今でも色褪せることのないファンタジックな曲で想像を掻き立てられるロックバンド『グラスバレー』
2016年3月9日 更新

今でも色褪せることのないファンタジックな曲で想像を掻き立てられるロックバンド『グラスバレー』

出口雅之のくせのあるヴォーカルとスリル満点のアレンジが一筋縄ではいかない弾力性を生み出していて、ゆったりした曲もあれば、ノリの良いビート系の曲もあります。また物語で流れそうな世界観のある曲もあります。とても個性的なバンドです。

11,703 view
バンド『グラスバレー(GRASS VALLEY)』

バンド『グラスバレー(GRASS VALLEY)』

1986年結成し、 1992年に解散。

ソニー・ミュージックのFITZBEATレーベルからデビュー。
1987年に独自のニューウェイブサウンドを打ち出しデビューした5人組のバンド、Grass Valley。ボーカル・出口雅之の世界観と端整なルックスが印象的な彼らは、1992年の解散までにアルバム8枚、シングル9枚をリリースした。
初期は英国のバンド「JAPAN」を連想させるような曲調、世界観、ヴィジュアルでしたが、アルバムをリリースする毎に、独特のサウンドを確立していきました。

メンバー

出口雅之

出口雅之

ボーカル
出典 ameblo.jp
上領亘

上領亘

ドラム
根本一朗

根本一朗

ベース
出典 ameblo.jp
本田恭之(現在は本田海月)

本田恭之(現在は本田海月)

キーボード
西田信哉(一番左)

西田信哉(一番左)

ギター

バンド経歴

バンド結成前(86年頃)

バンド結成前(86年頃)

1984年 出口と本田がアマチュアバンドコンテストで知り合う。

1985年 出口と本田が共同で音楽活動を開始。根本、上領が合流。

1986年 西田が合流。グラスバレー結成。
出典 ameblo.jp

GRASS VALLEY グラスバレー FREEZIN' ライブ - YouTube

1987年2月26日、CBS/Sony Records のFitz Beat よりシングル『FREEZIN'』でデビュー。
出典 youtu.be
1987年4月22日にファーストアルバム『GRASS ...

1987年4月22日にファーストアルバム『GRASS VALLEY』を発売

デジタル的な音が中心でロックとしては音が軽め。ただ、ポップな要素もあるので聞き心地がよく
耳になじむメロディ。
ボーカル出口の声は個性があるので一度耳にすると忘れない。ラブソングだけでなく、哲学的なものも内包している独特の詩の世界が、聴く側にさまざまなイマジネーションを広げてくれる。
1987年9月21日にアルバム『MOON VOICE』を発売

1987年9月21日にアルバム『MOON VOICE』を発売

初期のバンドのメインソングライターは本田恭之だがこのアルバムからは上領亘も作曲に参加し、
のちに発表した「IDENTITY CRISIS」や「STYLE」といった派手な曲ではなくどちらかといえば地味な「輝くほとりに」「遥かなる光芒」の2曲を書いている。

砂上の夢 / Grass Valley (1987) - YouTube

アルバム『MOON VOICE』に入っている一曲。
出典 youtu.be
1988年7月1日にアルバム『STYLE』を発売 

1988年7月1日にアルバム『STYLE』を発売 

GRASS VALLEYの代名詞的な曲&アルバムでしょう。和製スクリッティポリッティ的なカラフル立体アレンジはここで完成を見る!メディアの露出も一気に増えた時期。

星の棲む川 GRASS VALLEY - YouTube

アルバム『STYLE』に入っている一曲。
出典 youtu.be
1989年6月1日にアルバム『LOGOS〜行〜』を発売

1989年6月1日にアルバム『LOGOS〜行〜』を発売

「LOGOS~行~」ですが、前作より格段にハード且つ目立ちまくるギターサウンドと、ロック的なリズムが重厚な「空中回廊」に驚かされます。しかしもちろんGRASS VALLEYの特徴である本田恭之の多彩な音色のシンセは失われることなく、逆に随所でその存在感が際立つほどのフレーズを連発しています。
 メジャー化を意識したこともあって本作は各々の楽曲のクオリティが高く、シングルカットされた「MY LOVER」「TRUTH」や幻想的なミディアムチューン「砂漠の少年」といったさすが本田恭之といった印象の名曲のほかにも、その強烈なビート感に圧倒される上領亘楽曲「IDENTITY CRISIS」「イデア」や、相変わらずの不思議な存在感を放つ根本一朗の「GOOD TIMES さよなら」「DEAD END STREET」など、本田以外の作曲陣の充実ぶりも目立ちます。そしてその楽曲に豊かな彩りを加える本田シンセは相変わらずの描画的感覚で、もはや芸術と言っても良いでしょう。
1990年5月21日にアルバム『瓦礫の街〜SEEK F...

1990年5月21日にアルバム『瓦礫の街〜SEEK FOR LOVE』を発売

コンセプトアルバムとなっており、一枚を通して物語になっている仕掛け。一曲ずつ聴いても全く問題なしだが物語性の強いアルバム。
オリコンチャート20位を獲得したヒットアルバム。
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

80年代後半から90年代前半にかけて若者の間で爆発的にヒットした「三宅裕司のいかすバンド天国」。1989年の放送開始から来年で30周年となるのを記念し、西新井ギャラクシティ・西新井文化ホールにて、スペシャルライブ「にしあらイカ天」の開催が決定しました。
隣人速報 | 3,448 view
劇場上映が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」!リマスターでここまで綺麗に生まれ変わります!

劇場上映が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」!リマスターでここまで綺麗に生まれ変わります!

伝説のバンド「BARBEE BOYS(バービーボーイズ)」が1988年8月22日に東京ドームで行ったライブの映像が、最新のHDリマスタリングを施し、初めて劇場公開されることが決定したというニュースを先日お伝えしました。このたび、その映像処理で新たに生まれ変わった楽曲が公開され、話題となっています。
隣人速報 | 4,189 view
「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「時には母のない子のように」の大ヒットで著名なカルメン・マキを中心に結成され、70年代のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンド「カルメン・マキ&OZ」が、実に41年ぶりの再結成をすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 506 view
1998年デビューのGOING UNDER GROUNDが20周年!初期名盤3作品を再録し発売!記念ライブも開催!

1998年デビューのGOING UNDER GROUNDが20周年!初期名盤3作品を再録し発売!記念ライブも開催!

1998年12月にミニアルバム「Cello」でデビューした埼玉県桶川市周辺発のロックバンド「GOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)」。20周年記念として初期作品の再録版発売やライブを精力的に行う。
ガールズバンド『少年ナイフ』タイガー魔法瓶の女性社員が海外でデビューし、ニルヴァーナのツアーで前座を務めるまで

ガールズバンド『少年ナイフ』タイガー魔法瓶の女性社員が海外でデビューし、ニルヴァーナのツアーで前座を務めるまで

この記事では、ニルヴァーナのツアーに参加し、前座を務めて一躍有名になった『少年ナイフ』を振り返りたいと思います(^^)/
つきねこ | 1,821 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト