手塚治虫生誕90周年記念プロジェクト『MANGA Performance W3(ワンダースリー)』「マンガの日」に開幕!
2017年11月7日 更新

手塚治虫生誕90周年記念プロジェクト『MANGA Performance W3(ワンダースリー)』「マンガの日」に開幕!

2017年11月3日(金)は、手塚治虫の90回目の誕生日であり、「マンガの日」でもある。秋晴れのこの日、手塚治虫の初期の名作「W3(ワンダースリー)が、”MANGA Performance”という、新しいエンターテイメントとして幕を開けた。

140 view

『MANGA Performance W3(ワンダースリー)』がいよいよスタート!

 (1938475)

2017年11月3日(金)は、手塚治虫の90回目の誕生日であり、「マンガの日」でもある。秋晴れのこの日、手塚治虫の初期の名作「W3(ワンダースリー)が、”MANGA Performance”という、新しいエンターテイメントとして幕を開けた。
「W3(ワンダースリー)」は、今から50年以上前の作品だが、キュートな動物キャラクター、まっすぐな正義感を抱く少年、そして地球の危機、と手塚治虫らしい要素が満載で、今もファンの間で人気が高い作品だ。演出をつとめるのは、プロジェクションマッピングを駆使した2.5次元の舞台で注目を集める、ウォーリー木下だ。ウォーリー木下と言えば、ノンバーバルの舞台で、海外で高い評価を受けていることでも知られている。だが、そんな彼でも「手塚治虫作品のように複雑で壮大なストーリーの作品を、台詞をほとんど使わずに表現するのは初めての経験」ということで、7月のトライアウト以来、何度も試行錯誤を重ねて、初日の開幕に至った。
 (1938477)

マンガをそのまま舞台に投影したようなプロジェクション・マッピング、一人で何役もこなすキャストたちの切れのあるパフォーマンス、宇宙空間を表現するプラネタリウムのような美しい映像で、手塚治虫の世界観が見事に表現されていく。観客とコミュニケーションをとる、ウォーリー木下らしい演出もあり、飽きさせない。まさに、国籍も言語も、年齢も超えて楽しめるエンターテインメントだ。
 照明や音響、プロジェクションマッピングをの演出で、舞台を壮大な宇宙空間に変え、ストーリーをテンポよく展開していく手法は、ウォーリー木下ならではのセンスの良さを感じさせる。
 初日の舞台では、主人公・真一役の西島数博をはじめ、世界的パフォーマーであるフィリップ・エマール、そして、川原一馬、松本ユキ子、手代木花野の5名。たった5名でこれだけ複雑な物語を演じるのも、”MANGA Performande”ならではの画期的な表現法だ。キャストの早変わり、セットの転換、映像やパペットなど、70分の舞台には1000を超える仕掛けがあるというのだから驚きだ。
 (1938479)

主演の西島数博は「15名のキャストがいろいろな組み合わせで出演しますから、それだけでも空気感は全然変わります。きっと観るたびに新しい発見があるはずです」と語る。
 そして、初日開幕を記念して、終演後にはアニメ「W3(ワンダースリー)」第1話の上映と、主演の西島数博、演出のウォーリー木下、そして、マンガやアニメ好きで知られ、自ら声優としても活躍しているニッポン放送アナウンサー・吉田尚記によるスペシャル・トークショーが緊急開催された。
吉田尚記アナから、「まるでアトラクションみたいな舞台ですよね。年間パスが欲しいくらい。おとなしく観ているだけじゃなくて、もっと観客がどんどん参加できるようにしてほしい」と言うと、ウォーリー木下が「それは面白い」と賛同。もしかしたら、そんな企画も実現するかもしれない。
 キャストも制作者も観客とともに、舞台をもっと面白くしようという意欲が伝わってくる。
 トークショーは終始笑いに包まれ、舞台の面白さ、楽しみ方がよく伝わってきた。こういう企画に今後も期待したい。一度観た人も、新たな発見、新たな企画を見逃さないよう、公式サイトやツイッターのチェックをおすすめする。

MANGA Performance W3(ワンダースリー)

■原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
■主催:MANGA Performance W3実行委員会
   (ニッポン放送、読売広告社、シーエイティプロデュース、手塚プロダクション、キューブ、
    キョードー東京、フラックス)
■機材協力:エプソン販売
■後援:フジテレビジョン
■構成・演出:ウォーリー木下
■会場:DDD青山クロスシアター
■日程:2017年11月3日(金)〜12月22日(金) 上演時間 70分予定
■チケット:6500円(税込)
※ただし、「ラッシュ・チケット」という、当日券をお得に購入できるシステムがある。
 このシステムを利用するには、公式ツイッターをフォローするのがおすすめ。
■公式ツイッター:@manga_p_W3
■公式サイト: http://www.manga-p-w3.com
 ●キョードー東京 0570-550-799  http://kyodotokyo.com/
 ●チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:480-470) http://w.pia.jp/
 ●ローソンチケット0570-084-003(Lコード:36550)  http://l-tike.com/
 ●イープラス http://eplus.jp/
■出演者:各公演には下記出演者から5名が出演いたします。
西島数博 フィリップ・エマール 川原一馬 椎原夕加里 石井咲
藍実成 坂口修一 梅澤裕介 松本ユキ子 関口満紀枝
伊藤壮太郎 鈴木秀城 坂口涼太郎 廣瀨水美 手代木花野
※各公演の出演者は、公演スケジュールをご参照ください。
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
手塚治虫の世界が新しいパフォーマンスで甦る!「MANGA Performance W3(ワンダースリー)」

手塚治虫の世界が新しいパフォーマンスで甦る!「MANGA Performance W3(ワンダースリー)」

手塚治虫の初期に描かれた名作「W3」が舞台で蘇る!「MANGA Performance W3」が2017年11月3日(金)から青山で上演が決定!手塚治虫の漫画の世界観×プロジェクション・マッピングをご堪能ください!
”中国のガッキー”ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」戴冠!!

”中国のガッキー”ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」戴冠!!

株式会社大塚家具と株式会社ジュエリーカミネによる「あの名作がジュエリーを纏って永遠に輝く 世界で唯ひとつのジュエリー絵画Ⓡ展」の内覧会が開催。中国出身のタレント、ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」が戴冠されました。
『トキワ荘』手塚治虫や藤子不二雄などが住んでいた漫画界伝説の木造アパート

『トキワ荘』手塚治虫や藤子不二雄などが住んでいた漫画界伝説の木造アパート

東京都豊島区に1952年から1982年にかけて存在した木造アパート『トキワ荘』。そこは漫画の「聖地」としても知られており、1953年に手塚治虫が入居している。その後、手塚を慕って数多くの漫画家たちが『トキワ荘』で過ごすことになった。そんな『トキワ荘』と暮らした人たちを紹介していく。
手塚治虫「火の鳥」の漫画化されていない幻の続編「大地編」の小説化が決定!虫プロの制作現場を描いた漫画も新連載!

手塚治虫「火の鳥」の漫画化されていない幻の続編「大地編」の小説化が決定!虫プロの制作現場を描いた漫画も新連載!

手塚治虫がライフワークと位置付け、初期から晩年まで描き続けていた傑作「火の鳥」。このたび「火の鳥」の漫画化されていない構想原稿「大地編」が、朝日新聞の土曜別刷り「be」にて小説として連載されることが明らかとなりました。また、虫プロのアニメ制作現場を描いた漫画「TVアニメ創作秘話~手塚治虫とアニメを作った若者たち~」の連載もスタート!
隣人速報 | 741 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト