【美保純】ポルノデビューから成功した女優!経歴やエピソード・代表作など
2020年5月14日 更新

【美保純】ポルノデビューから成功した女優!経歴やエピソード・代表作など

お姉さんキャラとして、現在も幅広く活躍されている美保純さん。今回の記事ではそんな彼女の意外な経歴やエピソード・代表作などを紹介していきます。男性ユーザーには嬉しいサービスカットもご用意していますので、ぜひ鼻の下を長くしてご覧になってください。

6,574 view

親しみやすい美保純さん

美保純さんのプロフィール

美保純さんのプロフィール

本名  :曽根 ちよ美
生年月日:1960年8月4日
出生地 :静岡県静岡市
血液側 :A型
職業  :女優
活動期間:1981年~

美保純さんの経歴

静岡県静岡市で生まれ、実家は大工業を営み、父親は家具職人といった環境に育ちます。
中学生時代はバレーボール部に所属して、静岡精華学園高等高校に入学しますが、中退し、静岡市内のアパートに就職されました。その頃、ディスコ・クィーン・コンテストに出場して優勝するといった逸話を残されています。
都会での生活に憧れ、上京して、広告代理店でアルバイトをするようになると、芸能関係者の目に止まり、スカウトされると1981年には映画『制服処女のいたみ』で主演デビューを果たすのでした。翌年に公開された映画『ピンクのカーテン』ではブルーリボン新人賞を獲得して、女優としての地位を固めることになります。
隣のお姉さんといった親しみやすさを売りにして週刊誌のグラビアを飾ると、さらに人気を集め、名作映画『男はつらいよ』ではタコ社長の娘・あけみ役にも抜擢されました。
現在でも幅広く活躍されており、映画・テレビドラマやバラエティー番組にも出演されています。

美保純さんのエピソード

デビュー当初はサバを読んでいた

デビュー当初は公式プロフィールの年齢を1つサバ読んでいたみたいです。その理由は、ヌードを公開するときに10代と20歳では、世間に与える印象が全然違うといった背景があったそうで、マネージャーによるプロモーション上の戦略だったと明かされています。

全盛期の人気ぶり

日活ロマンポルノの女優としてデビューした美保純さんでしたが、その人気ぶりから日清食品の焼きそば『UFO』のテレビCMに出演するといった活躍ぶりを見せています。分かりやすく現在の背景で例えるなら、AV女優が有名メーカーのテレビCMに出演するほどのことといえるのではないでしょうか。
さらに、国鉄夜行バスの『ドリーム号』のポスターに美保純さんが採用されると、掲示していたポスターのほとんどが盗まれてしまうといったこともあったそうです。現在も綺麗な美保純さんですが、全盛期の人気ぶりはアイドル並みだったみたいです。

美保純という芸名の由来

苗字の『美保』については、美保純さんの出身地である静岡の景勝地『三保の松原』から取ったものです。『純』という名前は、デビュー当時に『ジュンコ』『レイコ』という芸名が流行ってことから『ジュンコ』が候補に挙がりました。しかし、『美保純子』という名前は語呂が悪いと、『子』を省いて『美保純』という芸名に至ったようです。

20代から発症したメニエール病

美保純さんといえばメニエール病を患っていて、2009年には舞台などの仕事をキャンセルして自宅療養されたことあります。これをきっかけに、メニエール病という病気に注目が集まるようにもなりました。めまい・耳鳴り・難聴といった症状を繰り返す疾患で、発症して1~2年で回復していくことが多いみたいです。
美保純さんの現在の病状は不明ですが、お元気そうな姿をみると、病状は落ち着いているのではないでしょうか。

中村うさぎさんとの確執

2015年にTOKYO MXのテレビ番組『5時に夢中!』にて、美保純さんは小説家・エッセイストとして有名な中村うさぎさんと共演されていましたが、両者の間にトラブルがあり、中村うさぎさんが番組を降板するといった事態が起きています。
中村うさぎさんは、難病といわれるスティッフパーソン症候群を患っており、その病気を治すための薬による副作用で太ってしまったとのこと。そのことをカメラが回っているところで、美保純さんに馬鹿にされ、深く傷ついたとされています。また番組のプロデューサーに、美保純さんが中村うさぎさんに「ポルノ女優のくせに」と言われて傷ついているからフォローするように言われたともいいます。
どこまで言っても噂のうえでの話なので、こちらの真実は分からないですね。ただ、中村うさぎさんが怒って番組を降板されていることは事実。この件に関しては少し後味の悪い結末になってしまっています。

美保純さんの代表作

ポルノ映画

『制服処女のいたみ』

『制服処女のいたみ』

公開:1981年
監督:渡辺護
出演:美保純
   杉佳代子
   青木美枝子

あらすじ

SEXへの好奇心がいっぱいのマリと栄美は、今日も歌舞伎町を歩きながらSEXの話ばかりしていた。夜の街に遊びに出かけた二人は、ディスコに入るが、そこで栄美はレイプされてしまう。それを知ったマリは、親友を弄んだ男たちへの復讐を決意するが・・・
61 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」。白川和子や小川節子、美保純、可愛かずみらを輩出した成人映画シリーズだった。今年、生誕45周年を迎えるにあたって始まったロマンポルノリブートプロジェクト。その予告映像が公開されている。
【片桐夕子】ポルノ映画から一般作品に移行!経歴やエピソード・代表作まとめ

【片桐夕子】ポルノ映画から一般作品に移行!経歴やエピソード・代表作まとめ

片桐夕子さんは1970年代に日活ロマンポルノの人気を支えたスターでしたが、1980年代からは一般映画やテレビドラマなどに活躍する場を移されました。今回の記事ではそんな彼女の経歴やエピソード・出演作品を調べてみました。現在の活動状況なども紹介しますので、ぜひご覧になってください。
tsukumo2403 | 935 view
【岡本麗】ポルノ女優から一般女優に転身!経歴やエピソード・代表作まとめ

【岡本麗】ポルノ女優から一般女優に転身!経歴やエピソード・代表作まとめ

クロレッツのCMや『はぐれ刑事純情派』の印象が強い岡本麗さん。今回は、そんな彼女に注目して、経歴やエピソード・代表作を紹介していきたいと思います。調べてみると、意外な過去があってビックリさせられました。現在でも積極的に活動している岡本麗さんの魅力を紹介していきます。
tsukumo2403 | 3,663 view
【泉じゅん】ポルノ女優として1970年代に活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

【泉じゅん】ポルノ女優として1970年代に活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

当時は可愛らしい表情や美しいスタイルで人気だった女優・泉じゅんさんをピックアップして、その経歴やエピソード・代表作を紹介していきたいと思います。アイドルにも負けない容姿で、ポルノ女優だったことが信じられないほどの存在です。ぜひ記事をご覧になって、泉じゅんさんの魅力を知ってください。
tsukumo2403 | 52,331 view
80年~90年代に2時間ドラマなどを中心に活躍した!『南條玲子』が懐かしい!!

80年~90年代に2時間ドラマなどを中心に活躍した!『南條玲子』が懐かしい!!

80年~90年代にかけて2時間ドラマなどを中心に活躍されていた女優、南條玲子さんをご存知だろうか?何年かメディアで見なくなり気になり調べてみました。
ギャング | 6,807 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト