ブルース・リーの生誕79周年!ブルース・リーへの痛快なオマージュが話題のインド映画『燃えよスーリヤ!!』が公開!
2019年11月27日 更新

ブルース・リーの生誕79周年!ブルース・リーへの痛快なオマージュが話題のインド映画『燃えよスーリヤ!!』が公開!

2018年に開催された第43回トロント国際映画祭の<ミッドナイト・マッドネス部門>にて観客賞を受賞したインド映画『燃えよスーリヤ!!』が、2019年12月27日よりTOHOシネマズシャンテほか全国の映画館で公開されることが明らかとなりました。

668 view

ブルース・リーの生誕79周年!映画『燃えよスーリヤ!!』が公開決定!!

 (2153769)

2018年に開催された第43回トロント国際映画祭の<ミッドナイト・マッドネス部門>にて観客賞を受賞したインド映画『燃えよスーリヤ!!』が、2019年12月27日よりTOHOシネマズシャンテほか全国の映画館で公開されることが明らかとなりました。
 (2153756)

監督を担当するのは『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作で長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー。そして主人公スーリヤは、本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニーが演じます。

監督のヴァーサン・バーラーが主人公スーリヤというキャラクターのイン
スピレーションを得た人物の中でも、そのリスペクトと愛がハンパないのがブルース・リー!!
そんな本作に負けず劣らずブルース・リーへのオマージュを捧げた作品は『マトリックス』、『キル・ビル』、『少林サッカー』など数々の名作でもみられます。

最近ではあのヒット作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でもブルース・リーの姿が甦るというファンにはたまらないサプライズ出演(!?)がありました。

ブルース・リーやジャッキー・チェン、そしてアメコミへの痛快なオマージュで米辛口映画サイト「ロッテントマト」も驚異の100%の高評価を獲得している『燃えよスーリヤ!!』。熱狂的な映画ファンたちが騒ぎ立てたインド映画が、遂に日本上陸です!
 (2153757)

ちなみに、監督自ら主人公のスーリヤを演じたアビマニュ・ダサーニーにブルース・リーのような見た目は筋肉モリモリではないですが、いつでも戦闘態勢に入れるような体作りを目指してもらったという徹底ぶり!!

プロテインも飲みながら、あまり体が大きくならないように気を付けてもらったそう。監督が思うブルース・リーの好きなところは、“身長が決して高いわけではなく、服を着ていれば普通の人に見える。でも脱ぐとすごい!超人的な人だということがわかる”というところ!

また、ブルース・リーを敬愛する監督は、インタビューでこう語っています。“アクション面だけ
ではなく、自分自身があれだけ信じることが出来るということが素晴らしい。世界中が「中国人の武闘家がヒーローになるなんて無理だ」という時代に様々な状況を全て乗り越えてしまった。自分の場所を自ら作ることができた。人気があるから彼がすき、という訳じゃなくて、彼の側面-どんなに大変でも挑戦して乗り越えていく。その姿が大好きだし、憧れている。だから僕のヒーローなんだ” 。

そうした熱いブルース・リー愛を持つ監督が撮影前、キャストたちに与えた宿題、それはブルース・リー作品を観まくることでした。監督がキャストに渡したリストには『ドラゴン危機一髪』、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『ドラゴンへの道』、『燃えよドラゴン』などが列挙されていました。ドラゴンシリーズを制覇しなければ撮影に入れない、徹底したブルース・ リー愛。その視点を楽しむのも本作の魅力ではないでしょうか。

ストーリー

痛みを知らずに悪を討つ!!

スーリヤ(アビマニュ・ダサーニー)は生まれながらにして痛みを感じなかったため、いじめっ子たちの標的にされていた。しかし、幼なじみの女の子スプリ(ラーディカー・マダン)だけは彼を守ってくれていた。そんなスーリヤを見かねて祖父はたくさんのアクション映画のVHSを渡すと、スーリヤはその中で空手マンと呼ばれる片足の男マニ(グルシャン・デーヴァイヤー)が魅せる“百人組手”の映像に衝撃を受ける。スーリヤの夢は決まった。「カンフーマスターに、俺はなる!!」
 (2153759)

成長したスーリヤは、特訓を積んだカンフーと痛み知らずの身体を武器に、街の悪党たちと日々戦っていた。ある日、チンピラたちに誘拐されそうになる女性を助けようとしたところ現れたのは、幼い日に離ればなれになってしまったスプリだった。彼女は空手マンに弟子入りし、道場を経営していた。運命に導かれるように伝説の空手マン・マニに会えたスーリヤ。しかし、彼から双子の弟ジミー(グルシャン・デーヴァイヤー)が街を牛耳る悪党になってしまい、大切な師匠の形見を奪われ、スプリも危険にさらされていると聞く。スーリヤは師匠と仰いできた空手マンの誇りを取り戻すため、そして愛する幼馴染を守るため、悪の組織との戦いに身を投じていくー。
 (2153760)

「燃えよスーリヤ!!」で思い出す!ブルース・リー主演のカンフー映画「燃えよドラゴン」

ブルース・リーやジャッキー・チェンなどへの痛快なオマージュが炸裂する映画『燃えよスーリヤ!!』。タイトルからも連想されるように、1973年のブルース・リー主演映画『燃えよドラゴン』を思い出す方も多いかと思います。世界各国で大ヒットを記録し、ブルース・リーの代表作のひとつとなった本作ですが、その時彼はすでにこの世を去っていました。
 (2153935)

日本でも彼の死去後に公開された『燃えよドラゴン』。「考えるな、感じろ。」の名ゼリフの下、カンフーアクションが日本に浸透するきっかけとなりました。亡くなってから40年以上が経過した現在でも、カンフースターとしてその地位を不動のものとしているブルース・リーですが、そんな彼のイメージを確たるものとしたのが『燃えよドラゴン』であると言えます。現在でも通用するそのアクションは、現代の『燃えよドラゴン』とも言える『燃えよスーリヤ!!』にも継承されています。

キャスト

アビマニュ・ダサーニー(スーリヤ・サンパト)/Abhimanyu Dassani(Surya)

1990年生まれ、インド、ムンバイ出身。母は女優のバーギャシュリー、父は俳優のヒマーラヤ・ダサーニー。母バーギャシュリーは、1989年の映画デビュー作『Maine Pyar Kiya(私は愛を知った)』でサルマーン・カーンと共演、この映画がスーパーヒットしたため、全国民にその名を知られている女優である。結婚後は主にテレビ女優として活躍する母と、テルグ語映画を中心に俳優業をこなす父との間に生まれたアビマニュ・ダサーニーは、俳優業をはじめる前に財政学の学位を取得しており、本作で俳優デビューとなる。本作で、2018年のトロント国際映画祭のミッドナイトマットネス部門観客賞を受賞した後、インド人の俳優として初めてマカオ国際映画祭で最優秀新人男優賞を受賞した。
ブルース・リーといえば、黄色に黒いライン入りのジャージ...

ブルース・リーといえば、黄色に黒いライン入りのジャージをイメージする人が多いでしょう。しかし、スーリヤは、えんじ色に白いライン入りのジャージを着用しています。

スーリヤの戦闘服はブルース・リーがゲスト出演してジークンドーについて語ったTVシリーズ「復讐の鬼探偵ロングストリート」(71-72)で着ていたものというかなりレベルの高いマニアぶりを発揮しています。
ラーディカー・マダン(スプリ)/Radhika Madan(Supri)

1995年5月1日生まれ、インド、デリー出身。ダンスのインストラクターとして活動していたが、2014~16年に放映されたテレビドラマ「Meri Aashiqui Tum Se Hi(私の愛はあなただけに)」でヒロインを務め話題となる。2018年、『Pataakha(爆竹)』でスクリーンデビューし、同年の「スター・スクリーン・アワード」で新人女優賞を受賞した。次回出演作『Angrezi Medium(英語ミディアム)』はヒット作『ヒンディー・ミディアム』の続編で、インドのトップスター、イルファーン・カーンやカリーナ・カプールと共演する。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

ミドルエッジ男子必見!1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして蘇りました。
隣人速報 | 7,867 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 501 view
あのヌンチャクを使った名シーンが観られる!ブルース・リーの遺作映画『ブルー・スリー 死亡遊戯』

あのヌンチャクを使った名シーンが観られる!ブルース・リーの遺作映画『ブルー・スリー 死亡遊戯』

1973年に映画『燃えよドラゴン』でカンフー・ブームの立役者となったブルース・リーが最後に出演した映画作品です。
星ゾラ | 56,186 view
約10年ぶりに復活したホットペッパーグルメの“関西弁CM”が「マッドマックス」の世界観そのものだと話題に!!

約10年ぶりに復活したホットペッパーグルメの“関西弁CM”が「マッドマックス」の世界観そのものだと話題に!!

2000年代にホットペッパーグルメが放送していたCMシリーズ「関西弁アフレコテレビCM」が、このたび約10年ぶりに復活しました。そのCMの世界観が、往年のアクション映画「マッドマックス」のようだとSNSなどを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,577 view
ブルース・リーのクローンが登場!?バッタモン映画「クローン人間ブルース・リー 怒りのスリー・ドラゴン」の魅力!!

ブルース・リーのクローンが登場!?バッタモン映画「クローン人間ブルース・リー 怒りのスリー・ドラゴン」の魅力!!

カンフー映画を代表するスターであるブルース・リー。彼の「クローン」が出演する映画が存在するのをご存知でしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト