2017年11月14日 更新

設立から25周年。特設されたウェブページに各界からの応援メッセージが掲載。(国境なき医師団)

1992年11月15日。国境なき医師団の日本事務局が設置された日である。それから25周年を迎える2017年11月15日を控え特設サイトが登場。特設ウェブページには各界からのメッセージ、支援者からのメッセージの他、初代会長と現会長の特別対談が掲載されている。

78 view

国境なき医師団日本、25周年

 国境なき医師団(MSF)日本は2017年11月15日で設立25周年を迎える。
 記念に特設されたウェブページでは各界で活躍する著名人や、国境なき医師団を長年支えてきた個人寄付者から寄せられた応援メッセージを掲載。
 さらに国境なき医師団日本の初代会長と現会長の対談を収録。四半世紀にわたる事務局の歩みを振り返り、今後の課題と展望について話している。

各界からのメッセージ

さだまさし氏

さだまさし氏

さだまさし氏

 シンガーソングライターとして、タレントとして小説家として活動しているさだまさし氏は、またボランティア活動支援者としての一面も持っている。
 今回の応援メッセージでは国境なき医師団日本の活動への感謝と、25周年への祝福が手書きで寄せられた。

鴻上尚史氏

 1981年、早稲田在学中に劇団第三舞台を結成した鴻上尚史氏もメッセージをよせている。
 鴻上氏は1995年に岸田國士戯曲賞を受賞した他、文化庁の芸術家在外派遣研修制度での留学、《KOKAMI@network》の立ちあげ、劇団《虚構の劇団》の立ちあげ、日本劇作家協会会長への就任など活躍している。

 今回のメッセージでは
世界に不寛容とヘイトが荒れ狂う時代に、まさに「その場所」にまで行き、人々を治療する行為は、感動的です。「人間」を信じてもいいと思える理由の一つです。
 と寄せている。

いとうせいこう氏

 俳優、小説家、タレント、作詞家などなど幅広く活動しているいとうせいこう氏は、近年MSFの活動地を4回に渡って取材した経緯を含めエールを送った。

キュアホイップ氏

キュアホイップ氏

キュアホイップ氏

いちかの母さとみは、世界中の小さな村を回る医師。MSFに入っていると、うわさ。イラストは描き下ろし。
 えっ

国境なき医師団日本、成長を続けた25年

MSF日本は、1992年11月15日に設立。「日本に人道主義を根付かせる」「日本からMSFの医療関係者を送り出す」の2つの大きな目標をめざして立ち上がった。当時のオフィスは狭く、会議机はダンボールの上に板を置いた粗末な物からのスタートであったが、フランスからやって来た初代事務局長や社会的意義に賛同した日本の有志らが集まり、「絶対日本で成し遂げる」という強い意志によって少しずつ成長を遂げていった。

当初の目標であった日本からの医療関係者の派遣は、1993年に初めて女性産婦人科医をスリランカに派遣することで達成。以降、採用活動の強化によって現在では年間の派遣者数は107人に増え、派遣回数はのべ156回に上る。MSFは、グローバル規模で活動資金の9割以上を民間からの寄付によって調達することで、活動の独立性・中立性、公平性を維持してきた。日本においても、個人を中心とした支援者より、年間約80億円の寄付が寄せられ、世界の人道危機での活動に活かされている。(派遣者数と寄付額は2016年実績)

この25年の間、紛争や感染症の流行などの人道危機が世界各地で続き、援助活動は今なお必要とされている。MSF日本も、こうした人道危機の現場にスタッフを送り、1人でも多くの命を救うことに尽くしてきた。日本でも阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など、未曽有の大災害の現場で一定の役割を果たしてきた。

MSF日本会長の加藤寛幸医師は、「25年間に頂いた多くのご支援に感謝を申し上げます。私たちは、これからも援助活動の質向上を図るとともに、独立・中立・公平という理念に基づく医療活動を実践し、活動地で目撃した人道危機を証言してまいります。必要な医療を受けることができない患者さん、そして苦悩の中の人びとに手を差し伸べたいという支援者の皆さまの思いを大切にしながら、活動を続けてまいります。いつか私たちの存在が必要でなくなる世界に思いを馳せながら」と、決意を新たにした。

国境なき医師団について

国境なき医師団(略称MSF)は、紛争や自然災害、貧困などによって命の危機に瀕している人びとに医療を提供する、非営利で民間の医療・人道援助団体。「独立・中立・公平」を原則とし、人種や政治、宗教にかかわらず援助を提供、医師や看護師をはじめとする海外派遣スタッフと現地スタッフの合計約3万9000人が、世界約70の国と地域で援助活動を行う。1971年にフランスで医師とジャーナリストによって設立され、世界28ヵ国に事務局をもつ国際的な組織。1999年にはノーベル平和賞を受賞。MSF日本は1992年に設立され、2016年には107人のスタッフを、のべ156回、34の国と地域に派遣した。MSFの活動資金の95%以上は個人を中心とする民間からの寄付金によって支えられている。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ホームアローン2」から25年!舞台となったホテルで「ケビンのそっくりさんイベント」開催!!

「ホームアローン2」から25年!舞台となったホテルで「ケビンのそっくりさんイベント」開催!!

1992年の公開から25周年を迎える映画「ホーム・アローン2」。それを記念し、映画の舞台となったニューヨークの「プラザホテル」が用意した宿泊プランとイベントが話題となっています。
隣人速報 | 326 view
デビュー25周年のTHE YELLOW MONKEY(イエモン)が新録ベストアルバムをデビューした5・21に発売!

デビュー25周年のTHE YELLOW MONKEY(イエモン)が新録ベストアルバムをデビューした5・21に発売!

THE YELLOW MONKEY(イエモン)が、デビュー25周年を迎える今年ベストアルバムを発売。2013年に発売したアルバムを新たに録り直している。また、12月9、10日には東京ドーム公演を実施する事が決定している。
お湯をかけるとボスジャンになる!?「BOSS」と「ラ王」の奇跡のコラボ「ラ王ボスジャン」が登場!!

お湯をかけるとボスジャンになる!?「BOSS」と「ラ王」の奇跡のコラボ「ラ王ボスジャン」が登場!!

サントリーコーヒー「BOSS」と「日清ラ王」はともに発売25周年!それを記念し「BOSS×日清ラ王 25周年コラボ ラ王ボスジャン」キャンペーンを実施中なのですが、その賞品が「お湯でもどるボスジャン」だと話題になっています!
隣人速報 | 118 view
【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

鉄道雑誌は数多くのものが出版されていますが、私が主に購読しているのは、「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」です。今回は、「鉄道ジャーナル」の1992年6月号(通巻No.307)から、オール2階建て通勤電車の登場を振り返ります。
【新幹線のぞみ300系・山形新幹線登場】鉄道ジャーナル【1992年5月号】を振り返る

【新幹線のぞみ300系・山形新幹線登場】鉄道ジャーナル【1992年5月号】を振り返る

鉄道雑誌は数多くのものが出版されていますが、私が主に購読しているのは、「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」です。今回は、「鉄道ジャーナル」の1992年5月号(通巻No.307)から、新幹線特集を振り返ります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト