ゲーセンにあった、ちょっとエロかった【脱衣アーケードゲーム】
2016年1月5日 更新

ゲーセンにあった、ちょっとエロかった【脱衣アーケードゲーム】

暇つぶしに、ゲーセンでついついハマってしまった、ちょっとエロいゲームを振り返ってみました。プレーしていると、ギャラリーの目線も気になってしまう。

75,843 view

ギャルズパニック

日本国内ではタイトーが販売したが、海外ではカネコが販売も行っている。ゲームは縦1画面・全6ステージで、QIXと同様に「外枠」が有る。敵ボスとそれ以外の雑魚による妨害をかわしながらシルエットが占めるエリアの80%以上を囲い込むと言う基本ルールは本作で既に確立されており、以後も変化は無い。
http://blog-imgs-11.fc2.com/g/a/r/garaimu/20070721185347.png (699926)

陣取りの背景に描かれる女の子は6人から選択することができ、いずれの女の子(マリナ・アヤミ・ナミ・ユキ・エミ・シオリ)も写実的。各ステージは3ラウンド構成となっており、ラウンドごとに背景画像(ラウンドが進むほど脱衣度は上がる)が設けられている。全18面(6ステージ×3ラウンド)。
外周から陣取りを行い、「既に陣取ったエリアの境界線上を移動する」ことと、そこから新たに陣取るために「境界線から飛び出して線を引く」ことができる。前者の状態では敵に接触してもミスとはならないが、後者の状態で自機あるいは引いている線が敵(敵ボス、敵ボスの攻撃、雑魚)に接触するとミスとなる。なお、続編では前者の状態であってもミスになる敵ボスの攻撃がある。
今、考えると内容は非常にくだらない。だけど、なぜかハマってしまう。
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A7dPdCzYY5RVEWwAhyqU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD/SIG=123ugkab8/EXP=1435874648;_ylc=X3IDMgRmc3QDMQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUjZsUTBCN2N6elFVWWFmc0FaMzlOS0JUb3lCVGdQc09WQXY2ZjlpZW9BNzN4SVdDclo3Y2t3BHADNDRLdTQ0T2o0NE9yNDRLNjQ0T1I0NE9MNDRPRDQ0S3ZNdy0tBHBvcwMyBHNlYwNzaHcEc2xrA3Nmc3Q-/**http%3a//s.emuparadise.org/MAME/snap/galpani3.png (699928)

http://file.trytower.blog.shinobi.jp/SANY0539.JPG (699929)

こんなにシリーズがある!!

ギャルズパニック(1990年)
ギャルズパニックII(1993年)
ギャルズパニック3(1995年)
ギャルズパニック4遊(1996年)
ギャルズパニックSS
ギャルズパニックS(1997年)
ギャルズパニックS2(1999年)
パニックストリート(1999年)
ギャルズパニックS3(2002年)

Gals Panic 3 - YouTube

画面スクロールが導入される。以後、このシステムが定着。時間経過がシビアで、前作以上に難易度は高い。
本作はJAMMAにより、18歳未満のプレイ自粛が要請されているものの、露出度は基本的に下着どまりで乳首が露出している絵は全く存在しない。

パズLET (パズレット)

http://obn.sakura.ne.jp/diary/img/2011/20110104_pcb_1.jpg (699934)

http://obn.sakura.ne.jp/diary/img/2011/20110104_pcb_2.jpg (699935)

全12ステージでステージクリアのスコアごとに脱ぐ度合いが変わるゲーム。

脱衣麻雀

初期のコンピュータ麻雀ゲームは、単純にコンピュータと対戦するだけのものであり、特に業務用では勝てばゲームが延長され、負ければそこでゲームが終わるという、至極簡単なものであった。また、思考アルゴリズムもお粗末なものであったため、コンピュータ側はほぼ例外なくイカサマをしていた。このような麻雀ゲームは主にサラリーマンの暇つぶしに使われ、登場直後は大きな人気を得たものの、その人気が長く持続することはなかった。プレイヤーに継続して硬貨を投入させるためには、麻雀以外にもプレイヤーを惹きつける魅力が必要であったことから、脱衣麻雀というシステムが誕生した。
http://mcco.up.seesaa.net/image/E794BBE5838F20025-3be91.jpg (699939)

アーケード脱衣麻雀「ファンタジック・ラブ」 arcade majjong game fantasic love - YouTube

アーケード 麻雀 雀遊記 上画面 クリアまで - YouTube

1991年、『麻雀学園』の流れを汲む業務用『麻雀スーパー○禁版(まあじゃんすーぱーまるきんばん)』がユウガより発売された。しかし、脱衣シーンの表現があまりに過激であったため大きな問題となった。これを契機に業界団体 (JAMMA) によって、アーケードゲームにおける表現の自主規制が行われるようになった。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • まなかん 2020/7/25 23:20

    脱衣した女の子が登場するゲームは、他にもパネルめくりで見せてくれる「燃えよゴン太」「頑張れゴン太」、「ギャルズパニック」の海外版で、モザイク画バージョンもありましたね。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ギャルズパニック』脱衣要素で90年代のゲーセンをにぎわせた!

『ギャルズパニック』脱衣要素で90年代のゲーセンをにぎわせた!

1990年にゲーセンに登場した、脱衣系陣取りゲーム『ギャルズパニック』。面をクリアすると、女の子のキワドイ写真が見れるということで、ゲーセン通いの男子たちを賑わせました!当初は、実写のキワドイ写真を使っていましたが、シリーズを追うごとにエロさが治まったり、アニメ画に変更されたりと、時代の流れに合わせた変更がなされていました。
ahya810 | 45,065 view
コナミファン待望のアクションシューティング「魂斗羅(コントラ)」がレトロアーケードシリーズに登場!!

コナミファン待望のアクションシューティング「魂斗羅(コントラ)」がレトロアーケードシリーズに登場!!

ゲーム関連商品を輸入販売するインフォレンズ株式会社が展開する、家庭用アーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』シリーズより、「魂斗羅(コントラ)」が現在好評発売中です。価格は7920円(税込)。
隣人速報 | 907 view
“3画面モニター”で有名な「ダライアス」がメガドライブのカセットになってまさかの発売!!

“3画面モニター”で有名な「ダライアス」がメガドライブのカセットになってまさかの発売!!

80年代後半にゲームセンターで人気を博したシューティングゲーム「ダライアス」のMD/MD互換機用カセット『ダライアス エクストラバージョン』の発売が決定しました。また、同日にNintendo Switch/PlayStation4用ソフト『ダライアス コズミックリベレーション』の発売も決定しています。
隣人速報 | 542 view
90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

株式会社セガトイズより、90年代に一世を風靡したゲーム筐体「アストロシティ」を小型化した『アストロシティミニ』が発売されます。気になる収録タイトルも一部公開!
隣人速報 | 6,624 view
20周年のギルティギア!アーケード初となる「GUILTY GEAR X -BY YOUR SIDE-」を振り返る

20周年のギルティギア!アーケード初となる「GUILTY GEAR X -BY YOUR SIDE-」を振り返る

ゼネラルディレクター、石渡太輔のシリーズ「ギルティギア」。今年で20年を迎え、発表された「ギルティギア ストライヴ」は更なる進化で話題となっています。根強いファンを持つ切っ掛けとなったアーケードでの第一作目「ギルティギア ゼクス」に振り返ります。
nomi | 431 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト