【70’sアイドル】アイドル歌手や女優としてマルチで活躍していた高見知佳特集!
2020年3月1日 更新

【70’sアイドル】アイドル歌手や女優としてマルチで活躍していた高見知佳特集!

のど自慢で勝ち抜きその歌唱力を買われ芸能界デビューした高見知佳。アイドル歌手としてデビューするもトップアイドルへの道は厳しかった!女優やマルチタレントとして活躍するも姿を見ることが激減してしまった高見知佳の黄金期にクローズアップ!

5,488 view

高見知佳のアイドル時代

アイドル歌手デビューという実績がありながらぶっちゃけキャラで有名になった高見知佳のデビューは1978年で作詞は橋本淳、作曲は筒美京平、編曲は船山基紀というメンバーで作成された「シンデレラ」という曲でした。16歳という可愛らしい高見知佳がそこにいました。
シンデレラ

シンデレラ

1978.11.01にリリースされたデビュー曲
作詞:橋本淳、作曲:筒美京平、編曲:船山基紀でカップリング曲も同名で作られた「雲のじゅうたん」という曲です。

シンデレラ

25人も勝ち抜いたということがわかるように歌唱力は抜群です。スカウトされてだけあってルックスもアイドルとしては申し分がなくこのままトップアイドルへと駆け上がっていくかと思われていました。
シルエット

シルエット

セカンドシングルはデビュー曲と同様に作詞は橋本淳、作曲は筒美京平、編曲は船山基紀の3人で作られました。
選曲が合わなかったのかアイドルとして何かが欠けていたのか事務所の方針が高見知佳の魅力とは異なっていたのかは不明ですがアイドル歌手としては伸び悩みます。

5枚目にリリースされたシングル曲「セザンヌの絵」がBSドラマ「家路〜ママ・ドント・クライ」挿入歌として使われましたがヒットには結びつかないままでした。
ですがのちにこのレコードのカップリング曲のしのび逢い(Don't Leave Me Alone)が80年代にトップアイルドルとして活躍した柏原芳恵がカバーし注目をされたました。

しのび逢い(Don't Leave Me Alone)

一部歌詞を変更していたり高見知佳バージョンの編曲が松井忠重であったところを柏原芳恵バージョンは編曲は船山基紀が担当していたりとありますがどちらも歌唱力には定評のある2人なので歌詞の内容が不倫を題材としていても正統派アイドルとして歌い上げているところが素晴らしいと思います。

し・の・び・愛

高見知佳が歌手としてリリースしたシングル曲は19曲ありますが売り上げとしてはなかなかトップクラスのアイドル歌手には及ばず苦心していましたが、有線などでは耳にすることが多く鳴かず飛ばずという感じには受け取れていなかったというのが当時の観衆感情にあったと思います。
ロマンティック・アドベンチャー

ロマンティック・アドベンチャー

1981.11.01にリリースされた12枚目のシングル
この曲は高見知佳自身が主演として出演していたテレビドラマ「おてんば宇宙人」の主題歌としてリリースされジャケット画像も劇中で着ていた衣装をそのまま使っています。

OP おてんば宇宙人 (第一話・本放送時)

高見知佳の初主演ドラマは現在のテレビ東京で放送されていた「ときめき十字星」というドラマでした。このドラマでは主題歌はもちろん挿入歌も高見知佳の曲という高見知佳ファンにはたまらない作品となりました。残念ながら映像は探しきれませんでしたがレコードジャケットは見つけたのでアップしますね。
心のシャイニング・スター

心のシャイニング・スター

1980.11.01にリリースされた9曲目のシングル。
歌手として活動している時もタレントとしての活動は留めることなくアイドル歌手らしからぬ言動で話題になりバラエティアイドルとして活躍していた高見知佳の人気に注目しドラマの主演など女優としてもマルチに活躍し始めました。

そんな中、歌手として日の目を浴びたのが15枚にリリースされた「くちびるヌード」ではないでしょうか。高見知佳最大のヒット曲となったこの曲は作詞・作曲が独特の世界観を持っているEPOということもありオリエンタルな感じもする曲となっています。
くちびるヌード

くちびるヌード

1984.02.01にリリース。
この曲は資生堂の化粧品CMで起用され高見知佳を代表する曲となりました。そのCMはこちら。リップのCMなので曲名も合っていますね。

資生堂CM

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

主に学校給食向けに販売されている牛乳調味品「ミルメーク」が、今年50周年を迎えた。「ミルメーク」には、粉末タイプとスポイト状の液体タイプの2種類がある。
red | 2,414 view
「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

講談社は、日本一有名な女の子「リカちゃん」の誕生50周年記念して、「公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY」を発売。また、銀座の松屋銀座では、「リカちゃん展」が22日から開催される。
red | 1,801 view
50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 2,401 view
「昭和の名作ライブラリー」シリーズより、美保純主演の『妖精が悪魔のように忍びよる』などが続々と発売決定!!

「昭和の名作ライブラリー」シリーズより、美保純主演の『妖精が悪魔のように忍びよる』などが続々と発売決定!!

株式会社ベストフィールドより、昭和を彩った名作ドラマを映像作品化した「昭和の名作ライブラリー」シリーズから『妖精が悪魔のように忍びよる』及び『水もれ甲介』の発売が決定しました。発売予定日は2020年5月29日。
隣人速報 | 1,360 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト