映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!
2017年1月26日 更新

映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!

1984年の映画「ときめきに死す」。森田芳光監督の独特な感覚が味わえる。役者・沢田研二や樋口可南子のキスシーンや衝撃的なラストシーン等見どころも豊富。「ときめきに死す」のあらすじや裏話をご紹介!!

7,004 view

森田芳光監督 × 沢田研二 「ときめきに死す」

『ときめきに死す』(ときめきにしす)は、丸山健二の小説、およびそれを原作とした1984年制作の日本映画である。
盛りを過ぎた信州の避暑地の様子、世話を依頼された「彼」との生活、そして政治家の暗殺に成功すると思われていた彼が謎の死を遂げるまでを「私」の視点から緻密に描く。
ときめきに死す

ときめきに死す

原作には出てこないコンピューターや同居の女、舞台が信州ではなく北海道、暗殺対象が政治家でなく宗教家であるなど、原作とはかなりの差異がある。当時、歌謡界のスーパースターであった沢田研二の壮絶なラストシーンが話題となった。

共演の杉浦直樹は、本作で1984年度アジア太平洋映画祭助演男優賞を受賞している。
DVD

DVD

1980年代。スピルバーグ、ルーカスが活躍したアメリカに負けじと、日本でも「若手監督」達が気勢を挙げていました。『オレンジロード急行』の大森監督、『サード』の東監督、『遠雷』の根岸監督など。

中でも、ピンク映画出身、一般作デビューの『家族ゲーム』で各映画賞を総ナメにした森田芳光監督は、若手のホープでありました。
そんな彼の次なる作品がこの『ときめきに死す』であったのです。

不思議な世界観を感じる≪予告動画≫

ときめきに死す (1984) - 劇場予告編 - YouTube

「ときめきに死す」 あらすじ

都会から遠く離れた田舎町。そこの駅で、歌舞伎町で医者をいる大倉洋介(杉浦直樹)は工藤直也(沢田研二)を迎えに来ていた。大倉はある組織から工藤の世話をする仕事を請け負ったのであった。
工藤直也、彼の仕事は殺し屋であった。
そして、大倉と工藤の二人きりの奇妙な生活が始まった。
工藤直也(沢田研二)

工藤直也(沢田研二)

舞台の街にある駅

舞台の街にある駅

大倉は工藤を別荘に案内し、組織の指示通りに調理した夕食で持てなすが、工藤は酒も煙草も拒否、食事もデザートから手をつけるという変わり者だった。大倉は工藤の正体も、ここに現われた目的も一切知らされず、また質問する事も禁じられていた。
ただひたすら、組織からの一方的な電話による指示通りに彼の世話をするのだった。
食事シーン

食事シーン

工藤は折りたたみのナイフで、ステーキを食べる。
工藤と大倉(杉浦直樹)

工藤と大倉(杉浦直樹)

なかなか工藤のキャラクターを掴めない大倉。
工藤は早朝、森林を駆け回り昼は海で水泳をし、別荘に帰っては室内トレーニングを続けるという日課を黙々とこなしていた。大倉はそんな彼のストイックな姿に魅せられていく。

あるコンピューター室で少年がキーを叩いている。
ブラウン管には工藤と大倉の行動がグラフィック化され、二人の体格、性格に対照して「コヅエ・ヒロミ」という女が叩き出された。
そして、梢が組織から工藤のために別荘に送り込まれてきた。男二人と女一人の奇妙な生活が始まる。
医者としての仕事もこなす大倉

医者としての仕事もこなす大倉

梢(こずえ、樋口可南子)がやってくる

梢(こずえ、樋口可南子)がやってくる

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,867 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

池野恋による少女漫画『ときめきトゥナイト』。同作と女性ファッション雑誌BAILA(バイラ)7月号の別冊付録「婚BAILA」と連動した企画で、スペシャルな婚姻届が登場する。
当時無名だったケビン・コスナーが登場した映画「テスタメント」核によって幸せな家庭が崩壊!?

当時無名だったケビン・コスナーが登場した映画「テスタメント」核によって幸せな家庭が崩壊!?

映画「テスタメント」は1983年にアメリカで制作され、1984年に日本で公開された作品でした。そして、物語は核戦争後の世界に住む家族を中心に描かれています。
星ゾラ | 1,546 view
市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

市川準の監督デビュー作!映画『BU・SU』性格ブスの女を18歳の富田靖子が無表情で熱演!!

映画『BU・SU』は、1987年に公開した市川準が監督デビューした作品です。ひねくれてしまった性格ブスの女の子が成長していく物語です。当時18歳だった富田靖子が主演を務めました。
星ゾラ | 5,826 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト