2016年12月12日 更新

『ウルトラマンシリ-ズ』俳優たちのその後①(黒部進・中田博久・森次晃司)

1960年代後半よりテレビで一躍ヒーローとして活躍したウルトラマン、ウルトラセブンなどの初期特撮物に出演した主人公達の近況を覗いて見ました。

11,186 view

まずは何はなくとも『ウルトラマン』!!

『ウルトラマン』(左)と黒部進(右)の硬い握手

『ウルトラマン』(左)と黒部進(右)の硬い握手

出典 m-78.jp
『ウルトラマン』は、日本の特撮テレビ番組(カラー)、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。制作は円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」。武田薬品一社提供の特撮ゾーン「タケダアワー」内で放送。『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、および、その劇中の巨大変身ヒーローは「ウルトラマン」と総称される場合がある。
後続作品のヒーローと区別するために本作のウルトラマンを「初代ウルトラマン」「初代」「マン」と呼ぶ場合がある。

『ウルトラマン』で主人公のハヤタ隊員を演じたのは俳優の黒部進

1966年に『ウルトラマン』の主人公である科学特捜隊のハヤタ隊員役として起用され、『ウルトラマン』は平均視聴率36.8%を誇る大ヒット作となり、全39話に出演した黒部も「正義の味方」として著名になる。

渋谷で靴磨きを営んでいる折、日々の生活を問われて役者を目指している旨答えると、保証人を引き受けるからと東宝のニューフェイス応募を山本嘉次郎から促され、映画俳優の端緒になる。

31歳の時、オートバイでアフリカ大陸を横断して以来、同地に魅せられ、ケニアの孤児院建設、里親募集運動などにも携わっている。

ウルトラマン以降はテレビ、部隊、映画などに多数出演されていて、現在でも現役のようです。時代劇やドラマで悪役を勤める、一時期悪役商会に所属していたことも。
『ウルトラマン』のハヤタ隊員

『ウルトラマン』のハヤタ隊員

当時の黒部進さんは相当の二枚目俳優ですね。
現在の黒部進さん(右)

現在の黒部進さん(右)

初代『ウルトラマン』と初代『仮面ライダー』の揃い踏みです!!
必殺シリーズで悪役として出演されていた頃の黒部進さん

必殺シリーズで悪役として出演されていた頃の黒部進さん

私達『ウルトラマン』ファンにはちょっと違和感を感じましたが、今になっては充分に理解できますよ。

お次は『ウルトラセブン』と思いきや『キャプテンウルトラ』でした!!。

『キャプテンウルトラ』の出演者たち

『キャプテンウルトラ』の出演者たち

『ウルトラマン』の次は『ウルトラセブン』だとずっと思っていた私にとって驚きの一言でした。
『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』は、1967年(昭和42年)4月16日-9月24日まで、TBSの「ウルトラシリーズ」第3弾として、日曜日19:00-19:30枠にて全24話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および同作主人公の名前である。1966年(昭和41年)初頭からTBSのタケダアワーで放映開始された円谷特技プロダクション制作の「空想特撮シリーズ」、『ウルトラQ』、『ウルトラマン』は、高視聴率を獲得し、日本全国に爆発的な『怪獣ブーム』を巻き起こした。しかし、円谷特技プロダクション側では『ウルトラマン』の制作が次第に追いつかなくなり、やむなく放送打ち切りを余儀なくされた。この放送枠を単独提供していた武田薬品工業およびTBSは、ウルトラシリーズの続行を熱望した。
これに対し、前年から本格的にテレビ特撮番組への参入を目論んでいた東映側では、社長の大川博から資本提携下にあるNET(現:テレビ朝日)以外の局での番組枠獲得が厳命されていた。これを受け、渡邊亮徳とプロデューサーの植田泰治によって「円谷特撮と東映特撮の違い」という企画論文が起こされ、これを番組仮名『宇宙大戦争』とし、TBSに持ち込んでの積極的なセールスが行われた。これを受けてTBSは、円谷特技プロの次回作準備が整うまでの半年間の契約で、新番組の製作を東映に依頼。こうして本作は、TBS「ウルトラシリーズ第3弾」として放送されることとなった。作品コンセプトは『ウルトラマン』の後続企画『ウルトラ警備隊』から引き継がれている。

『キャプテンウルトラ(本郷武彦)』で主人公の本郷隊員を演じたのは俳優の中田博久

父親は戦前中の二枚目俳優で戦後は映画製作会社の社長・中田弘二。妻は女優の新井茂子。アール・クルー所属。日本大学第二高等学校在学中の1960年、父がかつて所属していた日活のニューフェースとして映画『南海の狼火』でデビュー。その後、日本大学藝術学部に進学し、卒業後の1965年に東映で再デビューを果たす。

『昭和残侠伝』シリーズなどで重要な役柄を演じる一方、特撮作品では主役級で活躍。
『名探偵明智小五郎シリーズ 怪人四十面相』では明智小五郎役を演じた。

『キャプテンウルトラ』に主演後、アクの強い悪役を演じる機会が増加。『仮面ライダーアマゾン』(ゼロ大帝)や『超電子バイオマン』(メイスン)などに出演した。
河崎実監督作品には常連出演している。
『キャプテンウルトラ』出演当時の田中博久さん

『キャプテンウルトラ』出演当時の田中博久さん

正義の味方をまっすぐにやっておられます。
現在のお姿です。

現在のお姿です。

私もこういうシルバーグレーになりたいです!!
異常者役の田中博久さん

異常者役の田中博久さん

こんな人に追われたら怖くて震え上がります!!!!!!。

お次は『ウルトラセブン』の登場

ポーズをキメる”モロボシ・ダン”役の森次晃嗣さん(左)...

ポーズをキメる”モロボシ・ダン”役の森次晃嗣さん(左)と『ウルトラセブン』

『ウルトラセブン』は、円谷プロダクション・TBSが制作した特撮テレビ番組(カラー)、またはその劇中に登場するヒーローの名称である。1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日まで、TBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全49話が放映された。宇宙の侵略者から地球を守るウルトラ警備隊と、地球人に協力するヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語である。
自然現象の一部としての怪獣出現が主なテーマだった『ウルトラマン』に対し、本作では明確な侵略の意図を持った知的生命体=宇宙人との対立が物語の中心となった。

『ウルトラセブン』で主人公のモロボシ隊員を演じたのは俳優の森次晃司

高校卒業後に上京。さまざまなアルバイトやモデル活動をしながら俳優を目指し、1965年のテレビドラマ『青春をぶっつけろ』でデビュー。1967年には『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイクした後、現代劇から時代劇まで、テレビ作品、映画などに幅広く出演した。
俳優業の傍ら、神奈川県藤沢市鵠沼海岸でカフェレストラン「JOLI CHAPEAU」 (ジョリー・シャポー、#外部リンクを参照)を経営しており、店にいる時には自らシェフとしてハヤシライスを調理している。店内ではウルトラアイなどのウルトラセブングッズの販売、定期イベントとしてジャズ・シャンソンのライブ、ウルトラ関連のファンミーティングなども行われている。
現在はオスカープロモーションに所属。1997年9月、神奈川県に個人事務所「森次晃嗣事務所」を設立し、タレント業と並行してウルトラ関連グッズの製造販売やイベントの開催運営なども手掛けている。円谷プロとの業務提携により、ヒーローショー、アトラクションやウルトラ関連イベントの開催運営事業に参入する。2002年4月、業務の拡大に伴いイベント事業部が「有限会社 森次エンターテインメント」と改称し、森次晃嗣事務所関連企業として独立している。また、『仮面ライダー剣』で、天王路博史=ケルベロスⅡ役で見事に悪役を演じていた。実に皮肉な話ですね。
『ウルトラセブン』を演じた頃の森次晃司さん

『ウルトラセブン』を演じた頃の森次晃司さん

現在の森次晃司さん

現在の森次晃司さん

いや~ダンディーですね!!
『仮面ライダー』の敵ラスボス役で出演された頃の森次晃司さん

『仮面ライダー』の敵ラスボス役で出演された頃の森次晃司さん

体格も宜しいので余計に怖いです。
27 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ウルトラマンシリーズ』俳優たちのその後②(団時朗・高峰圭二・星光子)

『ウルトラマンシリーズ』俳優たちのその後②(団時朗・高峰圭二・星光子)

1960年代後半よりテレビで一躍ヒーローとして活躍したウルトラマン、ウルトラセブンなどの初期特撮物に出演した主人公達の近況を覗いて見ました。今回は『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』を記述します。
ショック!ウルトラマンたちが敗北したシーンまとめ。

ショック!ウルトラマンたちが敗北したシーンまとめ。

子供の頃絶大な人気を誇ったウルトラマン。もはや日本国民のヒーローでした。そんなウルトラマンがやられるなんて…大きなショックを受けたものです。
青春の握り拳 | 48,028 view
ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

1970年代はウルトラシリーズなどの特撮番組や人気の定番アニメの再放送が大変充実していました。初代ウルトラマンやウルトラセブンは特に何度も再放送されました。地域によって番組編成は異なっていると思います。今回のまとめは関東キー局の70年代のウルトラシリーズの再放送状況をピックアップしておさらいしていきます。
トントン | 20,875 view
「特撮巨大ヒーロー」の登場と「高度経済成長期」(1954年から1973年)の関係を探る

「特撮巨大ヒーロー」の登場と「高度経済成長期」(1954年から1973年)の関係を探る

特撮巨大ヒーローの歴史と高度経済成長期の関係を見てみると、いろいろな面白いことが見えてきます。特撮番組は日本経済や世相と連動しているのですね。
トントン | 9,624 view
ウルトラマンが生まれるまで・ウルトラシリーズの初期設定

ウルトラマンが生まれるまで・ウルトラシリーズの初期設定

ウルトラマン、ウルトラセブンなどが生まれるまでの設定の紆余曲折やデザインイメージの変遷などをおさらいしてみましょう。
トントン | 49,345 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト