1980年代の傑作ゲーム『ハイドライド』がWindows11でも!
2022年2月20日 更新

1980年代の傑作ゲーム『ハイドライド』がWindows11でも!

1985年に発売された『ハイドライド』のX1版がWindows11にも対応して、37年経った今、配信が開始されました(画像はPC-8800版がWindows対応で発売されたものです)。

1,375 view

『ハイドライド』とは?

1984年「から」発売された、国産のアクションロールプレイングゲームです。

「から」というのは、当時、日本にはたくさんの種類のパソコンが発売されていたためです。そのハードに合わせて、たくさんの移植作が制作されたのです。

ちなみに当時はパソコンではなく、マイコンと呼ばれていました。
さらに言うなら現在は「アクション」ロールプレイングと呼ばれるのが一般的ですが、『ハイドライド』は当時「アクティブ」ロールプレイングとうたっていました。

『ハイドライド』の歴史を簡単に

 (2339560)

こちらは1・2・3が入った、Windows95・98・Me対応のソフト。CD-ROM。
たくさんの移植作が制作されたタイトルなので、その歴史を簡単ですが紹介します。

T&E SOFTのプログラマーであった内藤時浩氏を中心にして制作され、1984年にPC-8800シリーズでまずは発売されました。
PC-8800はNECのパソコンで、通称ハチハチ。

その人気を受けて、1985年にはシャープのX1シリーズ版、富士通のFM-7シリーズ版、MSX版等のたくさんの移植版が発売されました。

1986年には『ハイドライド スペシャル』という名前でファミコン版が発売。魔法などの新しい要素が加えられました(正確には『ハイドライド2』の要素だった)。

他、1999年にはオリジナルのPC-8800シリーズ版とアレンジ版を含めたWindows95/98版が発売。

以降、プロジェクトEGGから「各ハード版に忠実なWindows移植版」が配信されています。

あらすじ

この伝説は、今私たちが住んでいる世界とはまったく別の空間での物語です。ここは、妖精の住む王国、フェアリーランド。ここは、王様の住んでいる宮殿を中心に広がっている、緑の美しい平和な王国でした。この宮殿には三種類の不思議な宝石がまつられており、その宝石によって王国の平和は保たれていたのです。人間と妖精たちはこの世界でお互いに共存し助け合いながら仲良く暮らしていました。ところがある日、悪心を起こした人間によって宝石の一つが盗まれてしまったのです。数が足りなくなってしまった宝石は、その輝きが鈍くなってしまい、ついに宝石によって封印されていた、神話伝説最強といわれる悪魔バラリスが目覚めてしまったのです。

「各ハード版に忠実」とは?

プロジェクトEGGは、Windows上でエミュレートし、かつてのテレビゲームやパソコンゲームを復刻してダウンロード販売を行っている会員制のサービスです。
現在はゲーム音楽の配信も行っています。

最大の特徴は、当時のゲームをそのまま復刻していること、つまり当時の「各ハード版に忠実」なのです。

今回のタイトルは『ハイドライド』ですが、まずは最初に発売されたPC-8800シリーズ版を見てみましょう。

[PC-88] Hydlide (1984) (T&E Soft)

そしてこちらが、画像能力がまったく違うMSXで発売されたものです。

HYDLIDE (MSX)

これが現在、どちらもWindowsでプレイできるというのが「各ハードに忠実」ということなのです。

これが今回発売されるX1版『ハイドライド』だ!

今回、2月8日にプロジェクトEGGから配信されるのはX1版です。
大きく違うのは、隣のマップへの切り替えシステム。他の機種では「画面の端」まで行かないと隣のマップが表示されませんでしたが、X1版ではシームレスで表示されていくのです!

これが、そのX1版です。

Sharp X1 Game: Hydlide (1985)

まったく違うシステムですね!

値段は今なら330円!

『ハイドライド』X1版はプロジェクトEGGのホームページでご購入ください。
ちなみに現在(2/12)では価格550円が割引されて330円。ついつい会員登録してしまいそう…。

特典は残念ながらありませんが、動作環境は
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)
Windows10(Windows10 Mobile、Windows10 IoTを除く)
そして
Windows11(ARMを除く)
となっています。

最新2022年のWindows11で、1985年つまり37年前のゲームを懐かしく楽しむ。
これぞミドルエッジ世代の贅沢かもしれませんね!
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

“オットセイ”の描写で有名な横山まさみちのハレンチ漫画「やる気まんまん」の新作が好評発売中!!

“オットセイ”の描写で有名な横山まさみちのハレンチ漫画「やる気まんまん」の新作が好評発売中!!

株式会社リイド社より、山田参助による漫画『新やる気まんまん オット!どっこい』の第1巻が現在好評発売中です。価格は880円(税込)。
隣人速報 | 3,295 view
あふれる昭和レトロ感!40年以上にわたり壊れずに稼働する「霧ヶ峰」のエアコンが話題に!!

あふれる昭和レトロ感!40年以上にわたり壊れずに稼働する「霧ヶ峰」のエアコンが話題に!!

エアコンがまだまだ高級品だった昭和の時代のレトロな「霧ヶ峰」が、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 7,058 view
【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者として著名な実業家・雑誌編集者であるラリー・フリントさんが現地時間の10日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,452 view
パックマン、ギャラクシアン、ギャラガ、ディグダグ…自宅にいながらゲームセンター気分になれる「家庭用筐体」が登場!!

パックマン、ギャラクシアン、ギャラガ、ディグダグ…自宅にいながらゲームセンター気分になれる「家庭用筐体」が登場!!

ロングセラー貯金箱「いたずらBANK」を始めとした玩具・雑貨を製造・販売している株式会社シャインより、自宅にいながらゲームセンター気分でゲームを楽しめる、家庭用筐体第1弾「Out Run」に続く、第2弾ARCADE1UP「BANDAI NAMCO Entertainment LEGACY」が4月20日に発売されます。
隣人速報 | 3,211 view
懐かしの「玉転がしゲーム」を特集した電子書籍『思い出図鑑 玉転がしゲーム』が配信決定!!

懐かしの「玉転がしゲーム」を特集した電子書籍『思い出図鑑 玉転がしゲーム』が配信決定!!

昭和50年代に流行した「玉転がしゲーム」を特集した電子書籍『思い出図鑑 玉転がしゲーム』が、2月22日より配信されます。
隣人速報 | 1,480 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト