【真島昌利】のソロシングルを聴き直す
2019年4月1日 更新

【真島昌利】のソロシングルを聴き直す

バンドでもソロでも名曲を残してきたマーシー。今回はそんなマーシーのソロシングルを振り返ってみたいと思います。当然ながらあの名曲「アンダルシアに憧れて」も入っていますので、一緒に聴き直してみましょう!

706 view

真島昌利とは

真島 昌利(ましま まさとし、1962年2月20日 - )は、ロックバンド、ザ・クロマニヨンズ、ましまろ(元ジョニー&スリー・クール・キャッツ、THE BREAKERS、THE BLUE HEARTS、↑THE HIGH-LOWS↓)のギタリスト。愛称は、「マーシー」(学生時代、およびTHE BREAKERS時代は「マッシー」)。東京都日野市生まれ、東京都小平市花小金井育ち。魚座。血液型はB型。既婚。
Amazon | (アンプリファイア) Amplifier “真島昌利” TEE Tシャツ 2色(Black/White) … (L, White) | Tシャツ・カットソー 通販 (2094484)

マーシーのトレードマークともいえるバンダナは、キース・リチャーズに影響を受けたもので、ブルーハーツを結成して間もない頃、汗が垂れてこないようにと巻き始めたといいます。

ギター演奏はチャック・ベリーやローリング・ストーンズのキース・リチャーズに影響を受け、ギブソン・レスポールを愛用しています。

作詞・作曲共にずば抜けた才能を持っており、シンプルかつ胸に響く楽曲が多いですね。

今回はそんなマーシーがリリースしたシングルを聴き直してみたいと思います。

アンダルシアに憧れて

「アンダルシアに憧れて」は、1989年10月にリリースされたマーシーのソロデビュー・シングルです。

アルバム『夏のぬけがら』に収録されていました。
Amazon | アンダルシアに憧れて | 真島昌利 | J-POP | 音楽 (2094474)

中学の時にこの曲を聴いた時、震えたのを覚えています・・・
この曲は今でも聴くのですが、天才ではないか?と思える楽曲です。
近藤真彦さんをはじめ、山崎まさよしさんなどの多くのアーティストがカバーするのも頷ける名曲中の名曲です。

歌詞を聴いてると、その情景が浮かぶんですよね。しかもその世界観がハンパではない。

"必ず行くからそこで待ってろよ"

シビれるってこういうことなんだと思いました。
マーシーの才能が大爆発した曲だと思います。

LV アンダルシアに憧れて

オーロラの夜

「オーロラの夜」は1991年3月にリリースされたマーシーのセカンドシングルです。

アルバム『HAPPY SONGS』に収録されていました。
Amazon | オーロラの夜 | 真島昌利 | J-POP | 音楽 (2094472)

曲もさることながら、詞が良過ぎるんですよね。 こんな詞、どうやって浮かぶのか・・・

"うなる長距離トラックには 若い顔したポールニューマン"
"サルバドール・ダリの絵みたいに 夜がパラシュートをひらく"


正直ねぇ うっとりするわ(笑)
この曲、初めて聴いた時は、そこまで入ってこなかったんです。
しかし、何度も聴いてるうちに歌詞が私の中に入ってきて、その美しい詞に心奪われました。
マーシーのシングルの中で、ぶっちぎりで好きな歌詞でした。

オーロラの夜 / 真島昌利 / LIVE

夜空の星くず

「夜空の星くず」は1991年8月にリリースされたマーシーの3枚目のシングルです。

アルバム『HAPPY SONGS』に収録されていました。
Amazon | 夜空の星くず | 真島昌利, 篠原太郎, 白井幹夫 | J-POP | 音楽 (2094471)

全体的にゆったりしたこの曲は、聴いていると優しい気持ちになれます。
都会で暮らす人なんかは、ラッシュの電車にのるだけで心がイガイガする時があると思うんです。
そんな時にこの曲を聴いて欲しいなぁと思いました。

"三日月のボートに乗り込もう"

なんともロマンチックな歌詞ですよね(^^)/
それにしてもほんとにマーシーは夏が好きですよね。
私も季節では夏がダントツ好きなので、マーシーの曲が入ってきやすいのかもしれません。

真島昌利 / 夜空の星くず (1991.8)

GO!GO!ヘドロマン

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あの頃の流行語を振り返る】1991~1995年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

【あの頃の流行語を振り返る】1991~1995年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

「流行語」一過性の爆発力を持った言葉から、世相を反映した言葉、今なお使われ続けている言葉など、様々な流行語がありますよね。その語源は音楽だったり漫画だったり、時には事件だったりと様々。そんな流行語を年代別にお届けするこのシリーズ。今回は「1991~1995年」を振り返ります。
青春の握り拳 | 23,132 view
【あの頃の商品・新製品を振り返る】1991~1995年に登場した商品や新製品、すでに過去のものとなった製品から今なお販売されている商品までを振り返る。

【あの頃の商品・新製品を振り返る】1991~1995年に登場した商品や新製品、すでに過去のものとなった製品から今なお販売されている商品までを振り返る。

いつの時代も新しい商品や新製品はテレビや新聞などの広告で発表されたり、様々なメディアが取り上げることで賑々しくデビューしますね。なかには今なお愛され続ける商品がある一方、技術の進歩などですでに過去のモノとなった製品がほとんどかもしれません。そんな当時の商品・新製品を年代別にお届けするこのシリーズ。今回は「1991~1995年」を振り返ります。
青春の握り拳 | 67,294 view
大黒摩季 92年~96年発売の8センチシングル作品が名曲すぎる

大黒摩季 92年~96年発売の8センチシングル作品が名曲すぎる

『あなただけ見つめてる』『ら・ら・ら』『別れましょう私から消えましょうあなたから』他、大ヒットした名曲を8センチシングルジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
俺たちの永遠のスター!【郷ひろみ】シングル売上TOP10!!

俺たちの永遠のスター!【郷ひろみ】シングル売上TOP10!!

我らが永遠のスーパースター郷ひろみさんは、通算で100枚以上のシングルをリリースしています。多くの名曲がある中、今回は売上TOP10に注目してみたいと思いました。さっそく振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 795 view
春に聴きたい【坂本冬美】の「夜桜お七」

春に聴きたい【坂本冬美】の「夜桜お七」

1994年に発売され大ヒットとなった坂本冬美さんの「夜桜お七」。この曲は現代の自己主張する女性を江戸時代の八百屋お七をなぞらえて作曲されました。大変素敵な曲なので、是非これを機会に聴き直してみてくださいね(^^)/
つきねこ | 452 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト