2018年1月12日 更新

【訃報】「欽どこ」のお母さん役・真屋順子さんが昨年末に死去していた

「欽ちゃんのどこまでやるの!」(通称:欽どこ)のお母さん役としても知られる女優の真屋順子(まや・じゅんこ)さんが、全身衰弱の為に昨年末に亡くなっていた事が分かった。

200 view

【訃報】「欽どこ」のお母さん役・真屋順子さんが昨年末に死去していた

70年代から80年代に人気だったテレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」(通称:欽どこ)のお母さん役としても知られる女優の真屋順子(まや・じゅんこ)さんが、全身衰弱の為に昨年末に亡くなっていた事が分かった。
75歳だった。大分県出身。本名は高津詔子(たかつ・しょうこ)さん。
 (1964504)

劇団樹間舎は、8日長男の高津健一郎さん名義で公式サイトを更新し、真屋さんの死去を報告した。

この訃報を受け、欽どこで共演した関根勤さんは 「『欽どこ』は、萩本欽一さんが直前で演出を変更したり、僕と小堺(一機)くんが好き勝手やったりと先の読めない現場でしたけど、(真屋さんは)どんな時でも笑顔で我々を見守ってくださったと記憶しています。その笑顔のおかげで、毎週楽しく安心してステージに立つことができました。これからも僕らを見て笑ってください」とコメントしている。

真屋さんは2000年に脳出血で倒れ、左半身まひなど後遺症が生じたものの、その後舞台に復帰した。2010年には夫の高津住男さんと死別。以降、大病を患い、リハビリに励んでいた。

欽どこ1

1:20~ 真屋順子さんの出演シーン(1994年の欽ちゃんのどこまでやるのスペシャルより)

真屋順子さんに関連した特集記事

7 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう!』欽ちゃんと前川清によるコント54号が誕生!「バカウケ」は流行語になった

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう!』欽ちゃんと前川清によるコント54号が誕生!「バカウケ」は流行語になった

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう』は、同タイトルのラジオ番組が人気を博し、1975年4月5日からフジテレビでレギュラー放送された萩本欽一によるバラエティ番組です。欽ちゃんが初の企画を担当した番組になります。
星ゾラ | 1,283 view
【訃報】漫画原作者・狩撫麻礼さん死去。「オールドボーイ」「リバースエッジ 大川端探偵社」など

【訃報】漫画原作者・狩撫麻礼さん死去。「オールドボーイ」「リバースエッジ 大川端探偵社」など

劇画や漫画の原作者として知られる狩撫麻礼さんが、1月7日に亡くなっていたことが分かりました。この記事では彼のご冥福を祈るとともに、80年代から90年代に彼が送り出した名作も振り返ります。
隣人速報 | 363 view
【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

2017年、今年も昭和を代表する多くのスターがお亡くなりになりました。ドラゴンボールでお馴染みの鶴ひろみさんや、大女優・野際陽子さんなど、今年亡くなった方々を振り返ります。
隣人速報 | 5,778 view
【漫画で芸能事件簿】『8時だョ!全員集合』で細川たかしがアキレス腱切断!怪我きっかけで当時ドリフのライバル欽ちゃんファミリー入り!

【漫画で芸能事件簿】『8時だョ!全員集合』で細川たかしがアキレス腱切断!怪我きっかけで当時ドリフのライバル欽ちゃんファミリー入り!

ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』に歌手の細川たかしが出演。しかし、人気コーナー「陽のあたる急な坂道」で転倒しアキレス腱切断の大怪我に。その後、仕事が減った細川を救ったのは、ドルフのライバル・萩本欽一であった。イラストレーター・並木モッズの4コマ漫画で振り返る!
並木モッズ | 2,158 view
【訃報】野村克也氏の夫人「サッチー」こと野村沙知代さん死去。

【訃報】野村克也氏の夫人「サッチー」こと野村沙知代さん死去。

12月8日、「サッチー」の愛称で知られる、プロ野球の元監督・野村克也氏の夫人でタレントの野村沙知代さんが亡くなりました。85歳でした。
隣人速報 | 1,253 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト