緒方拳、福山雅治が共演していた!『愛はどうだ』
2017年1月31日 更新

緒方拳、福山雅治が共演していた!『愛はどうだ』

名優緒方拳とまだ売り出し中の福山雅治が共演していました。まだ、若くてチャラい感じの福山雅治が新鮮です。部下と上司という設定で二人の掛け合いも楽しいです。当時、ブレイク中の清水美砂、つみきみほの魅力全開です。

4,339 view
 (1597424)

緒方拳が自分は、女性にだらしないが、自分の娘の男性関係には非常に厳しい、時はすでに平成だったのですが、昭和のようなお父さんを好演しました。三人の娘をふりまわしたり、ふりまわされたり、いつの時代もお父さんは大変です。

愛はどうだ

愛はどうだ(あいはどうだ)は、1992年4月17日から6月26日までTBS系で放送された連続テレビドラマ。放送時間は毎週金曜日22時からの1時間(金曜ドラマ枠)。
最終回視聴率は関東地区17.2%、関西地区25.6%(ビデオリサーチ調べ)

あらすじ

8年前に妻をなくした三崎修一(緒方拳)は3人の娘の父親だが、女の子に声をかけたり、適当に遊んでみたり、愛人(渡辺えり子)がいたり、気ままな生活を送っていた。
長女のあやめ(清水美砂)は、2人の妹と父親の面倒みる母親代わりの生活を8年間もずって送っていて誰もあやめを手伝おうとしなかった。家事をするため、恋人の本村喜一(伊原剛志)ともろくにデートできない。喜一は、ついにあやめに告げる。「君が、結婚したら誰が家のことをやるんだろうな。」その一言で、あやめは、家族に対して遂に爆発するのだった。
次女のかなえ(つみきみほ)は、派遣社員。派遣先の社長から、仕事ぶりを評価され社員にならないかと誘われる。実は、社長には妻子がいたが、仕事が忙しく妻に浮気をされそれが許せなくて別居中という。そして、二人は体の関係を持つ。ホテル住まいの社長のもとに出かけたかなえは、彼の家族がホテルの彼の部屋に向かっていくのを目撃してしまう。かなえは、修一にすべてを話し、父と娘はやっと語り合うことができた。
あやめは、喜一にプロポーズされ、喜一は修一にあいさつにいくことに。その約束から修一は会社を理由に逃げ出してしまう。喜一は、修一が帰ってこないことを知り、緊張が解けて泥酔してしまう。その時、修一が帰ってきて、泥酔状態の喜一をみて、帰れと激怒する。

登場人物

三崎修一(緒方拳)

三崎修一(緒方拳)

玩具会社苦情処理係課長
女性大好きで自分は遊んでばかりいるのだが、娘たちの男性関係にはとても厳しい。頑固オヤジ。
三崎あやめ(清水美砂)

三崎あやめ(清水美砂)

修一の長女、旅行会社OL
母が亡くなってから、家事を一手に引き受ける。手伝おうともしない父や妹たちを尻目に黙々と家事をこなしていたが。
三崎かなえ(つみきみほ)

三崎かなえ(つみきみほ)

修一の次女、派遣社員
不倫騒動を起こしたり、修一の部下とつきあったりと、お騒がせ娘である。
三崎さなえ(渋谷琴乃) 画像右。

三崎さなえ(渋谷琴乃) 画像右。

修一の三女、高校生
末っ子ということもあり、姉たちの行動を冷静に見ている。
あやめの恋人
本村喜一(伊原剛志)  画像右

本村喜一(伊原剛志)  画像右

あやめの為に、一生懸命たちまわるが、修一とうまくいかず…。
矢沢誠(福山雅治)

矢沢誠(福山雅治)

修一の部下
かなえと付き合うようになり…
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

出産後あまりメディアで見なくなった『瀬戸朝香』がジャガー横田化してきた?!

出産後あまりメディアで見なくなった『瀬戸朝香』がジャガー横田化してきた?!

V6の井ノ原快彦さんと結婚された瀬戸朝香さん。出産後、子育てに忙しいのかもしれませんが、メディアであまり見なくなりました。そんな中、最近激太りしているという噂があります。
ギャング | 22,980 view
黒柳徹子が福山に熱烈オファー!ドラマ「トットちゃん!」の主題歌を福山雅治が担当します!

黒柳徹子が福山に熱烈オファー!ドラマ「トットちゃん!」の主題歌を福山雅治が担当します!

10月2日からスタートするテレビ朝日系ドラマ「トットちゃん!」の主題歌を福山雅治が担当することが明らかとなりました。黒柳徹子から福山への熱烈ラブコールが成立!
隣人速報 | 704 view
「北の国から」で田中邦衛が演じた主役の黒板五郎役に、5人の候補者がいたのをご存知ですか?

「北の国から」で田中邦衛が演じた主役の黒板五郎役に、5人の候補者がいたのをご存知ですか?

ドラマ「北の国から」見ていた方は多いでしょう。五郎、純、蛍、それぞれに個性がありましたが、なかでも田中邦衛は独特の味わいで演技していました。そんな田中邦衛が演じた黒板五郎には、当初5人の役者候補がいたんだそうです。
青春の握り拳 | 104,432 view
あのVシネマ俳優がイケメン俳優だった『君のためにできること』

あのVシネマ俳優がイケメン俳優だった『君のためにできること』

ハリウッド映画「ゴースト/ニューヨークの幻」翻案のドラマ。車にひかれ死んだ男が、自分をひき殺した男の体を借りてこの世に生き返り恋人の元に帰ろうとするがなかなか思い通りにいかない。生き返って生きる目的を探そうとする男の物語。
くれない | 7,605 view
旬の俳優を集めたものの低視聴率『あの日の僕をさがして』

旬の俳優を集めたものの低視聴率『あの日の僕をさがして』

穂高の美しい自然を舞台に東京から穂高に仕事のプロジェクトの為、帰ってきた男性の恋や友情、友人たちとの反目をテーマに初恋の女性の恋の行方も織り込んで展開されていく物語をまとめてみました。
くれない | 7,512 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト