1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう
2019年1月16日 更新

1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう

ビートルズが1960年代に大活躍した後、このブレッドは彗星のごとく現れました。美しい旋律で世界中を虜にしたブレッド。今回はそのブレッドが残した名曲の一部を聴き直してみたいと思います。

557 view

ブレッドについて

ブレッド(Bread)は1968年ロサンゼルスで結成されたアメリカのソフトロックバンド。当初のメンバーはデヴィッド・ゲイツ(David Gates)、ジェイムス・グリフィン(James Griffin)、ロブ・ロイヤー(Robb Royer)の3人である。
Amazon | アンソロジー・オブ・ブレッド<ヨウガクベスト 1300 SHM-CD> | ブレッド | ロック | 音楽 (2075288)

1960年代に全盛期を極めたビートルズがいて、その後美しいハーモニーとそよ風のメロディーでソフト・ロック界の最高峰を極めたブレッドがいました。

当時のラジオではブレッドが流れまくっていたと聞きます。

ブレッドは大ヒットを飛ばしますが、若者はもっと激しいサウンドを求める様になり、ブレッドの様な優しいサウンドは少しずつ支持されなくなっていきます。

しかし、彼らの残した数々の名曲は未だに根強いニーズがあり、多くのファンを魅了して止みません。

今回はそんなブレッドの代表的な名曲を聴き直してみたいと思います。

ブレッドの残した名曲達

Dismal Day(灰色の朝)

Bread (album) - Wikipedia (2075308)

この曲はファーストアルバム『Bread』に収録されていました。

日本では1972年にアルバムからシングル・カットされています。

リズミカルでポップな曲調になっており、よく喫茶店などで流れていたと聞きます。

世界的にはそれほどヒットした曲ではないのですが、日本では大ヒットでした。

Bread - Dismal Day

Make it with you(二人の架け橋)

On the Waters - Wikipedia (2075309)

1970年にリリースされたセカンド・アルバム『On The Waters』の中で、最もヒットしたのがこの曲だと言われています。

デヴィッド・ゲイツ作のメロディアスな曲で全米No1に輝きました。

デヴィッド・ゲイツのビブラートをかけたヴォーカルも特徴的で、楽曲にゴスペル的な要素も含まれていました。

この曲で一躍ブレッドの名は世界的なものになったといえます。

このセカンドアルバムはより多彩な楽曲が収められ、更に高度なアレンジを駆使したナンバーが目立つものになっていました。

Bread - Make it with you (1970)

if

Manna (album) - Wikipedia (2075310)

サードアルバム『Manna』に収録されていたこの曲は、デヴィッド・ゲイツ作曲でした。

当時のチャートで4位まで上がり、大ヒットとなります。

美しいバラードで、この曲こそがブレッドの代表曲だという方も多いのではないでしょうか。

イントロの特徴的な音はモーグ・シンセサイザーとフェンダー・テレキャスターを繋いだもので、歌詞はロマンチックな内容になっていますが、終末思想的な部分も垣間見えます。

日本でも多くのアーティストにカバーされており、カルピスや山崎製パンのCMにも使われたことがありました。

確かに名曲ですね。

If - Bread

Baby I'm-A Want You(愛のわかれ道)

Baby I'm-a Want You (song) - Wikipedia (2075393)

4枚目のアルバムからはアルバムタイトルにもなったデヴィッド・ゲイツ作曲のこの曲ですね。

開放弦のアコースティックギターと効果的なエレクトリックギターの起用が特徴でストリングスを取り入れたメロディーラインの流麗なポップ・ロック作品でした。

日本ではガロや五輪真弓さんなどがカバーしていました。

この曲もブレッドの代表曲なんだと思います。

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ボヘミアン・ラプソディ」の世界的ヒットで注目を浴びるクイーン!フレディ・マーキュリーの生家を調査してみた!!

「ボヘミアン・ラプソディ」の世界的ヒットで注目を浴びるクイーン!フレディ・マーキュリーの生家を調査してみた!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」が世界的なヒットを飛ばし、再び注目を浴びている「クイーン」。この記事ではフレディ・マーキュリーの生まれたタンザニア・ザンジバル島について特集してみたいと思います。
【訃報】「カーズ」のリック・オケイセックさん死去。ロックの殿堂入りを果たして亡くなったミュージシャンって?

【訃報】「カーズ」のリック・オケイセックさん死去。ロックの殿堂入りを果たして亡くなったミュージシャンって?

「ユー・マイト・シンク」などのヒット曲で知られるロックバンド「カーズ」の ボーカル・リズムギターを担当していたリック・オケイセックさんが、ニューヨークにある自宅で死去しました。75歳(70歳という説もあります)でした。
隣人速報 | 558 view
ジミヘン、カート・コバーンなど27歳で亡くなったミュージシャンが集う「27クラブ」がホラー映画の題材に!!

ジミヘン、カート・コバーンなど27歳で亡くなったミュージシャンが集う「27クラブ」がホラー映画の題材に!!

ジミ・ヘンドリックスやジャニス・ジョプリンなど、27歳で亡くなったミュージシャンの総称「27クラブ」を題材としたホラー映画「THE 27 CLUB」がついに完成、世界各国の動画配信サイトなどでの公開が決定しました。
隣人速報 | 2,787 view
R&Bの偉大なるシンガーソングライター【バリー・ホワイト】

R&Bの偉大なるシンガーソングライター【バリー・ホワイト】

1970年にプロデュースとソロで大活躍したバリー・ホワイトは、ディスコミュージックの先駆けとも呼べる名曲を残した偉大なるシンガーソングライターでした。今回はそんなバリー・ホワイトを振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 350 view
布施明のカバーも秀逸!グロリア・ゲイナー「恋のサバイバル」

布施明のカバーも秀逸!グロリア・ゲイナー「恋のサバイバル」

1979年に世界中で大ヒットしたグロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」を覚えてますか?この当時ディスコに行っていた方なら必ず知っているこの曲を、世界各国のカバーと聞き比べながら振り返りたいと思います。
つきねこ | 449 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト