大ブレイク中の武田真治!フェミ男から筋肉サックスへ。
2019年8月11日 更新

大ブレイク中の武田真治!フェミ男から筋肉サックスへ。

いまや筋肉サックスとして大ブレイクの武田真治。90年代は中性的な印象で数々のドラマやバラエティ番組で活躍した彼がいつの間にマッチョキャラになっていたのか、振り返ってみたいと思います。

1,378 view
武田真治といえば皆さんはどの姿を思い浮かべますか?

サックスプレイヤー、俳優としてトヨエツとの「NIGHT HEAD」や「南くんの恋人」「七人のおたく」出演、「めちゃいけ」でのユニークなキャラなどたくさんの顔を持つ彼ですが、近年はその筋肉が大注目!

もともとフェミ男なんて呼ばれてむしろ中性的だったのに「え?」と感じる方も多いでしょう。

1989年、第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリ

 (2131977)

1972年生。俳優、タレント、サックスプレーヤー、声優、ナレーターとマルチにこなす。愛称はシンディ、筋肉サックス。北海道身。
当時はいしだ壱成とともに「フェミ男」と呼ばれていました。当時の印象から、誰がいまの姿を予想したでしょうか。

元々はチェッカーズでサックスを吹く藤井尚之に憧れてサックスプレイヤーを夢見ていた武田真治。
コンテストへの応募もサックス奏者としてのデビューを目指してのモノだったと語っています。

↓後年、憧れの藤井尚之とのサックス共演を実現しています。

藤井尚之×武田真治【White Christmas】【Happy Christmas】

一般に広く知られたのは92年、トヨエツと共演した「NIGHT HEAD」やウッチャンナンチャンと共演した映画「七人のおたく」出演あたりからだったと思います。

NIGHT HEAD

[1992] Night Head 01話

「頭が痛いよ、兄さん!」

が印象的だった「NIGHT HEAD」での演技。このドラマ、深夜帯のSFドラマでしたが非常に人気がありました。

七人のおたく

七人のおたく cult seven

「おたく」というワードが作品名に使われた点で記憶に残っている映画「七人のおたく」。
武田真治はアイドル・改造車おたくの役どころで出演していました。

95年「めちゃモテ」→年「めちゃイケ」お茶の間の人気者に

ジュノンボーイのバラエティ進出の先駆者。
バラエティ出演を決めたのも「チェッカーズ→みなさんのおかげです」という前例があったからとされています。

めちゃ2モテたいッ! judy and mary

95年にはシングル「Blow up」で念願のミュージシャンとしてデビュー。

97年から2001年まではテレビ朝日のスペシャルドラマ「君の手がささやいている」で5年連続で主演。99年には映画「御法度」で沖田総司を演じ第42回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞します。

今更ながらこの映画、キャストが錚々たるメンバーです。

御法度(予告)

2000年代以降も「めちゃイケ」でのバラエティ出演に加えてドラマや舞台、ミュージカルと幅広く活躍。2007年には主演映画「LOVE DEATH」で鍛え上げた肉体美を披露しています。

元フェミ男だった武田真治と筋肉との接点については、25歳の頃に顎関節症を患った際、医師から身体全体の筋肉をつけるように勧められトレーニングを始めたそうです。

2018年、NHK「みんなで筋肉体操」放送開始

まさかの武田真治センターポジションに二度見した方も多いことでしょう。

「筋肉は裏切らない」
「あと5秒しか出来ません!」


などの流行語を生みだしたNHK「みんなで筋肉体操」で、そのマッチョボディをフルに解禁した武田真治。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『柏原崇』の干された原因!芸能界の大物の影の力。そして現在は中国で活躍!!

『柏原崇』の干された原因!芸能界の大物の影の力。そして現在は中国で活躍!!

ジュノンスーパーボーイコンテストで入賞し俳優やモデル・ミュージシャンとして活躍していた柏原崇さん最近はテレビで見なくなくなりました。その原因や現在の活動を追ってみました。
ギャング | 28,999 view
新型コロナのパンデミックの影響で懐かしの「ドライブインシアター」に注目が集まる!!

新型コロナのパンデミックの影響で懐かしの「ドライブインシアター」に注目が集まる!!

全世界で急速に感染が拡大している新型コロナウイルス。その影響で全世界で外出制限などの措置が取られていますが、そんな中、かつて隆盛を極めた「ドライブインシアター」がにわかに注目を集めていると話題になっています。
隣人速報 | 443 view
松方弘樹の息子『仁科克基』実は子役出身で「中学生で祇園遊び」「19歳でヒモ生活」!!

松方弘樹の息子『仁科克基』実は子役出身で「中学生で祇園遊び」「19歳でヒモ生活」!!

仁科克基さんは父親が松方さんというだけではなく、母親は女優・仁科亜季子さん芸能一家。克基さん自身も子役出身で1989年よりドラマや映画・舞台に出演されています。そんな克基さん常識外れの金銭感覚で育てられていた事をぶっちゃけてくれています。
ギャング | 7,309 view
1984年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1984年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1984年にはどのような曲が流行っていたのか?売上枚数で見るリアルな年間ベスト10です。この年、日本の音楽史に必ずや残るであろうアイドルが2組颯爽と登場したんですよ!
obladioblada | 3,750 view
『緒形直人』が病気?干された?「山崎邦正」化して来た?真相を追ってみた!!

『緒形直人』が病気?干された?「山崎邦正」化して来た?真相を追ってみた!!

1990年代はテレビにもよく出演されていたのですが、ここ最近テレビで見かけることが少なくなりました。ネットでは認知症や干された?山崎邦正化して来たなど情報があります。その辺の真相を追ってみました。
ギャング | 6,231 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト