一世を風靡したダイヤルQ2(通称キューツー)との想い出
2018年5月4日 更新

一世を風靡したダイヤルQ2(通称キューツー)との想い出

インターネットの普及ともに利用者が減少してサービス終了になった「ダイヤルQ2(ダイヤルキュー)」。 ベンチャーブームだった1991年当時のことを振り返ってみたくなりました。

5,615 view

ダイヤルQ2(通称キューツー)とは

私たちの世代の方は、よーくご存じのダイヤルQ2。電話番号が0990から始まり、電話をすると、「この情報は、1分間に〇〇円の情報量が課金されます」というような音声が流れてくる。
成人向けサービスで一世風靡しましたので、苦ーい想い出のある方も多いのではないでしょうか(笑)。私は、よく占いを聴いてはまってしまった一人。人生に迷い中のころ(笑)。

1989年7月にサービス開始になったダイヤルQ2。ピーク時の1991年頃には全国で8500番組が提供されていたそうです。インターネットの普及で徐々に利用者も少なくなり、2014年2月28日でサービス終了。今では、災害時の募金活動で使われたりしていますね。

ダイヤルQ2(ダイヤルキュー)は、NTT東日本・西日本が提供していた電話による情報料代理徴収サービスの登録商標(第3012680号ほか。商標権者はNTT本社)。 通称:Q2(キューツー)。一般にダイヤルキューツーと呼ばれることが多いが、正しい呼称はダイヤルキューである。
正式には、「ダイヤルキュー」というのですね。これは今の今まで知らなかったです(汗)

サービスを利用するにはプッシュ式の電話機が必要でした

当時は、まだスマートフォンなどない時代でしたので、「受話器のついた電話機」が主流でした。
そして電話を繋ぐ回線は、アナログ回線。アナログ回線には、ダイヤル回線とプッシュ回線というのがあります。
数字のところに指をいれてダイヤルする黒電話は、ダイヤル回線のみで繋がれています。
一方、数字のついたボタンを押してダイヤルする電話機は、ダイヤル回線とプッシュ回線のどちらかで繋がれていました。ボタンがついているからプッシュ回線の電話機とは限らないということですね。
確認する方法は、電話機についているボタン「*」(米印)を押して「ピッ」という音がしたらプッシュ回線。「ジージー」とか「カタカタ」という音であればダイヤル回線という見分け方でした。

ダイヤルQ2を利用したい場合は、プッシュ回線の電話機が必要でした。
黒電話

黒電話

うちにあったのは、もれなく、黒電話でした。
「♪ダイヤル~回して~手を止めたあ♪」懐かしい~
押しボタン式電話機 - Wikipedia (1997106)

最初にボタンの電話機を見たときは若干の戸惑いを感じた記憶があります。
黒電話の次に買ったのが、ボタン式の電話機でした。私が購入したのは、、もう少しカッコイイものでしたが(笑)。失礼!

そもそもダイヤルQ2サービスの本来の目的は?

ダイヤルQ2は、情報を提供したい会社(人)と情報と情報を電話から入手したい人とを結ぶのが目的で、情報料は通話料に課金してNTTが回収を代行しましょう。と言うサービス(個人的解釈)。
情報提供者側も料金回収ができないということもない。情報を聴きたい人は費用の支払いを別途済ませてからという手続きもなく通話料に課金されてくるので割と気軽にかけられる。この仕組みを利用して、当時ベンチャーがたくさん台頭してきました。
成人向けサービス(「ツーショットダイヤル」とよばれていた)で世の中に広まりましたが、本来は、有益な情報(ニュースやテレホン相談など)での利用をNTT側は想定していたのですよね。

仕組みは「テレフォンサービス」と同じ

ダイヤルQ2の仕組みはテレフォンサービスと一緒なのですよね。
イメージしやすいところで言えば、荷物の再配達の伝票を見ると、指定の電話番号がかかれていて、電話をすると、「こちらは、〇〇宅配サービスです」と音声が流れてきて、「集荷をご希望の方は1を」「再配達をご希望の方は2を」など案内が流れてきますね。このような仕組みと同じです。
では、どのようなものだったのか。ここで、かかせないのが、「自動音声応答装置」。
下記のようなコンピュータ。呼び方は、音声応答装置、音声応答システム、音声自動応答装置などと言ったりします。

人を常に配置しておかなくてもコンピュータに予め録音しておけば、24時間の対応ができるので効率的です。
今では、運転免許テレホンサービス(24時間)もあり、企業のサポート窓口などでも、担当者に繋ぐ前に、このシステムを使用しているところも多いですね。
私たち世代は、テレフォンサービスといえば、、「リカちゃん電話」ですが(笑)
自動音声応答装置(じどうおんせいおうとうそうち、自動応答装置、音声自動応答装置、Interactive Voice Response, IVR)は、主に電話の応答と音声による情報の入出力や対話をコンピュータにて行う装置のことを指す。IVRシステムでは、事前に録音された音声、又は動的に生成された音声を使用して応答し、ユーザーに続行方法を指示することができる[1]。モバイル上の購入、バンキングサービスや支払い、小売発注、光熱費、旅行情報、気象情報などにも使用できる
音声応答装置

音声応答装置

なんと、Amazonで販売していました。

テレフォンサービスと同じなのに、「ダイヤルQ2」と言うのは?

テレフォンサービスと仕組みが同じなのに、なぜダイヤルQ2と言うのか。
電話番号には、サービスの種類によって番号の付け方が違うようです。

今はどんどん減っていますが、家電といわれる固定電話は、「0×××」という市街局番から始まりますね。
この固定電話意外に、特殊なサービスを提供する場合は、わかりやすいように、電話会社共通の番号として「0××0」から始まる番号を付与することになっています。

例えば、「0120」で始まる番号。これは、「フリーダイヤル」※といいますね。通話料を相手側が支払うというサービスです。
では、ダイヤルQ2は?
ダイヤルQ2は、「0990」から始まる番号になっています。「情報料代理徴収サービス」といって、通話料とは別になんらかの情報を情報提供会社が決めた金額を電話会社が代行して徴収し、通話料と一緒に請求がくるというサービスです。この番号には、「9」が二つあることから「ダイヤルキューツー」と呼ぶのかと当時は思っていましたが、、Quest、Question、QualityなどのQをもとにつけられたともされているようですね。

結論からすると、仕組みはテレフォンサービスと一緒でも、提供するサービスの内容によって、電話番号が、固定電話の番号なのか、特殊なサービスの電話番号なのか決まっているということですね。「ダイヤルQ2」が特別なシステムということではないということです。

※「フリーダイヤル」は、NTTコミュニケーションズの登録商標です。
Quest、Question、QualityなどのQをもとにこの名称が付けられたとされる。電話番号が"0990"ではじまっていることから後付けでこの名称となった説もあるが、定かではない。

サービス開始のための番組(音声やFAX)の制作はどのように

サービスを提供するハードウェアが決まり、ダイヤルQ2用の電話番号も取得と並行に、サービスの番組も考えていきます。音声での提供とFAXでの提供ができます。

音声制作は、サービスの内容を考えてシナリオ作りです。
コンピュータに音声はどのようにしていれるのか。
実は、私は、当時、この音声を制作するベンチャーで働いていました。
当時は、音声入力は、二パターンありました。

入力する言葉を考えて、人の声(声優の方など)をまず録音します。録音した音声を編集して、
遠隔で、電話回線を使ってコンピュータにいれていく方法。
もうひとつは、直接、電話機から決められた電話番号に電話をして録音をしていく方法。これは編集なしの一発勝負です。
声優の方でも、コンピュータにのる声とのらない声があるのですよね。周波数の関係があるようでした。
私も人がいないときは、代わりに録音していましたよ。一発勝負ですので、失敗したら削除→再度録音を繰り返していました(笑)

直接電話機から録音する様子。

直接電話機から録音する様子。

FAXサービスの場合は、パソコンで原稿制作をします。当時は、Mackintosh(マッキントッシュ)しかありませんでしたので、Macで制作します。写真の画像を綺麗にだすという技術がなかったため、とても苦労していました。原稿が出来上がったら、手元のFAX機から電話回線を通じて、サービス用のコンピュータにプッシュボタンで操作しながら送ります。
これで、FAXサービスが開始できるというわけです。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが、全国のTHE KISS 直営店 、THE KISS 公式オンラインショップほかにて発売された。
red | 453 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 639 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 214 view
「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

1987年の登場以来、女子中高生を中心に永らく愛されてきた雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」が、福島の雑貨チェーン「PATTY’S(パティズ)」より待望の復活を遂げることが明らかとなりました。
隣人速報 | 404 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト