配属されたのは兄が隊長を務める第17分隊だった。二人は徹底的に反目し合う。が、おりしもシカゴでは奇妙な爆発放火事件が続発。それは“バックドラフト”と呼ばれる逆気流現象を伴うものだった……。ILMによる特撮で、炎が生き物のように動く火災シーンはかつてない迫力。

メインキャスト

ブライアン・マカフレイを演じるウィリアム・ボールドウィン

ブライアン・マカフレイを演じるウィリアム・ボールドウィン

主人公。子供の頃、初めて連れて行かれた火災現場で父を亡くす。20年後大人になったブライアンは何をやっても長続きせず職を転々としていたが、消防士としてシカゴにもどってきた。普段は普通の青年であるが、いつも自分を子供扱いする兄に対してコンプレックスがあり、何かあるごとに衝突してしまう。
 連続殺人事件を調べるうち、バックドラフトに利用されている薬品が兄の船にあったのを思い出し、スティーブンを疑う。
スティーブン・マカフレイ/デニス・マカフレイ(二役)を...

スティーブン・マカフレイ/デニス・マカフレイ(二役)を演じるカート・ラッセル

ブライアンの兄。第17小隊の隊長であり、死をもおそれないような勇敢な消防士である。しかし、消防士としての姿とは裏腹に、普段は自分の感情を上手く表現できずにいる。別れた妻と息子を愛しているが、そんな性格が災いして、元に戻ることはない。また、同じようにブライアンに対しても「消防士はすぐやめるだろう」と頭ごなしに考えている。しかし、心は優しく、仲間を大切にしている。
ジョン・アドコックスを演じるスコット・グレン

ジョン・アドコックスを演じるスコット・グレン

スティーブンの同僚。事件に関係している。
ドナルド・リムゲイルを演じるロバート・デ・ニーロ

ドナルド・リムゲイルを演じるロバート・デ・ニーロ

消防活動費の予算を削り、市長の座を狙っている男。放火の犯人探しをする。

ストーリー(ネタバレ)

幼い頃、消化作業中に父(カート・ラッセル)の死を目の当...

幼い頃、消化作業中に父(カート・ラッセル)の死を目の当たりにしたブライアン・マキャーフィー(ウィリアム・ボールドウィン)は職を転々とした末に、故郷のシカゴに新米消防士として戻って来た。

初っ端に起こる火災事故。

初っ端に起こる火災事故。

彼が友人のティム(ジェーソン・ゲドリック)と共に配属さ...

彼が友人のティム(ジェーソン・ゲドリック)と共に配属された17小隊には兄のスティーブン(カート・ラッセル2役)や父の部下だったアドコックス(スコット・グレン)らがいた。着任早々、火災現場に向かったブライアンは、そこでスティーブンの英雄的な活躍を目にする。

スティーブンのこうした勇敢な行動は、父の死の現場にいな...

スティーブンのこうした勇敢な行動は、父の死の現場にいなかったという悔恨の念から来ていた。しかし、現場に駆けつけた火炎調査官のリムゲール(ロバート・デ・ニーロ)はこの1件を放火だと断言した。

翌日、兄の家を訪ねると兄嫁のヘレン(レベッカ・デモーネ...

翌日、兄の家を訪ねると兄嫁のヘレン(レベッカ・デモーネイ)と幼い息子がいたが、二人は離婚していた。消防隊に入って幾日か経った頃、ブライアンは兄に負けじと訓練に励むようになる。そんな時、パーティーで昔の恋人ジェニファー(ジェニファー・ジェイソン・リー)から、彼女が秘書をしている市議会議員のスウェイザク(J・T・ウォルシュ)を紹介される。

ブライアンは父の影を追いかけスティーブンを超えようと必...

ブライアンは父の影を追いかけスティーブンを超えようと必死です。それに対してスティーブンは、ブライアンにいつも厳しくします。

 (1572955)

「消防士の仕事もそろそろ  潮時なんじゃねえか?」とス...

「消防士の仕事もそろそろ  潮時なんじゃねえか?」とスティーブンに言われ、ブライアンは隊を抜けます。

そしてブライアンは、リムゲール捜査の助手をやる事になります。

そしてブライアンは、リムゲール捜査の助手をやる事になります。

リムゲールと捜査を進めて行くと、 やっぱり事故ではなく...

リムゲールと捜査を進めて行くと、 やっぱり事故ではなくそれは事件。 そして犯人は、炎が燃えるのを 好む人間ではないことが 浮き彫りになってきます。

出典 ameblo.jp
スティーブン達は、警報機が鳴ったとかボヤが出たとかで、...

スティーブン達は、警報機が鳴ったとかボヤが出たとかで、 火災が発生する前の怪しい現場に到着。

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

ミドルエッジ男子必見!1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして蘇りました。
隣人速報 | 7,139 view
日本沈没、大地震、新幹線大爆破…70年代半ばに大流行した「パニック映画」

日本沈没、大地震、新幹線大爆破…70年代半ばに大流行した「パニック映画」

オイルショックなどの社会不安の中、70年代半ばに大流行した「パニック映画」。当時日本で流行した作品をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
タイプライターは巨大ゴキブリに変わり、バーの隣席には謎の怪物が!?『裸のランチ』の危ない世界!

タイプライターは巨大ゴキブリに変わり、バーの隣席には謎の怪物が!?『裸のランチ』の危ない世界!

1985年『ザ・フライ』でアカデミー賞をとったデヴィッド・クローネンバーグ監督は、1991年に『裸のランチ』という麻薬中毒患者の体験を元にした映画を撮りました。その幻覚と混乱を描いた作品を紹介したいと思います。
こういち | 671 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 488 view
視聴率59%を記録!日本社会に多大な影響を与えた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」

視聴率59%を記録!日本社会に多大な影響を与えた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」

皆さんは「吉展(よしのぶ)ちゃん誘拐殺人事件」をご存知でしょうか?1963年に発生した誘拐殺人事件で、その注目度の高さ及び後の社会に与えた影響から「戦後最大の誘拐事件」とも言われています。
となりきんじょ | 12,561 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト