【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。
2017年1月26日 更新

【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。

 「フェノミナ」は1984年、イタリアのダリオ・アルジェントが監督・脚本を担当した、殺人事件の謎を巡り展開されるホラー映画です。昆虫と交信でき持病が無夢遊病という美少女ジェニファー・コルビノ役のジェニファー・コネリーは、不気味な映画の中で咲いた一輪の花のように美しかったです! そして、映画の中に本物の「霊?」が映っているとテレビなどで紹介されたことでも話題になりました。

13,664 view

フェノミナ~みんなで見れば怖く…ない、ではなかったです!

映画「フェノミナ」

映画「フェノミナ」

スイス郊外にある不気味な雰囲気を漂わす寄宿舎を舞台に虫と交信する事のできる少女をめぐって起きる殺人事件を描いた、奇才アルジェントによるホラー・ムービー。
死体やウジ虫の浮かぶプールに落ちるJ・コネリーの熱演ぶりに圧倒される。97年に「インテグラルハード完全版」としてリバイバル公開された。
 この映画なのですが、正直に言いますね…見たくて見たわけではなかったのですよ。
 今でこそホラーでも雑多に、「見てみよう」と見るようになりましたが…。
 高校時代にこの映画を見たのですが、うちへ友達が遊びに来た時に、何故かこの「フェノミナ」のビデオをレンタル店で借りて持ってきたのです。
「なんで、ホラーなんて借りてくるの…(ノω・、)」
 と少々、困惑する私に、
「だって、一人で見ると怖いけど、大勢(5人くらですが)で見るんだから怖くないでしょ?」
 と友人…。
 「みんなで見れば怖くない」…じゃなかったです!!
「みんなで見ても、気持ち悪いし、怖いわ(絶叫)!!!」
 でした…。しかし、中には、
「ええ、怖いか? だってこんなん、全部、つくりものだし」
 と冷静と言うのでしょうか、まったく平気な友人もいたりしましたが…。
 とにかく、昼間に何人か集まって見ても「不気味で怖かった」映画であったことはよく覚えています。

ストーリー

スイスのチューリッヒ

スイスのチューリッヒ

「フェノミナ」の舞台は、この美しいスイス北部の街チューリッヒが舞台です。
この都市ではか弱い少女ばかりを標的にした連続殺人事件が起こっており、警察は高名な昆虫学者マクレガー教授に腐敗した被害者の頭部を見せ意見を求める。
被害者の頭部に集っている蛆虫が犯人を突き止める手がかりになると考えた教授は事件解決に向けて協力を約束する。
一方、市内の寄宿制女子学校に、有名な映画俳優を父に持つ美少女ジェニファーが転校してくる。彼女は昆虫と交信できる特異な能力の持ち主だった。持病の夢遊病で真夜中に徘徊している最中、殺人現場に遭遇したジェニファーは、ひょんなことからマクレガー教授と親しくなり、自分の持つ能力を活かして教授と共に事件の犯人を追うことになる。
そんな中、ジェニファーのルームメイトであるソフィが惨殺された上、マクレガー教授も犠牲となってしまう。そして殺人犯の魔の手はジェニファーにも及ぶのであった。
虫…(しかも蛆虫です!)が苦手な方には地獄のような設定です。

Phenomena - 1985 - Trailer in HD

フェノミナ 予告編(英語)
出典 youtu.be

主なキャスト

ジェニファー・コルビノ

ジェニファー・コネリー

ジェニファー・コネリー

映画俳優を父に持ち、昆虫と交信できるという不思議な能力を持つ美少女ジェニファーを演じるのは名前が同じくジェニファー・コネリー。
とにかく惨劇に虫の中で、ジェニファーの美しさだけは、光っていました。
昆虫学者マクレガー教授と親しくなり、少女連続殺人事件解決のために協力するが、自分自身も命を狙われることになる。持病の夢遊病に悩まされており、有名人の娘であり特異な能力を持つがゆえに生徒達や教師からも白眼視されている。

ブルックナー

ダリア・ニコロディ

ダリア・ニコロディ

ジェニファーの付き添いの教師で、ヒステリックな虫嫌い…そんなブルックナーを演じるのは、当時のアルジェント監督の妻でもあったダリア・ニコロディ。
 このダリア・ニコロディですが、自身のパートナーであるアルジェント作品の当映画に、不満があるようでした。

校長

ダリラ・ディ・ラザーロ

ダリラ・ディ・ラザーロ

寄宿学校の冷徹な校長で、ジェニファーの夢遊病と特異な能力を精神障害と判断し、精神病院に入れようとする…そんな校長役は、元モデルのダリラ・ディ・ラザーロ。

ジョン・マクレガー教授

ドナルド・プレザンス

ドナルド・プレザンス

ひょんなことから知り合ったジェニファーの能力に興味を示し、彼女の力を借りて事件解決のために動く昆虫学者を演じるのは、ドナルド・プレザンス。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

鬼才ジョン・カーペンター監督が80年に製作したホラー映画で、不気味な霧の中から現れた亡霊が、100年前の復讐をするために町の人を恐怖に陥れていきます。
星ゾラ | 7,731 view
魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

ヨーロッパのバレエ学校に入学したスージー、学校内で次々と殺人が起こる中、スージは学校に魔女が棲んでいる事を突き止めます。またこの映画では、赤や青の原色の色彩が特徴のひとつにもなっています。
星ゾラ | 8,138 view
ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】

ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】

1980年の公開以来、2002年までシリーズ通算10もの作品が製作された13日の金曜日。スプラッタホラーの金字塔として多くのファンが存在します。今回はそのシリーズ第一作についてまとめてみました。
bohemianrhapso1 | 197,629 view
SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

第1作が1984年に公開、1990年に第2作も公開され、ヒットするなどSFパニック映画の代表作のひとつとなった『グレムリン』。その第3作目の製作が進行中であることが、前2作で主人公ビリー役を務めたザック・ギャリガンが語っている。
ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!

ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!

1978年にイタリアとアメリカの合同で製作・公開されたホラー映画「ゾンビ」。世界中を震撼させ、ゾンビ映画の金字塔とも言われる「ゾンビ」は、後のゾンビ映画を量産するきっかけとなります。そんなゾンビ映画の名作であるこの作品をもう一度観てみましょう!
きゃんで | 14,316 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト