唯一ジャニーズに残留した『元男闘呼組・岡本健一』息子や元メンバーとの共演が話題に!
2019年6月6日 更新

唯一ジャニーズに残留した『元男闘呼組・岡本健一』息子や元メンバーとの共演が話題に!

男闘呼組と言えば、ジャニーズの中でも珍しく『ロック・バンド』を中心に活躍していました。1993年6月30日、事実上解散した男闘呼組の中で、唯一ジャニーズ事務所に残留した岡本健一さん。息子や元メンバーとの共演が注目されたようなので、その辺を調べてお届けします。

3,974 view

岡本健一プロフィール

 (2108346)

【岡本健一プロフィール】
名前:岡本 健一
(おかもと けんいち)
生年月日:1969年5月21日(50歳)
出身地:東京都新宿区下落合
血液型:O型
身長:172㎝
事務所:ジャニーズ事務
愛称:オカケン


岡本健一さんは、1985年ジャニーズ事務から

『男闘呼組』のメンバーとしてデビュー。

男闘呼組は、ジャニーズの中でも珍しく『ロック・バンド』を中心に活躍していました。

1988年8月24日

1stシングル『DAYBREAK』でデビュー。

デビュー曲『DAYBREAK』は、カップリング曲違いで4種類のシングルがリリースされています。
 (2108377)

 (2108381)

 (2108379)

 (2108380)

デビュー曲はオリコンチャート1位を獲得。

男闘呼組は、デビューから次々にヒット曲を輩出していきました。

当初は『アイドルバンド』と呼ばれていましたが、4枚目のアルバムから

メンバー自身が作詞作曲を手掛け

アーティスト色が強まったことから、その呼び声も消えていきました。

1988年、1989年とNHK『紅白歌合戦』に2年連続出場。

男闘呼組人気は不動のものになりました。

岡本健一出演作品

バンド活動の他、メンバーは俳優としてソロでも活動。

メンバーの中で、特に岡本さんと高橋和也さんは

演技に定評がありましたね。


俳優としても活躍された、岡本さんの出演作を紹介します。



『サーティーン・ボーイ 僕は札束中学生』

1985年5月21日からTBS系でスタート。

思いがけないことから2500万円を手にした中学生の次郎。

そのお金を使い、逃亡しながら豪遊を続け、苦難や災難を通した人間模様を描いた作品でした。

岡本さんは同ドラマで主人公:佐倉次郎を演じました。

次郎が思いを寄せる同級生洋子を、元CCガールズの藤原理恵さんが演じていましたね。
『この子誰の子?』

1986年10月22日からフジテレビ系でスタート。

同ドラマは、当時あまりにもショッキングな内容に驚きました。

主人公:杉浦葵(杉浦幸さん)は、高校2年生。

幼なじみの進藤宗次郎(岡本健一さん)とは、両親も認める恋仲で純愛を貫いていました。

そこへ登場した宗次郎の親戚:朝比奈拓也(保坂尚輝さん)が葵に好意を抱き、レイプしてしまったのです。

高校2年生にして、レイプにより望まない相手の子を妊娠した少女が、悩みながらも強く生きて行く姿を描いた青春ドラマでした。

大映テレビが製作した、ドロドロした作品でしたね。


主人公役の杉浦美幸さんは、デビュー当時「岡本健一ファン」を公言。

そのため2人の共演に怒ったファンが、杉浦さんに嫌がらせしたことでも話題になりました。
『ぼくの姉キはパイロット!』

1987年8月18日からTBS系でスタート。

岡本さんの他に、高橋和也さん・成田昭二さんも出演し、話題になりました。

航空会社のパイロットの星野ありさ(浅野温子さん)が教官として、航空学校へ出向し、生徒を一人前のパイロットに育てる過程を描いたコメディドラマ。

男闘呼組の中で、岡本さんが一番多く登場していましたね。
『オトコだろッ!』

1988年7月21日からフジテレビ系でスタート。

同ドラマは、男闘呼組がCDデビューする直前に放送されました。

岡本さんをはじめとして、メンバー全員が出演。

山梨県のペンション村で、なんでも引き受け業をしている中嶋一朗太(西田敏行さん)の元に、東京から連れて来られた4人の問題児(男闘呼組)が巻き起こす、アクションコメディでした。


破天荒な中嶋と4人の乱闘シーンとやり取りがコメディタッチに描かれ、腹筋崩壊笑いどころ満載の作品でしたね。

オトコだろッ7

男闘呼組が解散!

男闘呼組はシングル9枚・オリジナルアルバム7枚をリリースし、ロック・バンドとして活躍していました。

ところが1993年、

高橋和也さんがジャニーズ事務を解雇され、

同時に『男闘呼組』を解散することに。


ファンに惜しまれながら、同年6月30日付で男闘呼組は活動休止となり、

事実上解散となりました。


現在、岡本健一さんだけ、事務所に残留しています。

これらの問題から、男闘呼組時代に出演した多くの作品は、DVD化・クレジット化されない『幻の作品』となりました。

ファンが歓喜した共演!

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 505 view
ジャニーズが生んだ本格派ロックバンド「男闘呼組」

ジャニーズが生んだ本格派ロックバンド「男闘呼組」

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動したジャニーズ所属の本格派ロックバンド「男闘呼組」に関する情報まとめ。
nyama | 9,527 view
1987~1988年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1987~1988年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1987~1988年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 11,826 view
『光GENJI SUPER5』って誰が残ったんだっけ?5人の「その後」も併せてまとめた!

『光GENJI SUPER5』って誰が残ったんだっけ?5人の「その後」も併せてまとめた!

80年代後半にジャニーズが生み出した、最後のスーパーアイドル『光GENJI』。1994年8月に大沢樹生と佐藤寛之が脱退し、『光GENJI SUPER 5』となった5人をご紹介。また、その後もまとめた。
ひで語録 | 12,656 view
人気絶頂だったBOØWYの解散理由は? ネット上の様々な見解をまとめてご紹介します。

人気絶頂だったBOØWYの解散理由は? ネット上の様々な見解をまとめてご紹介します。

「BOØWY」が学生時代に最高にハマったバンドだった方は多いことでしょう。80年代に一気に頂点まで上り詰めて走り去っていったBOØWY、彼らの解散理由はいまだに語り続けられるテーマです。
青春の握り拳 | 208,204 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト