テイタム・Oとクリスティ・M、人気アイドル主演の映画「リトル・ダーリング」
2017年8月15日 更新

テイタム・Oとクリスティ・M、人気アイドル主演の映画「リトル・ダーリング」

1980年に制作された映画「リトル・ダーリング」は、当時、大人気だったテイタム・オニール、クリスティ・マクニコル、マット・ディロンが共演して映画界で話題となりました。「どちらが先に処女喪失できるか?」と過激な賭けをはじめてしまう二人のティーンを巡る青春映画です。映画はもちろん、主なキャストたちのその後もまとめてみました。

946 view

映画「リトル・ダーリング」

「リトル・ダーリング」テイタムとクリスティ

「リトル・ダーリング」テイタムとクリスティ

監督 ロナルド・F・マックスウェル
脚本 キミ・ペック
製作 スティーヴン・J・フリードマン
音楽 チャールズ・フォックス
撮影 ベーダ・バトカ
編集 ベンブローク・J・ヘリング
配給 パラマウント映画
1980年6月14日 日本公開
(Wikipediaより)
1980年に日本でも公開された映画です。
出演者が、テイタム、クリスティ、マット・ディロンと当時の大人気アイドルたちの共演ということでも話題となりました。

主な映画の概要

三人のアイドル共演

三人のアイドル共演

当時のアメリカの十代たちの生活を見ることもできる映画でした。
ティーンエイジのサマーキャンプで、2人の少女が「どちらが先に処女喪失できるか?」を賭ける!というロストヴァージンをめぐるSEX話だが、あくまでもソフトに、青春/友情を爽やかに描く。
劇場公開版では、劇中でジョン・レノンの「オー・マイ・ラヴ」が非常に印象的、効果的に使用されているが、権利関係からか、ビデオ発売時に差し替えられている。

Little Darlings [fan trailer]

「リトル・ダーリング」のファンの方がつくられた予告編です(おそらく)。
なので、音声がないのですが、音がなくとも映画の雰囲気と物語が少しわかるので、見てみてくださいね!
「ロストヴァージン」をゲームのように駆けてしまうところは、日本でもそんな時期あったと思いませんか? 駆けまでしないけど、誰が最初に‥‥と十代の頃、話題に花が咲いたり。
日本でもアメリカでもそれは変わらないのですね!
(でも、最後まで映画を見ていない方は、ぜひ最後まで見てみてください。そんな駆けゲームがどうなるか‥‥?)
「People」誌の表紙にも!

「People」誌の表紙にも!

アメリカの主要紙「People」の表紙にもなったほど!

ジョン・レノンがBGM(映画では)!

oh my love - john lennon

ジョン・レノン「オー・マイ・ラヴ」
上記のWikipediaにも書かれてありますが、映画のバックに流れるジョン・レノン「オー・マイ・ラヴ」。この曲も映画内では一役かっていたことと思われますが、ビデオでは違う曲になっていた‥‥残念なことです。

ストーリー

フェリス(テイタム・オニール)とエンジェル(クリスティ...

フェリス(テイタム・オニール)とエンジェル(クリスティ・マクニコル)

お嬢様育ちのフェリス(テイタム)と、ちょっと不良っぽいエンジェル(クリスティ)。
育ちも性格も違う二人がサマーキャンプへ参加‥‥。
夏休み。15歳のエンジェル・ブライトとフェリス・ホイットニーは、小学生から高校生までの女の子だけを対象としたサマー・キャンプ、“キャンプ・リトル・ウルフ”に参加すべく、バスに揺られていた。
しかし相性の悪い2人は、バスの中でさっそくケンカ。しかも、キャンプ場の部屋が同室になってしまう。
そんな中、同室のシンダーが“女”になった自慢話をして彼女たちを挑発したことから、2人はどっちが先に現地の男の子を調達して“女”になるか賭けをするが……。
サマーキャンプ

サマーキャンプ

夏休みのキャンプ。
一夏の恋・経験‥‥
小競り合い、喧嘩

小競り合い、喧嘩

タイプの違うフェリスとエンジェルの間では、小競り合いに喧嘩が絶えません。
出会い

出会い

ランディ(マット・ディロン)とエンジェルの出会いシーン。
(マット・ディロンが初々しく若いですね!)
フェリスにも出会いが

フェリスにも出会いが

一方、フェリスは大人っぽいゲイリー(アーマンド・アサンテ)と出会います。

主なキャスト

53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。

【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。

 「フェノミナ」は1984年、イタリアのダリオ・アルジェントが監督・脚本を担当した、殺人事件の謎を巡り展開されるホラー映画です。昆虫と交信でき持病が無夢遊病という美少女ジェニファー・コルビノ役のジェニファー・コネリーは、不気味な映画の中で咲いた一輪の花のように美しかったです! そして、映画の中に本物の「霊?」が映っているとテレビなどで紹介されたことでも話題になりました。
Yam | 11,135 view
美しきダンス映画「フラッシュダンス」 シンセサイザーの音が印象的な主題歌!麻倉未稀もカヴァーしましたね♪

美しきダンス映画「フラッシュダンス」 シンセサイザーの音が印象的な主題歌!麻倉未稀もカヴァーしましたね♪

1983年アメリカで公開された映画「フラッシュダンス」。主人公のサクセスストーリーが面白かったですね。主題歌は日本でも大ヒットしました!
ひで語録 | 10,471 view
映画【危険な情事】について語ろう!ラストシーンが異なるニュー・バージョンもあった!

映画【危険な情事】について語ろう!ラストシーンが異なるニュー・バージョンもあった!

映画【危険な情事】日本での公開は1988年9月、第60回アカデミー賞で6部門においてノミネートされた【危険な情事】ついて語ろう!
映画【ダイ・ハード】この映画の成功により4作の続編が作られた!

映画【ダイ・ハード】この映画の成功により4作の続編が作られた!

映画【ダイ・ハード】日本での公開は1989年2月、ブルース・ウィルス主演の1人で大勢と戦う主人公の物語はその後のアクション映画の定番になった【ダイ・ハード】ついて語ろう!
映画【カクテル】トム・クルーズ主演。カクテル作りの派手なパフォーマンスでヒットを博した。

映画【カクテル】トム・クルーズ主演。カクテル作りの派手なパフォーマンスでヒットを博した。

映画【カクテル】日本での公開は1988年6月、ロジャー・ドナルドソン監督、トム・クルーズ主演【カクテル】ついて語ろう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト