【訃報】「欽どこ」のお母さん役・真屋順子さんが昨年末に死去していた
2018年1月12日 更新

【訃報】「欽どこ」のお母さん役・真屋順子さんが昨年末に死去していた

「欽ちゃんのどこまでやるの!」(通称:欽どこ)のお母さん役としても知られる女優の真屋順子(まや・じゅんこ)さんが、全身衰弱の為に昨年末に亡くなっていた事が分かった。

274 view

【訃報】「欽どこ」のお母さん役・真屋順子さんが昨年末に死去していた

70年代から80年代に人気だったテレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」(通称:欽どこ)のお母さん役としても知られる女優の真屋順子(まや・じゅんこ)さんが、全身衰弱の為に昨年末に亡くなっていた事が分かった。
75歳だった。大分県出身。本名は高津詔子(たかつ・しょうこ)さん。
 (1964504)

劇団樹間舎は、8日長男の高津健一郎さん名義で公式サイトを更新し、真屋さんの死去を報告した。

この訃報を受け、欽どこで共演した関根勤さんは 「『欽どこ』は、萩本欽一さんが直前で演出を変更したり、僕と小堺(一機)くんが好き勝手やったりと先の読めない現場でしたけど、(真屋さんは)どんな時でも笑顔で我々を見守ってくださったと記憶しています。その笑顔のおかげで、毎週楽しく安心してステージに立つことができました。これからも僕らを見て笑ってください」とコメントしている。

真屋さんは2000年に脳出血で倒れ、左半身まひなど後遺症が生じたものの、その後舞台に復帰した。2010年には夫の高津住男さんと死別。以降、大病を患い、リハビリに励んでいた。

欽どこ1

1:20~ 真屋順子さんの出演シーン(1994年の欽ちゃんのどこまでやるのスペシャルより)

真屋順子さんに関連した特集記事

7 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう!』欽ちゃんと前川清によるコント54号が誕生!「バカウケ」は流行語になった

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう!』欽ちゃんと前川清によるコント54号が誕生!「バカウケ」は流行語になった

バラエティ『欽ちゃんのドンとやってみよう』は、同タイトルのラジオ番組が人気を博し、1975年4月5日からフジテレビでレギュラー放送された萩本欽一によるバラエティ番組です。欽ちゃんが初の企画を担当した番組になります。
星ゾラ | 1,857 view
【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

元プロレスラーで1964年の東京五輪ではレスリング代表としても活躍したマサ斎藤さんが、7月14日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。この記事では伝説の「巌流島の決闘」にもスポットを当てます。
隣人速報 | 3,024 view
【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 706 view
【訃報】「ビー・バップ・ハイスクール」で立花の菊リンを演じた石井博泰さんが死去。51歳。

【訃報】「ビー・バップ・ハイスクール」で立花の菊リンを演じた石井博泰さんが死去。51歳。

「ビー・バップ・ハイスクール」の映画版で、立花商業高校の菊永淳一(通称:菊リン)を演じた石井博泰さんが17日朝に亡くなっていた事が分かりました。51歳でした。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト