異質なSF映画「未来世紀ブラジル」 ディストピア映画の傑作とされ、シニカルな笑いも秀逸です!
2017年1月30日 更新

異質なSF映画「未来世紀ブラジル」 ディストピア映画の傑作とされ、シニカルな笑いも秀逸です!

1985年公開「未来世紀ブラジル」。イギリスのコメディ集団モンティ・パイソンのテリー・ギリアム監督が仕掛けたブラックユーモアに溢れたSF映画の名作です。

28,176 view

SF最高傑作の一つ 「未来世紀ブラジル」

『バンデッドQ』から始まり、『バロン』で終わる、‘ぶざまなほど統制された人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求’というテーマを持った、モンティ・パイソンのテリー・ギリアムによる3部作の2作目にあたる、根強い支持を獲るSF映画の傑作。
 (1615950)

日本公開時のチラシ
製作はアーノン・ミルチャン。共同製作はパトリック・カサヴェッティ。監督は「バンデットQ」のテリー・ギリアム。

脚本はテリー・ギリアム、トム・ストッパード、チャールズ・マッケオンの共同。撮影はロジャー・プラット、音楽はマイケル・ケイメン、特殊効果はジョージ・ギブスが担当。

出演はジョナサン・プライス、キム・グライストほか。

情報化社会を風刺した内容

 (1616107)

ハエ一匹入れないような完全無欠の管理社会。
ですが、ハエ一匹でシステムに亀裂が走ります。
出典 ameblo.jp
そこら中にダクトが張り巡らされ、徹底した国の管理下に置かれる20世紀の仮想国ブラジル。

情報省の役人が叩き落した一匹のハエによるコンピューターの誤動作によって、クリスマスの夜に起こった爆発テロの容疑者‘タトル’(ロバート・デニーロ)の名前が、‘バトル’と打ち間違えられ、善良な一般市民であるバトル氏は、上階に住むトラック運転手ジル(キム・グライスト)による抗議もむなしく、濡れ衣の容疑で連行される。

この問題をなんとかすべく、情報省に勤めるサム(ジョナサン・プライス)解決にあたるのだが、上階の住人ジルが、サムの出てきた夢の美女であることに気づく。
 (1616124)

夢の中でサム(ジョナサン・プライス、右)は、ジル(キム・グライスト、左)によく似た美女をサムライ(鎧兜)から救う。
それは情報省へ抗議に来ていたジルだった。

そんな折、サムの家のダクトが故障する。修理はセントラルサービスが行う法律だったが、勤務時間外なので来てくれない。
そこへフリー(非合法)の修理屋を名乗る男が現れ、あっという間に直してしまう。その男こそ、当局からテロリストとして追われているタトルだった。
 (1616102)

ダクトの修理屋・タトル(ロバート・デ・ニーロ、右)
サムはバトル家に検束費用の超過分払いもどし小切手を届けに行き、ジルを見つけた。

アパートにもどると、セントラル・サーヴィスの係員が勝手に入り込み、タトルにやらせたなと怒る。
その夜、彼はまたヒーローになってサムライ・モンスターと戦う夢をみた。
ジルのことを知るために、情報省検束局への昇進を承知した。そこでは旧友のジャック(マイケル・ペリン)が容疑者を拷問し、白衣を血だらけにしていた。
 (1616116)

キャラクターの造形や設定が、物語の不可思議さにより深みを与えています。

ブラックユーモアを基調としたコメディ集団「モンティ・パイソン」の一員であるテリー・ギリアム監督ならではと言えます。
混沌とした世界を、面白いまでに操ってくれます!
ジャックはバトルの誤認逮捕を隠蔽するためにジルを拘留しなくてはという。
サムは僕にまかせてくれといい、受け付けにまた抗議に来ていたジルを連れ出す。彼女は彼を信用しない。
デパートでの爆弾テロ騒ぎにまきこまれてしまい、ジルと別れ別れに。

アパートは部屋全体が巨大な冷凍庫と化し、セントラル・サーヴィスの係員がいじくっており、サムは強制退去されたという。

タトルがそっと現われメカをいじくり、中の係員に汚穢をひっかける。
ジルと再会して楽しい一時を過す。

翌朝、彼はつかまった。拷問室でジャックによる拷問が始まろうとした。そこへタトルが仲間と現われ、銃撃戦の末に救出。逃避行の末ジルの運転するトラックで二人はのどかな田園へ……

が、一転拷問室に戻る。
逃避行は拷問に耐えかねたサムの空想だったのだ。
廃人となったサムをみつめるヘルプマンとジャック。

二人が去った後拷問室にはサムが口ずさむ「ブラジル」のメロディが響き渡るのだった。
 (1616132)

サムの哀れな最期で物語は終わります。
しかし、本当に哀れなのはサムの方でしょうか?
情報を管理する人間が、いつの間にか情報に管理されてしまう世界。

私達にとって、未来世紀の話ではないかも知れませんね。

ブラックユーモアに溢れた予告

Brazil(1985) Trailer - YouTube

※予告(全編英語です。)

ディストピア映画としての秀作

ディストピア映画とは?

ディストピアとは、ユートピア(理想郷)の反対語で暗黒郷とも呼ばれる。ディストピア映画は、全体主義的・管理主義的な近未来の世界、終末戦争後などの人類が生きるのが困難な世界を舞台にしたSF映画であることが多い。
「AKIRA」のようなサイバーパンクやスチームパンク等、1980年以降に定着した映画ジャンルもディストピア映画の一つです。
同じ世界に、支配する者と支配される者がいるのも特徴ですね。

作品としては「時計じかけのオレンジ」や「ターミネーター」、「マッドマックス」等が挙げられます。

本作「未来世紀ブラジル」も同様ですね。
公開から30年以上経った今も代表作の一つとして挙げられます。

その大きな理由として、物語の疾走感や不条理さがあるように思います。
単に「重厚な作風」や「アクションが面白い」のではなく、順を追った正統な物語作りから逸脱している点が魅力です。

夢と現実を織り交ぜ、ある種感覚的な鑑賞を求める本作の「リズム感」が、全体として心地よく、最後まで持続しています。イマジナリー(空想的)な世界が見事に演出されています。
管理社会を風刺する為に、ブラックユーモアを織り交ぜた「軽さ」もまた秀逸でした。

それらが人気の理由の一つではないでしょうか。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『未来警察』ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズが敵役で登場!!

映画『未来警察』ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズが敵役で登場!!

映画『未来警察』は、1985年に日本で公開されたSFアクション映画です。近未来を舞台にロボットの安全を守る主人公が、ロボットを悪用する凶悪犯と戦います。ちなみに凶悪犯は、有名ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズでした。
星ゾラ | 2,290 view
SF映画の金字塔「ブレードランナー」がまさかのアニメ化!「攻殻機動隊」「アップルシード」の製作陣が参戦!!

SF映画の金字塔「ブレードランナー」がまさかのアニメ化!「攻殻機動隊」「アップルシード」の製作陣が参戦!!

1982年に公開された、ハリソン・フォード主演のSF映画の金字塔「ブレードランナー」シリーズが、このたび「Blade Runner-Black Lotus」としてアニメ化されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 726 view
1982年製作アメリカSF映画『トロン』当時のCG技術を集結!

1982年製作アメリカSF映画『トロン』当時のCG技術を集結!

1982年に制作されたアメリカSF映画『トロン』。世界初の本格CG映画として知られる名作!ストーリーはちょっと難あり?!世界観やデザインは今観てもかっこいいと評判です!
ロングアゴー | 1,073 view
バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡー未来編ー 1985年の30年後、2015年の未来は実現したのか!?

バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡー未来編ー 1985年の30年後、2015年の未来は実現したのか!?

バック・トゥ・ザ・フューチャーは未来に夢を馳せるそんな少年心をくすぐる映画内容でしたね。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの内Ⅱは1985年から30年後すなわち2015年!あれから30年以上経ちましたが、そのハイテク技術は実現されたのでしょうか。さていかに?!
me*me | 3,608 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,790 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト