『奥様は魔女』の”サマンサ”は私が考える《妻の理想形》だった!!
2018年4月20日 更新

『奥様は魔女』の”サマンサ”は私が考える《妻の理想形》だった!!

『奥様は魔女』というTV番組で女優のエリザベス・モンゴメリーが演じる主人公である”サマンサ”は、私にとって《妻の理想形》でした。そんな”サマンサ”の魅力を少しでも紹介します。

6,990 view

『奥様は魔女』とは??

『奥さまは魔女』(おくさまはまじょ、原題:Bewitched)は、1964年から1972年までアメリカのABCで全254話(第1~8シーズン)が放送された、シチュエーション・コメディのテレビドラマ。日本でも1966年から日本語吹替版がTBSで放映された。
日本では「奥様の名前はサマンサ。そして旦那様の名前はダーリン。極普通の二人は極普通に恋をして、極普通に結婚しました。でも唯一つ違っていたのは、奥様は魔女だったのです」というきめ台詞で番組が始まっていました。
広告代理店に勤めるダーリン・スティーヴンスが結婚した相手サマンサは魔女だった! 彼女の結婚に反対する母親のエンドラを初めとする彼女の親戚達も現われ、次々に巻き起こる珍騒動の数々…。
魔法使いの国から人間界にやってきたキュート美人で活発な魔女"サマンサ"。彼女の秘密を知っているのは旦那様の"ダーリン"だけ。ダーリンは出来るだけ魔法を使わずに生活をするようサマンサに釘を刺すが、サマンサはついつい便利な魔法を使ってしまうからダーリンはいつもヒヤヒヤ!
それだけに留まらず、サマンサの家族も時々現われては堂々と魔法を使って人間達を翻弄しトラブルを巻き起こす! 常に一難去ってまた一難の大騒動なのだ!

『奥様は魔女』のオープニングとエンディング画像

『奥様は魔女』のキャストを紹介しよう

キャスト全員を紹介したいところではありますが、あまりにも多いため、私が強く印象に残っている人だけ紹介します。

まずは何と言おうと、サマンサ・スティーブンス(演:エリザベス・モンゴメリー、吹替:北浜晴子 )

ドラマの主人公。世界でもっとも有名な「よい魔女」のひとりで、人間界でウィンドー・ショッピング中に、ダーリンと鉢合わせ、あっと言う間に恋に落ちました。結婚以前に自分が”魔女”であることをダーリンに打ち明けたのですが、結婚条件は、魔法を使わないこと。魔女だと周囲にばらさないことであった。けなげな彼女は、ダーリンの言いつけを守ることを誓い、魔界では、エリート級の腕を持つ魔法を捨て、専業主婦になることを決意し、結婚したが・・・。
人間の男性ダーリンと結婚した魔女のサマンサは、彼との約束通り、魔法を使わず普通の奥様として幸せな家庭を築こうとするが、魔女の仲間がやってきてトラブルを起こしたり、ダーリンが仕事で困ったりすると、つい魔法で解決しようとしてしまう。魔法を使ったのがダーリンにバレるときまって怒られ、人間と結婚したのが気に入らない母親からはしょっちゅう皮肉を言われ、普通の家庭では味わえない苦労の毎日。けれどダーリンと深く愛し合っているサマンサは、持ち前の明るさでいつも乗り切り、大切な家庭を守っている。
サマンサ(エリザベス・モンゴメリー)

サマンサ(エリザベス・モンゴメリー)

サマンサは美人は美人ですが、気品がありますね!!
出典 p.twpl.jp

サマンサを演じたエリザベス・モンゴメリーについて

エリザベス・モンゴメリー(Elizabeth Montgomery, 1933年4月15日 - 1995年5月18日)は、アメリカの映画・テレビ番組で活躍した女優。
カリフォルニア州ロサンゼルスにて俳優ロバート・モンゴメリーとエリザベス・ブライアン・アレンの間に生を受けた。彼女が生まれる前になくなった姉(マーサ・ブライアン・モンゴメリー)と、1936年に生まれた弟(ロバート・モンゴメリー・ジュニア Robert Montgomery Jr.)がいる。
『奥様は魔女』のサマンサは”良妻賢母の代名詞的存在であったが、実生活においては生涯、4度の結婚を経験している。1954年21歳の時、父親の番組の舞台マネージャーだったフレッド・キャンマンと最初の結婚。しかし、ハリウッド進出を望むエリザベスとの考え方の相違から、1年後には離婚。1956年、23歳で当時42歳のギグ・ヤングと結婚するが、ヤングのアルコール依存症で結婚生活は破たん。1963年から10年間は映画監督で『奥さまは魔女』のプロデューサーであるウィリアム・アッシャー(William Asher)と結婚生活を送り、アッシャーとの間に3人の子供を儲ける。この関係はアッシャーの不倫によって終わりを告げ1974年に離婚。2年間リチャード・マイケルズと同棲の後、1993年に俳優ロバート・フォックスワースと結婚し、終生添い遂げることになる。
1995年5月18日、大腸癌により62歳で死去。当時、フォックスワースの手術の世話で忙しくしていて、手遅れになってしまうまで病気の兆候を無視していたため、癌の診断から亡くなるまでたった8週間であった。エリザベスは回復の望みがないと知ると、病院での死を望まず、フォックスワースとのビバリーヒルズの自宅に戻り、そこで家族が見守るなか亡くなった。

女優としてのエリザベス・モンゴメリー

1955年に父の出演するテレビ番組『ロバート・モンゴメリー・プリゼンツ Robert Montgomery Presents』と、映画『軍法会議』でデビューを果たす。
1964年から1972年にわたって放映された『奥さまは魔女』は大成功を収め、シーズン8まで続いたこの作品は数々の再放送・配信がなされ現在でも世界中で広く知られる作品となっており、また後にニコール・キッドマンがサマンサ役を演じて『奥さまは魔女』として映画リメークされている。エリザベスはサマンサ役で5度エミー賞を受賞、ゴールデングローブ賞にも4度ノミネートされた。
人気番組となった一方でエリザベス自身「シーズン4を終えたあたりでサマンサ役に飽きていた」と告白している。番組が終了した後はサマンサの有名な鼻を動かす仕草は、頼まれてもやりたがらなかったという。
その後はイメージを払拭させるような役柄に積極的に取り組み、『私は犯された/エレン夫人の秘密』中の犠牲者役でエミー賞にノミネートされ、『女死刑囚の秘密』では殺人者(冤罪者)を演じ、ミニシリーズ『開拓者たち』では困難に直面した1820年代オハイオの強い女性の役割を選ぶなど、エリザベスの俳優としての後半生は、女優としてのキャリアを積む役を演じている。
1985年の映画『エイモス』の看護婦役として、残忍な悪役も演じている。
1979年と1982年に、日本のロッテCMにサマンサ役で出演、1982年の同CMでは和服姿で出演している。

『エイモス』の看護婦役を演じたエリザベス・モンゴメリー

私にとってこの映画のリズには相当なショックでした!!

ロッテ マザービスケットのCM時においてエリザベス・モンゴメリー

今見ても新鮮で笑えます。

次にもう一人の主人公である、ダーリン・スティーブンス(演:第5シーズンまでディック・ヨーク・第6シーズン以降ディック・サージェント、吹替:柳澤愼一)

サマンサの夫。広告代理店「マクマーン&テイト社」の若き重役兼優秀な宣伝マン(今で言うコピーライター)。生真面目で叩いても埃が出ないほどの堅物、故に魔法で楽をすると言う発想はなく、魔法自体を嫌っている。愛妻家だが、魔女であるサマンサと結婚したせいで彼女の係累に日々悩まされる。
第5シーズンでダーリン役を降板したデイック・ヨークは1959年に出演した映画『コルドラへの道』で落馬事故に遭遇し負傷、以来、持病となった腰の激痛を緩和させる目的で鎮痛剤を濫用し始め、本作撮影中はその副作用から情動が不安定になったり、ろれつが回らなくなる事もあり、既に薬物依存の状態だった。第5シーズンの撮影開始の頃には更に痛みが悪化。座っているシーンやソファーで横になっているシーンを増やして対応した。しかし、第6シーズンの撮影リハーサル中に突然倒れ、一時意識を失う事態が発生。治療とリハビリのため降板となった。降板に近い時期のエピソードでは、「ダーリンはメキシコへ長期出張中」という設定にされている。
日本語吹き替えを担当された柳澤愼一さんは当時俳優として一流だったのですが、私としては彼の声が甲高いので、ダーリンの声には合わないような感じがありました。柳澤愼一さん、ごめんなさい!!
ディック・ヨーク

ディック・ヨーク

役者としてのディック・ヨーク

幼い頃からラジオ俳優としてのキャリアを積んできたヨークは、数々の賞を受けた名俳優。日本でも有名な「ヒッチコック劇場」や「パパは何でも知っている」など、多くのドラマに登場していましたが、本来はダーリン役にノミネートはされなかったそう。数々の魔法がこの優しい紳士をダーリンというハマリ役に導いたのです。
ディック・サージェント

ディック・サージェント

43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

古き良きアメリカンコメディーの決定版『奥様は魔女』

古き良きアメリカンコメディーの決定版『奥様は魔女』

「ティロティロティン」のベルの音、ピクピク動く小鼻、軽快な音楽、コミック的なファッション、観客席風の笑い声。そんな『奥様は魔女』は古き良きアメリカンコメディーの代表であり、1960年代のキュートとオシャレが詰まったポップカルチャーでした。今回はそんな『奥様は魔女』の魅力に迫っていきましょう。
starsky82138 | 2,924 view
魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

ヨーロッパのバレエ学校に入学したスージー、学校内で次々と殺人が起こる中、スージは学校に魔女が棲んでいる事を突き止めます。またこの映画では、赤や青の原色の色彩が特徴のひとつにもなっています。
星ゾラ | 8,523 view
時の止まった庭園『アニメひみつの花園』

時の止まった庭園『アニメひみつの花園』

児童書原作もので、謎解き要素もアリで。「10年間閉ざされた庭」というだけでも十分ワクワク感がありますよね。
えどのゆうき | 6,442 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト