【八代亜紀】演歌の歌姫として活躍!厚化粧で有名?結婚や豊満なおっぱいもチェック!
2021年6月22日 更新

【八代亜紀】演歌の歌姫として活躍!厚化粧で有名?結婚や豊満なおっぱいもチェック!

ミドルエッジに留まらず、幅広い世代の記憶に刻まれた歌姫として、これまで多大な功績を残してきた八代亜紀さん。その美貌や巨乳ぶりにも注目が集まりましたね。今回の記事では、そんな彼女の活躍ぶりや人生・魅力を振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

1,443 view

演歌界の歌姫・八代亜紀さん

八代亜紀さんのプロフィール

八代亜紀さんのプロフィール

本名  :橋本明代
生年月日:1950年8月29日
出生地 :熊本県八代市
職業  :歌手
     女優
     画家
活動期間:1971年~

八代亜紀さんの経歴

1950年、熊本県八代市に生を受けた八代亜紀さん。父親は浪曲の歌い手で、彼女は幼い頃から浪曲を子守唄代わりに聴いて育ったそうです。幼少期から歌姫としての片鱗を見せ、地元の歌唱コンクールに出場するほど歌が大好きだったといいます。

八代亜紀さんが小学5年生の時、父親が買ってきたジュリー・ロンドンのレコードを聴いて、その美声に魅入られるように。自分のハスキーな声質にコンプレックスを感じていたようですが、ジュリーのハスキーボイスの影響を受けて、クラブ歌手になることを夢見るようになります。
地元の公立中学校を卒業した八代亜紀さんは、そのまま九州産業交通に就職。バスガイドとして勤務するも、歌手になる夢を諦めきれず、15歳の時に父親の反対を押し切ってまで上京されました。その後、銀座でクラブ歌手になり、スタンダードやポップスなどの歌謡曲を披露されていたそうです。

1971年、テイチクよりシングル『愛は死んでも』を発売して歌手デビュー。
この時期、読売テレビのオーディション番組『全日本歌謡選手権』にも出場し、10週連続で勝ち抜くという快挙を果たしてグランドチャンピオンに輝きました。
1973年に発売したシングル『なみだ恋』は120万枚を超える売上枚数を記録し、その後も続々とヒット曲を連発させます。

1980年に発売したシングル『雨の慕情』では日本レコード大賞を受賞し、NHK紅白歌合戦では2年連続で大トリを務めて”演歌の女王”と呼ばれるようになりました。
1987年には個人事務所を設立。それ以降、演歌にとらわれず、ポップスやバラード調など幅広いジャンルの歌も歌うように。

2012年にはジャズアルバム『夜のアルバム』を発売。こちらは世界75カ国にも同時配信され、歌手活動42年目にして世界デビューを飾りました。
iTunes Storeジャズチャートにおいては、マレーシア1位、シンガポール2位、台湾4位、香港7位にランクインして世界的なヒット作になりました。

2013年にはニューヨークの名門ジャズクラブ・バードランドでライブを開催。こちらでは世界的にも有名なジャズ歌手のヘレン・メリルさんをゲストに招いて、初共演が実現しています。
NHK総合で放送されたドキュメント番組『演歌の女王 ジャズを歌う~八代亜紀・ニューヨークでの挑戦~』では、このライブの模様が紹介され、現在は演歌のコンサートとともにジャブライブも積極的に行なっているようです。
八代亜紀さんは歌手としてだけではなく、その美貌が注目され、女優・タレントとしても幅広く活躍されていますよね。

八代亜紀さんにまつわるエピソード

厚化粧で笑うとヒビが入る!?

日本人離れした彫りの深さから、一時期は厚化粧のイメージが強かった八代佐紀さん。
ビートたけしさんが漫才で、「厚化粧で笑うとヒビが入る」とネタにしていたことが発端となったのでしょうか。

そして、替え歌で有名な嘉門達夫さんのネタにもなり、”誰も知らない素顔の八代亜紀”のフレーズはその印象に拍車を掛けました。
しかし、言われっ放しではなかった八代亜紀さん。その後、彼女は化粧品のテレビCMに出演してすっぴんを披露すると、テレビ画面を通して、嘉門達夫さんに対して「ざまぁみろ!」というセリフを発していました。
そのテレビCM動画は見付かりませんでしたが、八代亜紀さんがすっぴんを披露している別CMの情報をキャッチ。
64 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

女優・タレントとして活躍する宮崎美子(61)がこのたび、自身の芸能人生初となるカレンダーを発売し、40年ぶりにビキニ姿を披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 17,832 view
1999年に「孫」が大ヒット!大泉逸郎の魅力にせまる!!

1999年に「孫」が大ヒット!大泉逸郎の魅力にせまる!!

1999年に、自身の孫の為に歌った「孫」が大ヒットし、演歌歌手としてデビューした大泉逸郎さん。名曲「孫」とともに、その魅力にせまりたいと思います(^^)/
つきねこ | 801 view
【70年代歌手】トラック野郎の女神、八代亜紀が演歌の女王と言われるようになるまでの軌跡

【70年代歌手】トラック野郎の女神、八代亜紀が演歌の女王と言われるようになるまでの軌跡

70年代初めに演歌歌手としてデビューした八代亜紀。ヒット曲の「なみだ恋」でトラック野郎の女神となり、ヒット曲を量産し女唄を歌わせたら天下一品の演歌の女王になるまでの軌跡を振り返る!
はんまのまま | 7,441 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 14,199 view
【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!

【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!

紅白歌合戦のトリといえば、この人「北島三郎」。山本譲二や歌手の小金沢君などを率いて演歌会を驀進していました。しかし、娘がとある弟子と恋に落ちたことで、だんだんと雲行きが怪しくなって…?そんな疑惑をのぞいてみましょう。
cyomo | 2,989 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト