美しきダンス映画「フラッシュダンス」 シンセサイザーの音が印象的な主題歌!麻倉未稀もカヴァーしましたね♪
2017年1月31日 更新

美しきダンス映画「フラッシュダンス」 シンセサイザーの音が印象的な主題歌!麻倉未稀もカヴァーしましたね♪

1983年アメリカで公開された映画「フラッシュダンス」。主人公のサクセスストーリーが面白かったですね。主題歌は日本でも大ヒットしました!

13,785 view

ダンスと音楽が魅力の映画 「フラッシュダンス」

1983年製作のアメリカ映画。原題《Flashdance》。ジェニファー・ビールス主演のダンス映画。監督:エイドリアン・ライン
ジャズダンス・ブレイクダンス等のダンスと軽快なサウンドトラックが印象的な青春映画である。
 (1599328)

有名過ぎる水しぶきのシーン

風見しんごの振付のきっかけに!

ブレイクダンスは風見がテレビで披露したことにより、広く日本で知られるようになったものである。
風見が振付にブレイクダンスを取り入れた経緯については、映画『フラッシュダンス』で子供たちが踊るシーンを見て思いついたと話している。
 (1599925)

「涙のtake a chance」でブレイクダンスを披露!
NYへダンス留学したそうです
出典 ameblo.jp

あらすじ

ダンサーになる夢を追う女性の姿を描いた青春映画。
昼は製鉄所、夜はナイトクラブのフロアダンサーとして働くアレックスは、日々プロのダンサーになることを夢みて暮らしていた。
そして恋人との確執、友人の死などを経て、いよいよオーディションの日が迫ってきた……。
 (1599356)

プロダンサーの夢を叶えたい主人公・アレックス
(ジェニファー・ビールス)
オーディションで最初はよろめくが最初からやり直し、ピッツバーグのストリートで見たブレークダンスを取り入れ学び練習してきた様々な表現の伝統にとらわれない独創的なダンスで挑む。

初めは全く興味を示さない審査員であったが、予想もしないダンスに圧倒され見事合格を勝ち取る。
会場から喜んで出てきたアレックスを待っていたのは、犬のグラントとバラの花束を抱えたニックだった。二人は抱き合い、喜びを分かち合うのだった。

主演・ジェニファー・ビールス自身も、オーディションからの大抜擢!

当時はイェール大学の学生だったジェニファー・ビールスが、オーディションでヒロインのアレックス役に抜擢された。
彼女は1980年の 映画『マイ・ボディガード』に端役で出演していたがアンクレジットだったため、これが本格的な映画デビューとなる。
 (1599883)

長身と洗練されたプロポーションも、ダンス時に際立っていました
出典 ameblo.jp
同作でゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされる。

映画主題歌は、数々の音楽賞を受賞!

アイリーン・キャラの「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」は、「ビルボードHOT100」で1位を獲得し、「アカデミー歌曲賞」や「グラミー賞・最優秀女性歌唱賞」等を受賞しました。

アイリーン・キャラは80年代前半を代表するアーティストになりました。
 (1599346)

映画「フラッシュダンス」のオリジナル・サウンドトラック
シンセサイザーのイントロから惹きこまれます。更に歌詞が良いんです!
静かな序盤から、段々と盛り上がっていきます。

ダンスがいかに人の心を打つのかといった内容で、映画のシーンともマッチしたまさにダンスが売りの映画主題歌にふさわしい名曲です。

「What a feeling!」 何という感覚なんでしょう!
サビのこのワンフレーズをとっても、ダンスのパッションが伝わってきますね♪

フラッシュ ダンス / 歌詞 - YouTube

歌詞にご注目!
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジョン・トラボルタがダンス界に新たな伝説を!激しいダンスで科学反応を起こす!!映画『ステイン・アライブ』

ジョン・トラボルタがダンス界に新たな伝説を!激しいダンスで科学反応を起こす!!映画『ステイン・アライブ』

シルヴェスター・スタローンが監督を務め、前作の『サタデー・ナイト・フィーバー』で主人公を演じたジョン・トラボルタが主演となっています。映画のために一流のダンスコーチの指導があったそうで、映画では迫力あるダンスを観る事が出来ます。
星ゾラ | 6,791 view
【ガンジー】第55回(1983年度)アカデミー賞を振り返る!【ベン・キングズレー】

【ガンジー】第55回(1983年度)アカデミー賞を振り返る!【ベン・キングズレー】

1983年と言えば、東京ディズニーランドが開園した年。ファミコンが発売されたり、インターネットが開始したりと、日本に新しい楽しみがもたらされた年であった。そんな1983年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 118 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 371 view
貝殻ビキニだけじゃない!武田久美子のアイドル歌手・女優としての魅力!!

貝殻ビキニだけじゃない!武田久美子のアイドル歌手・女優としての魅力!!

「貝殻ビキニ」など、露出の多いセクシーなグラビアで話題となった武田久美子の、80年代のアイドル時代の活動にスポットを当ててみたいと思います。
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 2,228 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト