高校時代、何を読んでいた?ファッション雑誌まとめてみました!
2021年12月17日 更新

高校時代、何を読んでいた?ファッション雑誌まとめてみました!

高校時代、何かしら愛読していたファッション誌がある人は多いのではないかと思います。付録なんてついていなくても毎号買っていましたよね。今は廃刊になってしまった雑誌も含め、ティーンが読むファッション誌をまとめてみました。

1,340 view

正統派

正統派なファッション誌といえば集英社の「SEVENTEEN」や「non-no」がありました。

「SEVENTEEN」は元々、1968年に総合少女週刊誌『マーガレット』のお姉さん雑誌として登場。アメリカにも同じ『Seventeen』という雑誌があり、その日本版という位置づけでした。当時は週刊セブンティーンというタイトルで、ファッションだけでなく漫画や芸能などの情報も掲載されている総合誌でした。

1988年に「SEVENTEEN」としてリニューアル。1日15日の月2回発行になり、漫画の掲載が亡くなったのでファッション誌になっていきましたね。

2008年から「Seventeen」と表記を変え、月刊誌に。さらに2021年10月号をもってデジタルメインの新体制になりました。

「non-no」は1971年に創刊。10代から20代向けということで「SEVENTEEN]よりちょっとターゲットが上なのですが、実際は女子高生でも買っている人が多かったですね。2021年現在も刊行されています。

他には小学館の「プチセブン」などもありました。「プチセブン」は1978年に発行。90年代前半はティーンに圧倒的支持を受けている雑誌だったのですが、2002年に廃刊になっています。

お姉さん系

実際は女子大生や20代のOLをターゲットにしている「CanCam」「ViVi」「JJ」などのいわゆる「赤文字系雑誌」を読んでいる女子高生もいましたね。

「CanCam」は小学館発行。1982年から2021年現在も刊行中です。最初は大学生をターゲットとした雑誌として創刊されたのですが1980年代中盤から「大学」という舞台ではなく20代女性がターゲットになりました。OLのバイブルと呼ばれていた時代もありましたね。

「ViVi」は講談社発行。1983年から2021年現在まで刊行中です。日本だけでなく、台湾、香港、中国でも刊行されていますよ。他の雑誌と比べると海外志向が強く、ハーフの専属モデルが多いという特徴がありました。

「JJ」は光文社発行。1975年に刊行されたので赤文字系雑誌では一番古いんですね。もともとは「女性自身」の別冊で「女性自身」の頭文字をとって「JJ」となりました。女性自身はゴシップ誌というイメージだったので意外でした。

「男性が好むコンサバファッション」をテーマにした雑誌で赤文字系雑誌の中でも売り上げ一位を長年キープしていたんですよ。ですが2021年2月号で月刊誌は廃刊。その後は不定期刊行とウェブでの情報発信という形態に変わっています。

ギャル系

90年代には数多くのギャル系ファッション誌も登場しましたね。

まずは「Popteen」。こちらの雑誌は編集長によって方針が大きき変わっています。平成初期はちょっとエッチな情報やいじめなどの人生相談が主な内容でした。ですが平成中期から女子高生ブームとともにギャル系雑誌として人気を集めました。ですが現在は、正統派のファッション誌として刊行されているようです。世代によってイメージの変わる雑誌ですね。

他には1995年にギャル系雑誌「egg」が創刊。渋谷の女子高生のリアルを切り取った内容で、ギャル文化に大きな影響を与えたといわれている雑誌です。2014年に廃刊となりますが、2018年にweb版で復活。2019年には復刊号を発売しました。ギャルのカリスマ的な雑誌でしたね。根強いファンも多いのでしょう。

「egg」が発行された翌年、1996年には「Cawaii!」が創刊されます。「女子高生みんなで作る雑誌。」というのがコンセプトで読者モデルとして一般の女子高生がモデルとして活躍していました。読者参加型雑誌の先駆けでもありましたね。

2004年にはタイでも発行されました。タイで日本の雑誌が発売されるのははじめてでした。18歳以上向けの『S cawaii!』と中学生向けの『Hana chu』という姉妹紙も発行されていたのですが、これで読者層を奪い合う結果になってしまったのか、2009年に廃刊になっています。

個性派系

最後は個性派でおしゃれな雑誌。今でいうサブカル系ですね。「CUTiE」「zipper」「Olive」などが挙げられます。

「CUTiE」は1989年に宝島社から創刊。原宿系、裏原系などの女性がターゲットで古着なども掲載されていました。

最初は「宝島の女の子版」ということで宝島の増刊で年4回発行だったのですがその後月刊化しています。ファッションだけでなく、音楽情報や漫画連載などもありました。2015年9月号をもって休刊しています。

「zipper」は1993年に祥伝社から発行されました。「zipper」には「元気いっぱい」「活発」という意味があるそうです。こちらも原宿系でボーイッシュでカジュアルなファッションが紹介されていましたね。奇抜で個性的なファッションが多かったのですが、途中からはモテ企画なども掲載されるようになりました。

「zipper」にも漫画連載がありましたね。2014年から季刊誌に変わり、2017年に休刊しています。

最後は「Olive 」。マガジンハウスから1982年に発行されました。もともとは男性誌「ポパイ」の増刊として1981年に2冊発刊。その後1982年に改めて「創刊号」として月二回発行されていました。

テーマは「Magazine for Romantic Girls」。「CUTiE」「zipper」とはまた違う、女性らしさを持った個性的な雑誌でしたね。オリーブの愛読者でファッションだけでなく、ライフスタイルにもこだわりのある女性は「オリーブ少女」と呼ばれました。

1990年以降は立ち位置があいまいな形になってしまい、2000年に休刊。月刊誌としてリニューアルするのですが2003年にふたたび休刊になってしまいました。その後も企画で一号限りの復活をしていることがあります。

こちらの3誌は赤文字系に対して青文字系雑誌とも呼ばれていました。昔はいろいろなファッション誌がありましたね。
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

姫ちゃんのリボン、赤ずきんチャチャ、こどものおもちゃなどのコラボカフェ『エターナル少女cafe』が期間限定開催!!

姫ちゃんのリボン、赤ずきんチャチャ、こどものおもちゃなどのコラボカフェ『エターナル少女cafe』が期間限定開催!!

「姫ちゃんのリボン」「赤ずきんチャチャ」「ナースエンジェルりりかSOS」「こどものおもちゃ」「満月をさがして」のコラボカフェ『エターナル少女cafe』が、東京・渋谷パルコの「TOKYO PARADE goods&cafe」にて、2月10日から3月21日までの期間限定で開催されます。
隣人速報 | 383 view
女の子だって興味あるんです!「まじめに!男女交際」

女の子だって興味あるんです!「まじめに!男女交際」

マーガレットで連載されていた漫画桃伊いづみさんの「まじめに!男女交際」。女の子だって気になるHな内容も題材にしたラブコメディーです。本編から続編まで内容を振り返ってみましょう。
saiko | 726 view
吉住渉のデビュー作「四重奏ゲーム」を振り返ってみよう!

吉住渉のデビュー作「四重奏ゲーム」を振り返ってみよう!

「ハンサムな彼女」「ママレード・ボーイ」などでおなじみの吉住渉さん。ラブストーリーがお得意ですが、実はデビュー作はサスペンス風でした。
saiko | 1,217 view
「マーガレット」「別冊マーガレット」が創刊60周年!最新記念号は懐かしい歴代表紙のシール付録など目玉企画が多数!!

「マーガレット」「別冊マーガレット」が創刊60周年!最新記念号は懐かしい歴代表紙のシール付録など目玉企画が多数!!

集英社が発行する少女まんが雑誌「マーガレット」と「別冊マーガレット」が2023年に創刊60周年を迎えるのを記念し、記念号『マーガレット』12号が5月19日に発売されます。ひろちひろ氏の新連載、歴代表紙のシール付録など目玉企画多数!
隣人速報 | 517 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

めくるとあの名作の主人公…少女少年たちが出現する巨大ピールオフ広告「少女まんがってなんだ?」が新宿駅に出現!!

めくるとあの名作の主人公…少女少年たちが出現する巨大ピールオフ広告「少女まんがってなんだ?」が新宿駅に出現!!

白泉社が発行する少女まんが雑誌『花とゆめ』が5月に創刊50周年を迎えるにあたり、5月27日(月)〜 6月2日(日)にかけてピールオフ広告を東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて掲出しています。
隣人速報 | 36 view
占いで有名な『星ひとみ』さん!実は90年代は「山咲 ひとみ」名義でグラビアアイドルとして活動していたと言う!!

占いで有名な『星ひとみ』さん!実は90年代は「山咲 ひとみ」名義でグラビアアイドルとして活動していたと言う!!

現在、星ひとみさんと言えば「突然ですが占ってもいいですか?」等で占い師として有名ですが、1990年代後半から山咲ひとみ名義でグラビアアイドルとして活動されていました。で、若い頃からを探ってみました。
ギャング | 856 view
いよいよラストランを迎える381系「やくも」。『旅と鉄道』2024年増刊4月号「ありがとう国鉄型特急」が好評発売中!!

いよいよラストランを迎える381系「やくも」。『旅と鉄道』2024年増刊4月号「ありがとう国鉄型特急」が好評発売中!!

インプレスグループで鉄道・旅・歴史などのメディア事業を展開する天夢人より、雑誌『旅と鉄道』2024年増刊4月号「ありがとう国鉄型特急」が現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 220 view
「池袋ウエストゲートパーク」でG-Boys・ダイスケ役を演じていた『 井田篤』!!

「池袋ウエストゲートパーク」でG-Boys・ダイスケ役を演じていた『 井田篤』!!

2000年4月から放送された長瀬智也さん主演の人気ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」でG-Boys・ダイスケ役で出演していた井田篤さん。近年メディアで見かけなくなり気になりまとめてみました。
ギャング | 354 view
「90年代」日本を代表した女性モデルたちは現在進行形で容姿端麗?!

「90年代」日本を代表した女性モデルたちは現在進行形で容姿端麗?!

現在では8等身のモデルさんも多いですが、90年代の日本ではだいぶ重宝されたスタイルだったように思います。90年代を代表する、日本人の女性モデルさんたちを抜粋し5名ほどまとめてみました。日本だけでは留まらずに、パリコレにも出るような世界レベルのモデルさんも今回紹介します。そして現在の姿も見ていきたいと思います。
あやおよ | 1,379 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト