『ガンプラり歩き旅』その18 ~ランバラルの母艦・ザンジバル登場!~
2017年7月12日 更新

『ガンプラり歩き旅』その18 ~ランバラルの母艦・ザンジバル登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第18回は、シリーズ後半のシャアの母艦、ジオン汎用型宇宙戦艦ザンジバル1/2400キットの紹介!

3,699 view
シャアの次に現れた強敵ライバル、ランバ・ラルの母艦、ザ...

シャアの次に現れた強敵ライバル、ランバ・ラルの母艦、ザンジバルが大気圏に突入してきた!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回は、ジオンでは機動巡洋艦と冠されている戦艦・ザンジバルの1/2400キットです!


ザンジバル 1/2400 1983年3月 300円

ボックスアート。最終決戦をイメージしてか、月を背景に、...

ボックスアート。最終決戦をイメージしてか、月を背景に、ジオン戦艦群と共に、燃え盛る宇宙を翔ぶ!

ザンジバル!
パッと見、ジオン系戦艦の中では、リフティングボディを取り入れていて、ムサイやチベと見比べてみると、トンデモ度は低い地味系デザインなんだけど、ランバ・ラル初登場の時とか、『機動戦士ガンダム 哀・戦士編』(1981年)エンディングでの、シャアの宇宙出陣とか、『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編』(1982年)ラストでの、キシリア脱出直前シャアバズーカ頭吹っ飛びとか、名シーンでの登場頻度は、むしろムサイより多いぞ、ザンジバル!

なんだかんだで、後半のシャアの母艦として、ビグロとかザクレロとか、ビックリドッキリメカを毎週送り出しては敗退していた、哀愁漂う宇宙戦艦ザンジバル!
スケールキット並みの精密感と再現性!

スケールキット並みの精密感と再現性!

だけど、あまりにも地味なデザインだからか、ガンプラでも後回しの後回しにされて、ぶっちゃけこれが出た後は、1/1200 サラミスと、1/60 量産型ゲルググっていう、落ち葉拾いみたいなラインナップで、アニメ登場ジオンメカの発売のラストを飾っちゃったぞ、ザンジバル!
大気圏突破ブースターを装着したザンジバル

大気圏突破ブースターを装着したザンジバル

けれど、プラモデル化もされなかったパプア補給艦とか戦艦チベとか空母ドロスよりは、まだマシだと思え、ザンジバル!
『めぐりあい宇宙編』冒頭、ホワイトベースを追って地球上...

『めぐりあい宇宙編』冒頭、ホワイトベースを追って地球上空を再高速で迫るシャアのザンジバル!

実際、ザンジバルのデザインは、『スタートレック』のエンタープライズをひっくり返しただけのムサイや、白馬で木馬でペガサスのホワイトベースとは違って、大気圏内から宇宙へ突破する時は着脱式ブースターを使うなど、リアリズムが優先されているのだけれども、地味が仇になってか、プラモデルとしての発売は、戦艦シリーズも残りはサラミスを残すだけ。テレビ登場メカのガンプラ全種のラスト3を飾ってしまった。
コックピット周りの曲面構成は、当時のガンプラの再現性の...

コックピット周りの曲面構成は、当時のガンプラの再現性の究極でもある

キットの方は、着脱式ブースターこそ、接着の選択方式だが、シルエット、ディティール共に満点クラスの良作キット。
両主翼も2枚の尾翼も、触れれば手が切れそうなぐらいに薄く、スケール感満点。
また、ボディ両脇のインテーク(Jミサイル発射口?)も、カバーがちゃんと別パーツになっていて芸が細かい。
大気圏突入の勢いで、ホワイトベースに急襲を仕掛ける、ラ...

大気圏突入の勢いで、ホワイトベースに急襲を仕掛ける、ランバ・ラルのザンジバル!

艦全体に、5か所10門ある機銃は、設定では大気圏突入時や通常航行時はボディに収納されているというのがあるので、取り付ける、付けないをちゃんと選択できるところもスケールモデルテイスト。
組み上げてみれば、リフティングボディ的シルエットも充分再現されていて、やはりヤマトメカコレ時期以降のガンプラの艦船キットの出来栄えにハズレがないことを改めて実感できる手ごたえがそこにある。
ア・バオア・クー戦の火ぶたが切って落とされる中、連邦軍...

ア・バオア・クー戦の火ぶたが切って落とされる中、連邦軍の主力艦・マゼランと交錯するザンジバル

しかし、逆に難点と言えば、リアリズムを追求するあまり、大気圏突破用のブースターが、ボディ本体との着脱ジョイントのような無粋ギミックを一切仕込まず、接着での選択方式なので、完成後に付けたり外したりが出来ないというところか。
『哀・戦士編』ラスト。シャアがブースター付きザンジバル...

『哀・戦士編』ラスト。シャアがブースター付きザンジバルで発進する!

大河さんの『機動戦士ガンダムを読む!』シミルボンでの再現画像では、『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』ラスト、ホワイトベースを追ってブースター付きザンジバルで発進するシャアのカットでは、ザンジバル本体に、ブースターを両面テープで仮止めした状態で撮影してみたりした。
しかし、そういった不便さはスケールモデルでは常識的なことであり、むしろ潔くアダルトチックな感覚をもたらしてくれる(同じガンダムの戦艦シリーズでも、1/1200 ホワイトベースの、ガンペリー用正面ハッチ開閉ギミックの「開閉用爪」などは、スケールモデル的に興を削ぐ残念さであった)。
その、大気圏突破用ブースターがよく見える角度。ブースタ...

その、大気圏突破用ブースターがよく見える角度。ブースターのディテールも細かいのがよくわかる

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 3,775 view
『ガンプラり歩き旅』その17 ~ジオン軍最強戦艦、その名もグワジン!~

『ガンプラり歩き旅』その17 ~ジオン軍最強戦艦、その名もグワジン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第17回は、ジオン公国の王、デギン・ザビの専用艦グレート・デギンにも用いられたジオンの旗艦・グワジンの、1/2400キットの紹介!
市川大河 | 3,686 view
『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第36回は、ジオン水泳部ラスト。巨大なボディで鈍重なゾックのHGUC版です!
市川大河 | 4,024 view
『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第35回は、ジオン水泳部で、なぜかここ37年で一番の出世頭・アッガイのHGUCです!
市川大河 | 3,324 view
『ガンプラり歩き旅』その34 ~ゲルググに、当たりキットはなかったのか!?~

『ガンプラり歩き旅』その34 ~ゲルググに、当たりキットはなかったのか!?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第34回は、ゲルググの1/144 HGUCをご紹介!
市川大河 | 10,028 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト