高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】
2018年2月1日 更新

高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】

今や高速バスで「速くて安い」旅が楽しめる区間が多くなりましたが、かつてはそのような区間の多くに国鉄の「急行」電車が走っていました。そんな時代の入れ替わりの時期に発行された「鉄道ジャーナル1985年5月号」から、飯田線の急行「こまがね」と高速バスをご紹介します。

1,293 view

今回は、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

鉄道ジャーナル 1985年5月号 表紙。 (1971259)

出典 鉄道ジャーナル 1985年5月号 表紙。
この号では、表紙に東北・上越新幹線200系と、おそらく「新幹線リレー号」と思われる185系電車が同時に映っています。
おそらく、新幹線は大宮ー上野間の開業前の試運転列車であると思われます。新幹線とリレー号が同時に映りこむという貴重なショットですね。

急行「こまがね」号。

長野県南部を走っていた急行列車(イメージ)。

長野県南部を走っていた急行列車(イメージ)。

現在は完全に高速バスの独占区間となっている、東京・新宿と長野県南部の都市・飯田、駒ケ根とは、かつて飯田線と中央本線を経由した急行「こまがね」号という列車が結んでいました。
そのレポートからご紹介します。

急行「こまがね」号とは。

Nゲージとして今も人気の急行「こまがね」号。

Nゲージとして今も人気の急行「こまがね」号。

飯田線から新宿に向かう準急列車が1963年に「急行」に格上げされ、1968年10月、さらに再編成され、かの有名な「ヨン・サン・トオ」改正で、急行「こまがね」は誕生しました。
しかし20年もたたない1986年11月には、急行「こまがね」は廃止されてしまいます。
この20年たらずの期間に、いかに急速にモータリゼーションが進んだかがわかります。

この号は1985年5月号ですので、その翌年に廃止ということですから、本当にラストランに近い時期の記事ですね。

飯田ー新宿間5時間半の長旅。

記事によると、レポートされた急行「こまがね2号」は、飯田を朝6:02に出発し、新宿を11:43に到着するという、実に5時間半を超す長旅の列車だったようです。

1984年12月に登場した高速バスの影響をもろに受ける。

現在は飯田駅から1時間ごと、ラッシュ時は30分ごとに出る新宿行き高速バス。
長野県南部のこの都市と東京とを結ぶこの高速バスは、現在4時間15分、4,200円で結んでいます。
対して急行こまがねは、消費税のない当時でも5,400円、時間も1時間以上余分にかかるとなると、昼間でも1時間ごと、ラッシュ時は30分ごとに発車するこの高速バスには、急行「こまがね」が勝てるわけがありません。

今やバスの現在情報がネットですぐわかるようです。

現在位置をネットで見られます。

現在位置をネットで見られます。

ガラガラの車内、単線で時速30キロで走行。

レポートによると、高速バスが登場した途端にあまりにも乗客が激減したため、編成を減らし3両にしたようですが、それでも乗客の数は、1台のバスの半分程度だったようです。
車掌さん自身が、「あまりにも(人が)乗らないのでびっくりしている」と述べていたそうです。
そこをカーブの多い単線でノロノロ走る急行「こまがね」。そのスピードは30キロ。
中央線との接続駅辰野駅では、松本から来る急行「アルプス」号と連結するため16分も停車。
中央本線に入るとスピードアップしたそうですが、それでも、この速達性、運賃の高さでは、高速バスには勝てないでしょう・・・。

対する高速バスのほうは。

6社が共同で運行する飯田発の高速バスたち。

6社が共同で運行する飯田発の高速バスたち。

出典 鉄道ジャーナル 1985年5月号 13ページより引用。
6時に飯田を出る高速バスは、平日のラッシュ時ということもあり、予約で満席とのことです。
当時の最新鋭の「ハイデッカー」バスからの眺めもよく、快適なバス旅だったというレポートでした。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 815 view
昔の時刻表シリーズ【1980年9月号から】急行「東海」「ごてんば」号

昔の時刻表シリーズ【1980年9月号から】急行「東海」「ごてんば」号

1980年の時刻表。まだ「JR」など影も形もなく、「国鉄」が運行していました。今回は、東海道線東京口を走っていた「急行東海」「急行ごてんば」にスポットを当て、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,987 view
東北本線特急街道【ひばり・やまびこ・はつかり】1980年の時刻表より。

東北本線特急街道【ひばり・やまびこ・はつかり】1980年の時刻表より。

1982年6月23日、東北新幹線が大宮ー盛岡間で開業しました。その前夜に当たる1980年9月号の時刻表には、東北本線をひた走る何本もの特急電車が走っていました。どのようなダイヤグラムだったのか、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 6,118 view
鉄道ファンならここまでやれ!【鉄道ダイヤ情報】1991年2月号より

鉄道ファンならここまでやれ!【鉄道ダイヤ情報】1991年2月号より

「行動派レイルファンのための雑誌」とうたわれている雑誌「鉄道ダイヤ情報」。鉄道ファンを自認する私でも「これはマニアックだ!」と叫ばずにはいられません。今回、「鉄道ダイヤ情報」1991年2月号からご紹介します。
【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

【オール2階建て通勤電車登場】鉄道ジャーナル【1992年6月号】を振り返る

鉄道雑誌は数多くのものが出版されていますが、私が主に購読しているのは、「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」です。今回は、「鉄道ジャーナル」の1992年6月号(通巻No.307)から、オール2階建て通勤電車の登場を振り返ります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト