8ミリビデオカメラの名機を振り返る 「液晶ビューカム」「パスポートサイズ・ハンディカム」
2015年11月10日 更新

8ミリビデオカメラの名機を振り返る 「液晶ビューカム」「パスポートサイズ・ハンディカム」

運動会シーズンと言えば、お父さんは、ビデオカメラで子供を撮影するのが、今も昔も変わらないかもしれませんが、機材は進化して携帯電話でも4K映像が撮れる時代。90年代は8ミリビデオカメラが主流だったのを覚えていますか。

13,475 view

8ミリビデオカメラの歴史

 (1495812)

懐かしいですね。
家電業界を二分したVHSとベータとの間の激しい規格争いにより、統一された規格がないことのデメリットを痛感したメーカー各社により「8ミリビデオ懇話会」が設けられ、次世代のビデオ規格として検討が行われた結果、ビデオにおける初の世界127社による統一規格として誕生した[1]。
テープ幅が8ミリであり、規格名はそこから取られている。 ビデオカセットはコンパクトカセットとほぼ同じ大きさで、VHSやベータと比較して大幅に小型化されている。 テープはメタルテープ(塗布型または蒸着型)を採用し、高密度記録により、当初より標準モードで120分の長時間記録が可能であった(後に180分テープも発売)。
8ミリビデオをハイバンド化した上位互換の高画質フォーマットとしてHi8、テープ速度を2倍にしてデジタル記録(DV互換)を実現したDigital8がある。そのほかに、Hi8方式の高画質技術として、輝度信号の周波数帯域を拡張するXR規格(公称水平解像度440TV本)が存在する。

SONY

初代8ミリビデオカメラ 「CCD-V8」

初代8ミリビデオカメラ 「CCD-V8」

ソニーが8ミリビデオ規格を構想した際には、カセットが小型で取扱いやすい「家庭用VTRの本命機」という位置づけで、据置型・カメラ一体型ともに既存規格を置き換えるフォーマットとして期待されたが、各社の商品開発はカセットサイズが小型である特徴を活かせるカメラ一体型が先行した。
1985年1月8日、ソニーが8ミリビデオの第1号機「CCD-V8」を発表した
パスポートサイズ・ハンディカム CCD-TR55

パスポートサイズ・ハンディカム CCD-TR55

パスポートと同じサイズというインパクトはありましたね。
従来、家庭用ビデオカメラ(カムコーダ)の主用途は子供の成長記録であったが、1989年にソニーから発売された「パスポートサイズ・ハンディカム」CCD-TR55 は、その劇的に小型な本体サイズもさることながら、旅行に持ち出すというコンセプトが子供を持たない若者を中心に受け入れられ、一時は生産が追いつかなくなるほどの爆発的ヒットとなり、撮影対象が広がったことを示した(ハンディカムの項も参照)。
カタログ

カタログ

価格もお高い

浅野温子 CM 1990年 ソニーハンディーカム パスポートサイズ - YouTube

▼990年代 CM集 http://www.youtube.com/playlist?list=PLIvK0JXVaPzhef5IoZBZj_ybC2e0qB3sq 浅野温子 CM ソニー ハンディーカム SONY Handycam 55
ビデオデッキもありましたね。

ビデオデッキもありましたね。

普通の VHSにダビングするという目的でこんな機材もありましたね。
一方で据え置き型のデッキとしては、8ミリ規格はあまり普及しなかった。テープサイズの小ささを生かした保管場所をとらない家庭用ビデオデッキとして宣伝がされたものの、8ミリビデオ規格が発表された頃には、ビデオデッキの用途はテレビ放送の録画よりも、むしろレンタルビデオソフトの再生のほうに移行しつつあり、レンタルビデオとして圧倒的に普及したVHS規格の首位を覆すに至らなかった。また8ミリ規格の旗振り役として業界を主導したソニーが、ベータ規格の死守という二兎を追った事も、影響していると思われる。またソニーはレンタル店向けに、ビデオソフトの増加に伴っての、保管・陳列スペースの節約というメリットを訴え、8ミリビデオ規格のビデオソフトの普及を推進するも、そのようなレンタル店側の事情はユーザー側にとっては関係無い話であり、結局の所はレンタル店側は店舗の大規模化によって、ビデオソフトのタイトル数の増加に対応する事となる[3]。

シャープ

そして1992年にVHS-Cから転向したシャープが液晶モニター一体型の「液晶ビューカム」を発売し新しい撮影スタイルを提案した。これが大人気商品となったことで、8ミリビデオの優勢が決定的となった。VHS-C陣営の松下電器はその一方で欧州メーカー向けに8ミリのビデオカメラをOEM生産しており、いつでも自社販売に踏み切れる環境にあったが、実現することはなかった。
液晶ビューカム

液晶ビューカム

VL-HL1

VL-HL1

CM シャープ SHARP 液晶ビューカム♪ - YouTube

昔のVHSテープから編集しました。 20年前ならこれで良かったのね。。。

関連リンク

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 42,275 view
シェイプUPガールズ中島史恵が著書「最強逆トレ」を発売!50歳に見えない身体を写真に収めてきた!!

シェイプUPガールズ中島史恵が著書「最強逆トレ」を発売!50歳に見えない身体を写真に収めてきた!!

90年代に人気を集めたシェイプUPガールズの中島史恵が、著書『たった3週間で下がらない体をつくる 最強逆トレ』(大和書房)を発売しました。50歳には見えない奇跡のリフトアップボディ、その秘訣は「逆トレ」にありとのこと!発売会見にお邪魔しました!
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,425 view
サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

国内No.1ブランドコンドーム「サガミオリジナル」は、発売20周年を記念し、愛し合うすべてのカップルを対象にした「デート代20万円を100組にプレゼント」するキャンペーンを実施中です。併せて、キャンペーン特設サイトをオープンさせました。
隣人速報 | 3,901 view
スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

天使たちの放課後、ミスピーチワールド、ストリップファイターⅡ、ハイレグファンタジー、そしてハッカーインターナショナル! セーフなのかアウトなのかよくわからない〝非公認ゲーム〟についてをまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中。
ニュースFレン | 9,462 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト