プロレス悪役10選!懐かしのヒールを振り返る!
2019年7月27日 更新

プロレス悪役10選!懐かしのヒールを振り返る!

プロレスには印象深いヒールが存在しますよね!ヒールの存在がプロレスの醍醐味という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は懐かしいヒールを10人選出してみました!是非最後まで読んでみてくださいね~(^^)/

24,020 view

プロレス悪役10選!懐かしのヒールを振り返る

今も昔も、プロレスには我々に強烈なインパクトを与えてくれたヒールが居ましたよね!
その悪行ぶりには目を背けたくなる様なことも度々ありました。
今回はそんな印象深いヒールを10人選んでみました。
早速振り返ってみたいと思います!

アブドーラ・ザ・ブッチャー

Amazon | 16dソフビコレクション レジェンドマスターズ 007 アブドーラ・ザ・ブッチャー 赤コスチューム ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア | フィギュア・ドール 通販 (2126017)

アブドーラ・ザ・ブッチャー(Abdullah the Butcher)は本名をラリー・シュリーブ(Larry Shreve、本名:Lawrence Robert Shreve)といいます。
カナダ出身のブッチャーは日本でのニックネームは「黒い呪術師」でしたね。
ブッチャーはプロレス界を代表する悪役レスラーの一人で、2011年にはWWEの殿堂入りをしています。また来日回数は140を超えており、これは歴代外国人レスラーとしては最多となり、非常に親日家であることが判りますよね。奥様は韓国人と日本人のハーフでもあるそうです。

ブッチャーといえばテリーファンクの右腕にフォークを突き立てたのが有名ですよね。ブッチャーといえばフォークというイメージが非常に強いですが、実はフォークで刺したのはこの1回だけだったとか。
あまりのインパクトに、ブッチャー=フォークになってしまいました。

2019年2月に両国国技館で行われた平成最後のプロレスオールスター戦となる『ジャイアント馬場没20年追善興行〜王者の魂〜』にて引退セレモニーが行われました。 

タイガー・ジェット・シン

Amazon | ディフォルメソフビ タイガー・ジェット・シン バトルロイヤル版 緑Ver.サイン入り | ソフビ人形 | おもちゃ (2126018)

タイガー・ジェット・シン(Tiger Jeet Singh)は本名をジャジット・シン( Singh Hans)といいます。
インドが出身地でありシク教徒のシンのニックネームは「インドの猛虎(狂虎)」「狂える虎」でした。
悪役でなんでもやるイメージのあるシンですが、その実正統派のプロレスも得意としており、実力派のレスラーにも勝利しています。

シンといえばやはり新宿伊勢丹前での猪木襲撃事件ですよね!
ここから2人の遺恨が始まったといっても過言ではありません。そして、この出来事が新日本プロレスリングをメジャーに持ち上げたという評価をしている声も聞きます。

現在は実業家として大成功しているシン。
ご本人は「猪木には試合では負けたが、人生では俺が勝った」というような発言をされているそうです。

ザ・シーク

ザ・シーク(The Sheik)は本名をエドワード・ジョージ・ファーハット(Edward George Farhat)といいます。
アラブ人ギミックの狂乱系ヒールとして一時代を築き、日本では「アラビアの怪人」の異名を持っていました。

カリスマヒールとして名高いシークであり、ブッチャーもシンも凶器を出すタイミングなどのあらゆる場面で手本としていたといいます。

そしてシークいえば1977年に行われたオープンタッグ戦であり、この時ブッチャーと史上最悪コンビを組んでザ・ファンクスを血の海に沈めたことで有名です。
まさに社会現象になった出来事でした。

上田馬之助

男は馬之助―場外乱闘を生きてみろ! (ボム!Books) | 上田 馬之助 |本 | 通販 | Amazon (2126033)

上田馬之助は本名を上田裕司といいます。
もともと大相撲出身のレスラーで、大相撲時代は海部錦という四股名でした。
日本における大型の最初のヒールであり、「まだら狼」「金狼」などの異名をとりました。

馬之助が現役の頃、猪木の新日本、馬場の全日本、吉原の国際の3団体がしのぎを削っていました。この当時突出したキャラクターが求められており、馬之助はドンピシャだったと思われます。

日本初の本格ヒールとしてラフファイトも目立ちましたが、その実しっかりとしたプロレスも見せてくれる選手でした。

お人よしで世渡り下手だった為に苦労が多かったと思われるレスラーです。
記憶に残るヒールでした。

フレッド・ブラッシー

 (2126037)

フレッド・ブラッシーは(Fred Blassie)は本名をフレデリック・ケネス・ブラスマン(Frederick Kenneth Blassman)といいます。

アメリカ出身のブラッシーは日本では「銀髪鬼」「吸血鬼」「噛みつき魔」などと呼ばれ力道山とも試合をしていることで有名ですね。

ブラッシーといえば噛みつき攻撃ですが、これがあまりにも強烈過ぎてテレビを見ていた老人がショック死するといった事態が多発し、プロレスの放送継続自体が危ぶまれたといいます。
尚、噛みつき攻撃のインパクトがでかい為に見落としがちになりますが、非常にテクニシャンであり、鮮やかなプロレスを見せてくれるという側面もありました。

後年はトレーナーとして手腕を発揮し、あのモハメド・アリの陣営としても在籍していました。

ザ・デストロイヤー

マスクを脱いだデストロイヤー | ザ・デストロイヤー, The Destroyer, 束田 時雄 |本 | 通販 | Amazon (2126040)

ザ・デストロイヤー(The Destroyer)は本名をリチャード・ジョン・ベイヤーといいます。
日本では「白覆面の魔王」の異名を持つ覆面レスラーとして活躍しました。
デストロイヤーといえばやはり力道山との4の字固めの攻防ですよね!この時の視聴率はなんと64%に達したそうです。これは今日においても歴代視聴率4位にランクされている驚異的ものなんですね。
ブッチャーやミル・マスカラスとも死闘を繰り広げておりその実力はプロレス界でも評価の高かったレスラーです。
ちなみに4の字固めをフィギュア・フォー・レッグロックと呼び、自分の決め技としていました。

お茶の間でも人気のあったデストロイヤー。
大変懐かしい選手だと思います。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】昭和を代表する悪役・内田勝正さん死去。水戸黄門、大岡越前、大江戸捜査網など

【訃報】昭和を代表する悪役・内田勝正さん死去。水戸黄門、大岡越前、大江戸捜査網など

昭和から平成にかけ、数々のドラマで悪役として活躍した俳優・内田勝正さんが、肝臓がんのため1月31日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。
隣人速報 | 2,901 view
昭和~平成期の名ヒール!ダンプ松本&ブル中野が「極悪」なイベントを開催!!

昭和~平成期の名ヒール!ダンプ松本&ブル中野が「極悪」なイベントを開催!!

昭和~平成期の女子プロレスを盛り上げたプロレスラー・ダンプ松本とブル中野が、東京・杉並区のC.A.C.C.スネークピットジャパンにて、イベント「ダンプ松本&ブル中野 高円寺“極悪”集会」を開催することが明らかとなりました。日程は2018年9月1日。
隣人速報 | 4,137 view
70年代前半に巻き起こった「日本語ロック論争」を特集したNHK Eテレ「世界サブカルチャー史」が放送決定!!

70年代前半に巻き起こった「日本語ロック論争」を特集したNHK Eテレ「世界サブカルチャー史」が放送決定!!

NHK Eテレにて、70年代前半を中心に邦楽ロックシーンに巻き起こった「日本語ロック論争」について特集した番組「世界サブカルチャー史 欲望の系譜 シーズン4 21世紀の地政学」ポップス編 第2回の放送が決定しました。
隣人速報 | 114 view
【訃報】俳優・中尾彬さん死去。反町隆史など著名人から追悼のコメントが続々と

【訃報】俳優・中尾彬さん死去。反町隆史など著名人から追悼のコメントが続々と

俳優の中尾彬(なかお あきら)さんが16日、心不全のため東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。81歳でした。
隣人速報 | 189 view
「みずいろの雨」再び!八神純子 with 塩谷哲ディナーショーがロイヤルパインズホテル浦和で開催決定!!

「みずいろの雨」再び!八神純子 with 塩谷哲ディナーショーがロイヤルパインズホテル浦和で開催決定!!

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが運営するロイヤルパインズホテル浦和(埼玉県さいたま市)にて、「八神純子 with 塩谷哲ディナーショー」の開催が決定しました。
隣人速報 | 90 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト